今年の2次は【チームバトルでエンタメ化】? ド先端で最新の2次対策に興味があるあなたのエントリーは、7/18(木)受付開始です。

1次Action:スコアUP策

【ラスト1か月】今からスコアが伸びる3科目 / 経済・情報・法務

TAC模試の結果が今一つで、今日から本気出す? それなら43マークある「経営」「運営」より、25マークしかない「経済」「情報」「法務」に注力です。

Q
たかが4択マークと舐めていたら、6月末のTAC模試で撃沈。心を入れ替えて反省するので、500点の取り方を教えてください。
A

それなら一夜漬けが利く「暗記科目」をまず伸ばす。言い換えると長期記憶化が前提の「財務」「経営」「運営」はここからすぐにスコアは伸びず、むしろ8月からの「2次」対策で「1次」を兼ねても構いません。

「経済」「情報」「法務」
本来、理解と理詰めで論理的な思考を求める科目ですが、診断士試験ではグラフ問題を練習することでスコアを伸ばすことができます。例えばRTA(リアルタイムアタック)のような基礎的な3文字用語の意味を覚えることで、比較的簡単にスコアを伸ばすことができます。過去問で問われた箇所をテキストに戻って復習し、その度にテキストの周辺知識を押さえることで、試験の得点向上が期待されます。
これにより、短期間で効果的に点数を上げることが可能です。基本的な用語や概念を暗記するだけで、試験での得点が向上することが期待されます。未出題箇所を中心に暗記することで、スコアを効率的に伸ばすことができます。

【ラスト1か月】今からスコアが伸びる3科目 / 経済・情報・法務

マイ商売に都合の良いコトしか書かない同業D社と異なり、どんなコンティンジェンシーでもクールで合理的な助言をくれる生成AI。「財務」「経営」「運営」対策は8月以降でも間に合うとは、こりゃ目から鱗のアドバイスな。

7月に入ったら、「財務」「経営」「運営」はこれまで覚えたことを確実にし、「経済」「情報」「運営」はこれから覚えた分だけスコアが伸びる。各科目の復習に入る際には、サイトや動画の再視聴で「記憶のフックを作る」ことが有効です。

「事例Ⅲ」の全社戦略化=「事例Ⅰ」シフトが進むと、「企業経営理論」1科目で「事例Ⅰ~Ⅲ」をまるっとカバーできる。ここで暗記+理解を兼ね備えると、怖い物はありません。

世間が求めるスキルを考えると、「事例Ⅰ~Ⅲ」=定性分析、「Ⅳ」=定量分析となり、その配点は実質50:50と考えて良い。1次「財務」対策を「Ⅳの解き方」で兼ね、7月末でのⅣ猫60点クリアが目安な。

「生産管理」でムキになったり、理解しようと焦っても、その知識そのものが「事例Ⅲ」で問われることはない。ここは一旦単純暗記と割り切って、続く暗記科目に備えます。

受験の間口を広げるために、本来「理論」「理解」で対応する「経済学」さえ、過去問パターン暗記で済ませてOK。「ミクロ」はド定番のグラフ問題、「マクロ」は中学社会レベルの統計+ちょこっと暗記と割り切れば、後は45度分析・IS-LM分析が残るだけです。

「情報」はアルファベット3文字略語の意味を覚える「理解暗記」が中心。暗記タイプとして簡単なので、この科目が「暗記で頭をよくする」出発点です。

ここまで順調に進んだ過去マスの正解暗記では、「経営法務」では全く歯が立たない。後続の同業D社勢がマークシートで鉛筆コロコロ、「2次」でサイコロコロコロするのを眺めて高笑いするのに、サッイコーの科目な。

今日のまとめ

Q
言われてみれば、43マーク出る「経営」「運営」より、年25マークな「経済」「情報」「法務」の方が、これから覚える1知識あたりの得点コスパが高い。生成AIの助言にはいつも頭が下がります。
A

こらこら、こんなヘタクソ動画を1年365日垂れ流す、ここのサイト主にも少しは恩義を。でもそれより、「経済」「情報」「法務」は今からの一夜漬けでスコアが伸びる、アクセル科目です。

■■ここからテンプレ■■

-1次Action:スコアUP策

PAGE TOP