メンバー公募第2弾【設問解釈カンファ(梅)】

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■
昨日のカンファは総受付58→40名リアル参加
いかにも強面な当フォーラムに、恐る恐る?怖い物見たさ?で参加いただいた40名の宇宙飛行士候補生。そこに気を良くして送り出すのが、9/3(金)の設問解釈カンファ=メンバー公募の第2弾です。

参加受付はこちら

「Ⅳ」を苦手にするから試験を4回もスベるのに、何を血迷ってイケカコ礼賛? 腹を抱えて笑い転げるサイト主が、複数目撃されています。

そう、さすがわかってなさなら業界No.1のふぞ先輩。正答率Aの明確な誤りをここでカマしてくるとはさすがです。

×→○
×ふぞ先輩のたまたま合格自慢事例Ⅳはやればやるほど点数が高まりやすい「Ⅳ」は猫でも60点だが、上値が重たい
そう、いくら合格さえすりゃ言い放題とはいえ。初学勢も目にする試験ブログで、真っ赤な嘘は感心しません。

メンバー公募第2弾【設問解釈カンファ(梅)】

たかがくじ引きで合否を決める国語の試験に、‘ボク達のノウハウ!’などと寝言ぶっこくから、ムキになるほど多年度ループ。その真逆の具体策が、「Ⅰ~Ⅲ」の設問解釈な。

設問解釈カンファレンスとは
ドラマの三大ジャンルとは①刑事②歴史③医療。モテるためには医者の真似、とサカったサイト主が思いついたのが、医師・研修医・看護師・療法士が全員対等で症例を研究発表する’カンファレンス’形式です。(96字)
カテゴリリンクはこちら
税込880円の電子書籍ながら、ベテに足りないキレイな国語の書き方をわかりやすく解説。unlimitedなら実質ゼロ円の最強コスパは、誘導館も真っ蒼です。
進め方:事例の設問文だけ読み、レイヤー×解答要求を当てる
旧弊スクールノウハウのパクリに過ぎないネットの自慢を蹴飛ばすと、与件の想定読みにマストのパーツはこの2つだけ。メンバー相互の知見を吸収し、与件を読まずに解答の型からまず入る、当サイトのアイデア勝ちです。(100字)
カンファ参加特典:使用教材
設問解釈エクセル

H24~最新R3まで10年分の「事例Ⅰ~Ⅲ」の全設問、出題の趣旨、レイヤー、要求能力、対応する「1次」知識、期待得点を一覧にした表です。①誰でも試す「設問解釈」をエクセルデータ化すると、②自分なりの属性をつけることができ、③これまでやこれからの出題傾向を自分なりに分析・予測できます。

R3「Ⅰ~Ⅲ」口述対策×全根拠収録。 レイヤー×ブロックシート

口述試験で10分4問をスラスラ完答するデキる君は、与件をビジュアル化して右脳でイメージ記憶。筆記当選したら慌てずほほぅと眺め、足したい根拠があれば自分で加筆も。ギョーカイ最新・先端・最強の口述対策とは、もちろん完全無料で利用・改変・再配布も自由です。※パクリを公言する試験サークルを除く。

このDL数は、1ID1回限りの重複カウントなし。昨年4桁DL達成=事実上のギョーカイ標準、かつパクリのパクリは厳禁な。

今日のまとめ

80分間の組み立ては、大きく2つの流派
①誰にも読みやすいキレイな日本語 vs. ②オジサンの悲哀漂う加齢文。採点係がどちらにマルをするかの経緯は、カコ記事に収録済です。
画像:一発合格まとめシート。2019年9月当時了承を経て一部改

イマドキ、試験の基本を知るならYouTube。組織学習のツボは、それをどこまで具現化するかです。

さて、古いノウハウまとめて一掃
①80分では解けない試験で60点取るには? ②想定読みとは? ③レイヤー×解答要求とは? 内容こそYouTubeと同じでも、ふぞベテパクリはお断り。これで「Ⅰ~Ⅲ」の第一印象がガラリと変わります。(100字)

【こんな方に好適~公募第2弾】
①第一印象重視の初学者
②昨年までのやり方を捨てると決めた経験者
参加受付はこちら

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。