この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【朝3分の思考訓練】2-4想定読み

今回の小が大を呑み込む、のれんバトンの買収劇。その下手人は、何を隠そう金型様な。

ゆとりインスタと思わせ、他の11人22匹を手玉に取る希代のサークルクラッシャー。因幡の白兎伝説を思い出しました。

画像:地主神社

ちな、ワニとは山陰の方言で、サメのことな。

物語の続きでは、自分たちの方が数が多いのに、金型様の策略でブログ人気はダダ下がり。
白兎は怒ったふぞ先輩に生皮はがしの罰を受けますが、今でいえば丸刈りの刑です。

朝3分の思考訓練【2-4想定読み】

こりゃ面白い。でもちっちゃな頃にママから絵本を読み聞かせてもらう機会が少なかった、ゆとりのバトン。あの国語力では、白兎伝説と言われてもふぞに豆鉄砲です。

そうだよ。①「1次」のウソつき4択 ②「2次」与件 ③のれんバトンを見掛けたら、どこに間違いやモレダブリがあるかを、想定して読め。

受験技術の進化+一巡:国語読み→想定読み
“(解答構成の検討に加えて) 設問解釈の段階でどのような要素が想定されるかをリストアップしておくことで、(中略)「こういうことが書いていないか」と意識しながら与件文から要素を選び取れるようになります。”
出典:「まとめシート」流!ゼロから始める2次対策

1⃣定義:与件文の国語読み

設問の題意に関わらず、与件表現の言い回しや文章構造から解答構成要素を特定しようとする受験技術。日本語の構造上は一定の効果がある一方、近年はそこを逆手に取るデメリットが顕著に。

【使用例】しかし、の後が大事!
日本語の長文を書くとき、「接続語」は続く文章を読み手に想定させ、理解を促す役割を持ちます。また、一般に文章を読みやすくするには順接 (すると、そこで、そのため)を主にし、逆接(しかし、ところが)はここぞの所で用います。

「国語読み」を未だにネットで叫ぶのはAASだけ。すると作問採点係のオトウサン達が、尻尾を振ってそこに落とし穴を掘るのは自明だろ?

2⃣これまで:高齢多年度ベテ化と国語読み

デジタル化が年々加速するビジネス界において、保有スキルと時流がズレた「働かないおじさん」に社内情報は回ってこない。
そこで多年度ベテには、「考えさせる」より「作業させる」方が良いと気づいた某スクールは「国語読み」を開発し、よせば良いのにネットで誇張。

多年度ホイホイの代表例がAAS。ベテを一掃した代表例がH30「Ⅲ」マン・マシーンチャートのコンタミトラップです。

3⃣イマ:働かないおじさん+国語読みへの風当たり

よせば良いのに、ネットで国語読みを喧伝するAAS。するとベテが嫌いな作問採点係のオトウサン達は、①与件を長く ②解答マス目を短く ③後出し採点基準を自在に駆使し ④トラップ=ベテホイホイに容赦なくバツ出し。

例題:多年度スクールの国語読みがNGな理由として、最も不適切なものを選べ
○ア. 過去の成功が支持され、そこから変革できないイノベーション・ジレンマ
○イ. そもそも「与件文が読めない」原因である知識の薄っぺらさを放置プレー
○ウ. 実力不足のたまたま合格者ほどノウハウ自慢をしたがる、グレシャムの法則
○エ. 国語読みでヒマを潰し、合格するまで受け続ければ卒業できる、茹で蛙化
○オ. 与件が長文化して根拠が増える反面で解答マス目を減らされる、パラドックス
→正解:全て適切。

アフターコロナの試験では、国語読みは完全OUT。「働かないおじさん」の活躍場所は、こっちじゃねぇぞ。

4⃣これから:想定して読むミライがやってきた

AIやロボティクスが全盛を迎えるこれからは、多くの職業がそれらによってリプレース。
そこでマイ給料をリプレースされるのが嫌なら、AIを「使える」「作れる」側に回ることがマスト。その第一歩が「想定して読む力」です。

なお、「想定読み」のオリジナルはTACのコーチ。でもあの陰キャラが10年ぶつぶつ言っても伝わりません。

それを一期で世に広めた「まとめシート」流! 世の中「わかりやすさがマスト」とされる経緯は、これで確認完了な。

今日のまとめ

さてアフターコロナ試験のミライはどうなる?

①カコの延長線上にミライはない
②ニーズからの戦略立案
③ミライは「そうなる」ではなく「そうする」
出典:未来予測デジタルサービス

そして、のれんバトンの買収劇にも、当然オチがあります。

“もう少しで「2次」試験が終わる時、金型様は得意げに言いました。「やーい、のれんがだまされた!」ホントはブログでふぞ再現答案を募集したかっただけなのさ! のれんは半年かかってようやく、だまされたことに気づきました”

それにしても、悪だくみを先読みされた、金型様の地団駄ぶりが目に浮かびます。

いや、金型様の狙いは、サークルをクラッシュさせるスリルと快感。真っ先にマウントされたふぞ先輩こそ、いい面の皮な。

そう。のれんバトンがカコ記事相互リンクでまごまごする内に、試験のミライは当サイトが全て総取り。次回は【2-3セオリー】です。

暗記で伸びる夏が来た。
朝の跳ね起きついでにクリックを
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP