D運営 J事例Ⅲ

【最後の2択】事例Ⅲ知識(前) / 苦手な「Ⅲ」で安定得点

2024/7/16

生成AI作成~キーエンス社の高収益に学ぶ、試験スコアの上げ方~ ①顧客志向の製品開発 ②自社在庫保有で短納期 ③付加価値経営 K社の強み: キーエンスは顧客のニーズを徹底的に分析し、その要望に応じた製品を迅速に開発・提供します。製品は高機能でありながらも使いやすく、顧客がすぐに導入しやすい形に設計されています。 キーエンスは自社で製品在庫を保有し、顧客からの注文に対して迅速に対応できる体制を整えています。これにより、納期の短縮と顧客満足度の向上を実現しています。 キーエンスは顧客が求める価値を正確に把握し ...

ReadMore

ChatGPT

【事例Ⅰ~Ⅲ準備号】合格枠大幅減も / 1,600名枠維持にAI助言

2024/7/15

これまでの変化 ここからの変化 従来の学習方法では教材や問題集を紙ベースで収集し、理解に時間がかかることが多かったのに対し、デジタルツールと生成AIを併用することで、各個人に必要な知識を効率的に習得できるようになりました。 ①学習時短~資格はコスパタイパ重視へ 将来的には、生成AIがさらに精度を高め、より複雑で高度な学習支援を提供する可能性があります。これにより、受験者はさらに効率的に学習できるようになるとともに、学習資料の価格やアクセスの問題も軽減される期待があります。 生成AIは解説や補足情報を自動生 ...

ReadMore

★To-Be目指す答案

【事例Ⅰ~Ⅲ準備号】事例を解くのは古い年から(R1→R5) / あっと驚く発想転換

2024/7/14

出題傾向が安定した試験(1次) 作問採点基準が毎年変わる試験(2次) 最新の出題傾向の把握: 出題傾向が安定している試験では、最新から過去問を解くことで、直近の試験の内容や形式を正確に把握できます。現時点のレベル確認: 直近の試験問題から取り組むことで、自分の現時点での実力や弱点を明確に理解でき、効率的に学習を進めることができます。 ①出題傾向の把握vs.変化 出題傾向の変化の理解: 出題傾向が変化する試験では、古い年から順に解くことで、どのように試験の内容や形式が変わってきたのかを把握しやすくなります。 ...

ReadMore

K事例Ⅳ

【事例Ⅳ準備号】全計算問題をエクセル解説 / あのムダと悩みを全面解決

2024/7/13

①易問や経営分析に「下駄を履かせる」 ①一部のCVPやNPVは実質没問 ③設問文をわかりにくくして迷わせる 基本的な知識や計算問題に高い配点を与え、猫でも容易に60点の合格ラインに到達できるようにします。これにより、初学者など学習期間が短くても合格しやすくなります。 極めて難易度の高い問題や非常に複雑な出題で、ベテの高得点を阻止します。これにより「Ⅳ」対策に時間を費やしてもムダとの認識を広めます。 設問文の表現をわざとわかりにくくし、毎年試験後に正解を見てがっかりさせます。これによりもともと国語が苦手なベ ...

ReadMore

C経営

【最後の2択】行動論語呂合わせ / ふんぞり蛙がひっくり返る

2024/7/13

①個人モチベよりチームをビルド ②不確実性にはリーダ―シップ ③組織文化を学習・改革 現代のビジネス環境では、個人単独の成果よりチーム全体のパフォーマンスが重視され、特にリモートワークが普及する中で、チームが結束する共感力が求められています。 不確実な市場環境での組織成長は、リーダーが状況を見極め、適切なアプローチを選択する能力。つまり状況適合型のリーダーシップに左右されます。 好ましい組織文化は、従業員満足とパフォーマンスを高め、組織目標達成に寄与します。特に組織が成長や変革を目指す場合、その文化の理解 ...

ReadMore

C経営

【最後の2択】構造論と蕎麦屋のマーケ / 無愛想な出題意図をAI補足

2024/7/12

試験委員の悔し涙を救う生成AI~R5「Ⅰ」は組織とマーケの好ケーススタディ~ 事例Ⅰ(組織・人事) 出題 事例Ⅱ(マーケ) Q:A社の組織上の強みと弱みを、それぞれ3つずつ挙げなさい。 第1問 Q:A社が新規顧客層の取り込みを図るために行うべき市場調査の具体的方法と、その利点を2つ挙げなさい。 A:強みは、経営者と従業員の信頼関係が強固であること、チームとしての助け合い風土が醸成されていること、地域住民からの支持が高いことです。弱みは、従業員の離職率が高いこと、新規メニューの開発力が弱いこと、原材料の仕入 ...

ReadMore

★As-Is競争

【ふぞろいの利点・欠点・留意点】ふぞろい非活用法 / 採点基準以外は全面不要

2024/7/11

○利点 ×欠点 △留意点 ○合格者の答案(※合格答案ではない)をもとにした具体的な例を学ぶことができるため、どのような答案が高評価を得やすいかを理解しやすい。 ①学習の指針 ×「ふぞろいな合格答案」に依存しすぎると、自分の独自の解答方法を考えず、実能力が低下する可能性がある。 「ふぞろいな合格答案」ばかりに偏重せず、キーワード以外の加点基準もあり得る想定で学習することが重要。 ○採点基準が毎年変更されるとはいえ、過去の傾向や基準を知ることで、ある程度の方向性を掴むことができる。 ②採点基準の把握 ×採点基 ...

ReadMore

C経営

【最後の2択】Cランクで悩む原因 / 隙あらば論点またぎ(マーケ)

2024/7/10

作問技術 【論点またぎ】 その効果 一つの設問に対し、複数の論点や知識を複合的に求めることで、単一の知識では解答できないようにする。 ①1問で複数の論点を問う 受験者が包括的な理解力と複合的な思考力を持っているかを評価できる。 異なる科目の知識を活用して解答する問題を出題し、単一の科目に限定されない設問を作成する。 ②時に違う科目の知識を正解にする 受験者が広範な知識と総合的な判断力を持っているかを評価できる。 過去問の使い方によって得手不得手がわかれるように、あえて狙って作問をする ③正答率を調整する ...

ReadMore

C経営

【最後の2択】Cランクで悩む原因 / 悩む理由を4分類(マーケ)

2024/7/9

①正解らしくない ④読む気を失わせる ③論点・科目またぎ出題 ④想定外の初見知識 正解選択肢に、誤解を招くような迷い要素を意図的に組み込むと、一見誤答選択肢に見えてしまいます。 特に難しい知識が必要ない領域では、選択肢をやたら長くし、読む気を失わせる出題をすることがあります。 一つの設問に複数論点を含め、時に別科目の知識を正解にすることで、正解がすぐ選びにくくなります。 初見知識は通常誤答選択肢から出す作問セオリーに反し、それが正解になるケースがたまにあります。 【最後の2択で得点UP】その時なぜ迷ったか ...

ReadMore

★ToーDoチーム学習

【7/18受付開始】1次の深化×2次の探索 / チームで始める両利き学習

2024/7/8

両利きの経営とは 診断士試験での対応では Exploitation(知識の深化)では、既存のリソースやプロセスを最適化し、効率を最大化することが求められます。 ①知を深化するユニット 1次試験では、広範な基礎知識の習得が求められます。これには、継続的な勉強と過去問の分析が必要です。専門分野ごとに分かれて学習することで、深い理解と知識の強化が図れます。 Exploration(知識の探索)では、新しいアイデアや市場、技術を探索し、革新を推進することが重要です。 ②知を探索するユニット 2次試験では、実務的な ...

ReadMore

PAGE TOP