R1以降のド易化した「1次」は、「2次」の最新テキスト代わりに使うと吉に。そこで「正解を先に見てしまう」新たな発想に、業界全てがざわめきます。

D運営

【店舗管理④】販売情報システム27マーク / ついで買いを促し関係長期化

POSデータ・RFM分析

H30第36問 店舗(POSデータ) Cランク
商品A〜Dの1 年間における日別の売上金額について、2 商品間の売上金額の相関係数を計算したところ、下表のようになった。これらの結果の解釈および相関係数の一般的な知識に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
○ア 売上金額の相関関係の強さを見ると、商品Aと商品Bの関係より、商品Aと商品Dの関係のほうが強い。
×イ 商品Aと商品Bの相関係数が0.5 で、商品Bと商品Cの相関係数が0.1 であるため、表には計算されていないが、商品Aと商品Cの相関係数は0.4 であると言える。
×ウ 商品Aと商品Bの相関係数が0.5 であるため、商品Bの平均売上金額は、商品Aの平均売上金額の半分であると言える。
×エ 相関係数は、-100 から100 までの範囲の値として計算される。
×オ 理論的に相関係数は0 にはならない
正解○アは少しひっかけで、「負の相関が強い」。エは×100→○1、オは×ならない→○なり得る。イウは明らかに×ですが、無理に直すとイ=売上金額差、ウ=売上金額比ならなんとか意味がつながります。
R1第40問 店舗(POSデータ) Aランク
店舗間でPOS データを比較分析する際の基本的な指標に、PI (Purchase Incidence)値がある。このPI 値に関する以下の記述の空欄に入る語句として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
PI 値とは、販売点数または販売金額を【 】で除して調整した数値である。
×ア 顧客カード発行枚数
×イ 在庫点数または在庫金額
×ウ 商圏内人口
×エ 優良顧客数
○オ レシート枚数またはレジ通過人数
テキスト知識で、○オ一択です。
R1第43問 店舗(POSデータ) Bランク
以下のようなID-POS データがあるとき、データ項目中の顧客ID、年、性別、購買金額の項目の変数を「名義尺度」「順序尺度」「間隔尺度」「比例尺度」の4 つの尺度水準のいずれかに分類したい。
このとき、その組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
顧客ID性別購買金額
○ア名義尺度間隔尺度名義尺度比例尺度
×イ名義尺度間隔尺度順序尺度比例尺度
×ウ名義尺度比例尺度名義尺度順序尺度
×エ間隔尺度比例尺度名義尺度順序尺度
×オ間隔尺度比例尺度順序尺度比例尺度
リフト値の前提となるID-POSの問題。当問で用語の意味を覚えておきます。
R2第43問 店舗(POSデータ) Cランク
×→○
×c設けられている廃止された
改正論点を出したかっただけで、他意はないので暗記不要。
顧客属性データを活用する事業者は、個人情報保護法に基づいて、個人情報の取り扱いには細心の注意を払いながら活用する必要がある。
個人情報保護法に関する記述の正誤の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
〇a 個人情報の定義の明確化を図るため、その情報単体でも個人情報に該当することとした「個人識別符号」の定義が設けられている。
〇b 匿名加工情報(特定の個人を識別することができないように個人情報を加工した情報)の利活用の規定が設けられている。
×c 小規模事業者を保護するため、取り扱う個人情報の数が5,000 以下である事業者を規制の対象外とする制度が設けられている
abc
〇ア
×イ
×ウ
×エ
×オ
R4第40問 店舗(POSデータ) Aランク
ペア番号1ペア番号2ペア番号3
×アabc
×イbac
×ウbca
〇エcab
×オcba
ファイナンス知識で猫でも当たるド易問です。さすがにここまで簡単すぎると批判が出そう。
商品の売上高の変化が関連しそうな2 商品の組み合わせ3 つ(以下、ペア番号1 、2 、3 で示す。)について、POS データを用いて分析を行い、下表のような相関係数を得た。ただし、これらのペア間で重複する商品は存在せず、全部で6 種類の商品から構成される。
また、いずれかのペアの月別売上高の関係を散布図で表したものが、以下の散布図a、b、cである。
このとき、ペア番号と対応する散布図の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
R1第39問 店舗(RFM) Aランク
×→○
×b優良顧客層関連購買
×dFSPEDLP
マルからバツに直す→くっだらない→一発暗記です。
小売業におけるFSP(Frequent Shoppers Program)に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
○a FSP データから顧客セグメントを識別する分析方法として、RFM(Recency, Frequency, Monetary)分析がある。
×b FSP データから優良顧客層を発見する分析方法として、マーケットバスケット分析が最適である。
○c FSP は、短期的な売上の増加を目指すより、長期的な視点での顧客のロイヤルティを高めることを目指す手段である。
×d FSP は、特売期間を限定せず、全ての顧客に各商品を年間通じて同じ低価格で販売する手段である。
abcd
×ア×
○イ
×ウ×
×エ×
×オ××
R2第44問 店舗(RFM) Cランク
離反はgが一番ヤバいですが、選択肢にないのでd⇔hの2択に。
ある小売店のID-POS データを使ったRFM 分析を行う。この店舗においては、顧客1 来店当たりの購買単価に大きな差がない。このため、販売戦略上、定期的に高頻度で顧客の来店を促すことが重要であると判断し、R(最近購入日)とF(平均来店間隔日数)で、以下の図のように顧客をa~iの9 つのグループに分ける場合を考える。
b、d、f、h、iの5 つの顧客グループから、この店舗にとって優良顧客の離反の可能性が高まっていることを注意すべきグループを選ぶとき、最も適切なものはどれか。下記の解答群から選べ。
×ア b
○イ d
×ウ f
×エ h
×オ i
離反はgが一番ヤバいですが、選択肢にないのでd⇔hの2択に。
R3第39問 店舗(RFM) Bランク
×→○
×イEDLPCRM
×ウ大きな小さな
×エRM
×オ優良顧客層を特定するために
CRM
(削除)
製品開発
小売業におけるCRM と、それに関連する分析方法や手法に関する記述として、最も適切なものはどれか。
○ア CRM において、RFM 分析などを利用して、優良顧客層のような着目すべき顧客層を識別することは重要である。
×イ FSP は、EDLP にとっては有効な手法の1 つであるが、CRM には関係がない。
×ウ RFM 分析のFの評価値は、顧客の購買額の分散値が大きな値であることによって、高い評価値と判断することができる。
×エ 顧客の購買機会ごとの購買額と購買商品数の相関係数が大きければ、RFM 分析におけるの評価値も高いと考えられる。
×オ 優良顧客層を特定するために、顧客の年齢や性別などの属性データを説明変数としてクラスター分析を行うことは、CRM にとって重要である。
×イウエは単純なバツ出し。×オは少し凝っていて、顧客属性データを変数→製品開発、購買データ(RFM)→CRMと使い分けます。
H30第39問 店舗(リフト値) (1) C (2)Dランク

マーケットバスケット分析は、頻繁に購入される商品の組み合わせ(相関ルール)を見つけ、併買を促すためのヒントを見つけ出すのに活用される方法の 1 つである。この相関ルールの評価に関する下記の設問に答えよ。
(設問 1 )
相関ルールを多角的な観点から評価するためには、複数の指標が用いられる。
このうち、リフト値は重要な評価指標の 1 つであるが、他に 2 つの評価指標を挙げる場合、以下の①〜④のうち、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
×① コンバージョン率
〇② 支持度(サポート)
〇③ 信頼度(コンフィデンス)
×④ 正答率
×ア ①と③
×イ ①と④
〇ウ ②と③
×エ ②と④
×オ ③と④
マーケットバスケット分析で使うのはこの3つ。この際暗記も済ませて、○ウ一択です。
R4第39問 店舗(リフト値) (1) B (2)Dランク
(設問1)×→〇
×ア950.42 (5/12)
×ウ0.450.6
×エ570.83 (5/6)
×オ0.350.3
この(設問1)は続く(〃2)で使うので、答を先に見て計算します。
ある小売店の一定期間におけるPOS システムから得られた1,000 件のレシートデータを分析する。このとき、商品aと商品bの購買パターンについて、下表のような結果が得られたとする。下記の設問に答えよ。
(設問1 )
商品aと商品bの購買パターンについての評価指標に関する記述として、最も適切なものはどれか。
(設問1 )
商品aと商品bの購買パターンについての評価指標に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 商品aからみた商品bの信頼度(コンフィデンス)は、95 である。
〇イ 商品aと商品bを併買したパターンの支持度(サポート)は、0.25 である。
×ウ 商品aを購買したパターンの支持度(サポート)は、0.45 である。
×エ 商品bからみた商品aの信頼度(コンフィデンス)は、57 である。
×オ 商品bを購買したパターンの支持度(サポート)は、0.35 である。
リフト値は、(支持率サポート)÷(信頼度コンフィデンス)で求める。過去問集の解説を見ながら上記の分数を書いて、正解〇オになると暗記完了。
(設問2 )
商品aと商品bを併買した購買パターンのリフト値として、最も適切なものはどれか。
×ア 3/10
×イ 5/13
×ウ 5/9
×エ 5/6
〇オ 25/18

試験合格のクジを争うライバル候補No.1、ChatGPTがリフト値を解説。ここを超えるのがヒトとして、いえ、その手前で試験を今年で卒業できる目安です。

業界初:ChatGPTによるリフト値解説
支持度は、ある商品が購入された回数を、全体の購入履歴数で割った値です。例えば、1000回の購入履歴のうち、商品Aが600回購入された場合、支持度は 600 ÷ 1000 = 0.6 となります。
信頼度は、ある商品を購入した人のうち、ある別の商品も購入した人の数を、その商品を購入した人数で割った値です。例えば、商品Aを購入した人のうち、商品Bも購入した人が250人いた場合、商品Aを購入した人数が600人であれば、信頼度は 250 ÷ 600 = 5/12 となります。
リフト値は、ある商品を購入した人のうち、ある別の商品も購入した人の割合が、その別の商品が全体の購入履歴に占める割合に比べてどれだけ高いかを示す指標です。具体的には、信頼度を、ある別の商品の支持度で割った値です。例えば、商品Aを購入した人のうち、商品Bも購入した人が50人で、商品Bの支持度が300人であれば、リフト値は (5/12) ÷ (3/10) = 25/18(正解〇オ) となります。リフト値が1より大きい場合、ある商品を購入した人の中で、ある別の商品も購入する確率が全体の購入履歴において期待される確率より高いことを示します。

販売コード

H30第37問 販売コード(GTIN) Cランク
×→○
×ア49のみ45と49
×イ拡張タイプ~、の3種類標準、短縮タイプの2種類
×ウ原産国販売者の所在国
×エ含まれる含まれない
同じような問題が何度も出ます。
ソースマーキングとインストアマーキングに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア JAN コードにおける日本の国番号は“49”のみである。
×イ JAN コードには、大きく分けると拡張タイプ、標準タイプ、短縮タイプの3種類が存在する。
×ウ JAN コードの先頭2 桁は国番号であり、当該製品の原産国を表している。
×エ インストアマーキングには、バーコードの中に価格情報が含まれるPLU(Price Look Up)タイプがある。
○オ インストアマーキングの場合、先頭2 桁のプリフィックスに“20”を利用することは正しい利用方法である。
R1第41問 販売コード(GTIN) Bランク
×→○
×ア7つ4つ(8,12,13,14)
×ウ中国・韓国アメリカ・カナダ
×エ単価コードチェックデジット
テキストレベルの基本ボケです。
GS1 標準の商品識別コードの総称であるGTIN に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア GTIN には7 つの種類が存在している。
○イ GTIN-8 は、表示スペースが限られている小さな商品にJAN シンボルを表示するための商品識別コードである。
×ウ GTIN-12 は、中国・韓国で利用されている12 桁の商品識別コードである。
×エ GTIN-14 は、インジケータ、GS1 事業者コード、商品アイテムコード、単価コードの4 つの要素で構成されている。
R2第39問 販売コード(GTIN) Bランク
×→○
×ア118
×イ日本国内のみで海外ではEANコードと呼ばれ、
×エ数字の0~9、または~数字の1~8
×オいないいる
何度も出題されるので、テキストに戻って暗記を。
GS1 事業者コードおよびJAN コード(GTIN)に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア JAN コードには、標準タイプ(13 桁)と短縮タイプ(11 桁)の2 つの種類がある。
×イ JAN コードは「どの事業者の、どの商品か」を表す、日本国内のみで通用する商品識別番号である。
〇ウ JAN コード標準タイプ(GTIN-13)は、① GS1 事業者コード、②商品アイテムコード、③チェックデジットで構成されている。
×エ 集合包装用商品コード(GTIN-14)は、JAN コード標準タイプ(GTIN-13)の先頭に数字の0 ~ 9 、またはアルファベット小文字のa~zのいずれかのコードを、インジケータとして1 桁追加し、集合包装の入数や荷姿などを表現できるようにしたコードである。
×オ 商品アイテム数が増えてコードが足りなくなったときは、JAN コードの重複が発生したとしても、GS1 事業者コードの追加登録申請は認められていない
R3第38問 販売コード(GTIN) Bランク

一般財団法人流通システム開発センターの定める「新しいGTIN の設定が必要になる10 の基準」では、従来使用していたJAN コード(GTIN-13)および、集合包装用商品コード(GTIN-14)について、新たに設定が必要となる基準を定めている。このうち従来のJAN コードは変更する必要はなく、従来の集合包装用商品コードのみを変更すべき例として、最も適切なものはどれか。
○ア 集合包装の入数を変更した場合
×イ 商品の包装の外寸、または総重量の20 %以上を変更した場合
×ウ 商品表示の変更をともなう正味内容量を変更した場合
×エ 商品表示の変更をともなう成分や機能を変更した場合
×オ ブランドを変更した場合
常識クイズで、正解はこちら
R4第37問 販売コード(GTIN) Bランク
×→〇
×ア国内のみで
がある
海外でも
はない
×ウインストアマーキングソースマーキング
×エ先頭の2 桁と最後の1 桁以外商品アイテムコード(5または7桁)
×オ日本の企業のブランドで販売される場合
原産国
実際の製造が海外で行われる商品(下線部あべこべ)
販売者
知識は簡単でも、誤答選択肢の作り方は年々巧妙になる傾向が。誤答×オの訂正前⇔後を比べて感心します。
商品コード(GTIN)に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア JAN コードは国内のみで通用するコードであるので、例えばヨーロッパへ輸出する際にはEAN コードなども別に表示する必要がある
〇イ インストアマーキングは、バーコードの中に価格データが入っていない「PLU」タイプと、バーコードの中に価格データが入っている「NonPLU」タイプの2 種類に分けられる。
×ウ 商品が製造または出荷される段階で、製造業者または発売元が商品包装にJANコードをJAN シンボルにより表示することを、インストアマーキングという。
×エ ソースマーキングを行う際、商品アイテムコード(5または7桁)は申請などをしなくても、自社商品や管理ルールに合わせた番号を自由に割り振ることが可能である。
×オ 実際の製造が海外で行われる商品であっても、日本の企業のブランドで販売される場合には販売者の国番号を表示しなければならない。
R1第38問 販売コード(QR他) Bランク
×→○
×cあるない
×dのものしか存在していないクレジットカードを利用した後払い方式がある。
なぜQRコードは規格が乱立しつつも、かなり普及。それもネットで一発です
QR コードやバーコードを用いた電子決済(以下「QR 決済」という。)に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
○a 商品を購入する際に、購入者のQR 決済アプリケーションに表示された専用QR コードを、店舗側が店舗の読み取り機で読み取って、決済することが可能な方法である。
○b 商品を購入する際に、店舗側では読み取り機を利用しなくても、紙に印刷された専用QR コードを購入者のQR 決済アプリケーションで読み取って、決済することが可能な方法である。
×c QR 決済アプリケーションが実行できるスマートフォンであっても、日本国内でQR 決済を行うには日本製のスマートフォンである必要がある
×d QR 決済では、決済したら即座に引き落とされるプリペイド方式のものしか存在していない
abcd
○ア
×イ×
×ウ×
×エ×
×オ×
R2第40問 販売コード(QR他) Cランク
×→○
×aQRコードのみ合成シンボル・データマトリックス・QRコードの3つ
×b情報量は大きい
可能である
表示面積が小さい
できない
コードは頻出なので、まとめて暗記を。
バーコードが普及し、その利便性が世界的に認識される一方で、商品コード以外にも表示文字やその種類を増やすことで、Web と連動した商品情報提供の実現などのニーズに対応するため、従来の1 次元シンボルのJAN コードに加えて2 次元シンボルのGS1 QR コードが利用されている。
GS1 QR コードに関する記述の正誤の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×a GS1 のデータキャリア標準として認められている2 次元シンボルは、GS1 QRコードのみである。
×b 1 つのシンボルで比較すればGS1 QR コードの方がJAN コードより情報量は大きいが、JAN コードを複数表示することが可能であれば、GS1 QR コードと同様に商品情報サイトへの誘導も可能である
〇c GS1 QR コードを活用すれば、同じブランドや同じメーカーのキャンペーンであっても、消費者を商品個別のサイトに誘導することが可能である。
abc
×ア
×イ
×ウ
×エ
〇オ
R3第42問 販売コード(QR他) Cランク
ABC
×アEPCGRAISSCC
○イEPCGTINSGTIN
×ウEPCGTIN SSCC
×エGCNGRAISSCC
×オGCN GTINSGTIN
○イはテキストレベル。GRAISSCCは初出なので当問で暗記。
電子タグを活用して商品を個体で管理するために必要なコードが、GS1 標準の識別コードに対応して整備されている。これらのコードに関する以下の文章において、空欄A~Cに入る略語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【A】 は、GS1 で標準化された電子タグに書き込むための識別コードの総称であり、 【 B】 等のGS1 が定める標準識別コードが基礎となっている。そのため、既存のバーコードシステムとの整合性を確保しながら、電子タグシステムを構築することが可能である。
【 A】 の一例である 【 C 】 は、商品識別コードである 【 B】 にシリアル番号(連続番号)を付加したものであり、 【 B】 が同じ商品でもそれぞれ1つ1 つを個別に識別することが可能である。
R4第38問 販売コード(QR他) Bランク
×→〇
×ア固定長のデータのみ固定長と可変長のデータを
×イでも使用可能では使用不可能
×エでは利用できないほか計5種類で使える
×オ昇順に設定しなければ認識されない一定ルールで付番される(詳細割愛)
近年、商品識別に加えて、「製造年月日」や「品質保持期限日」といった属性情報もバーコードで表示して利用したい、という要求が高まっている。GS1 では、これに対応するために、以下のシンボル例のカッコ内に示すGS1 アプリケーション識別子(AI)を利用することで、商品識別コード以外の属性情報もバーコード化して伝達することを可能としている。
AI に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
* シンボル例は実寸法ではなく、正確なバーコードを示しているわけではない。
* カッコ内の0 1 や1 1 がAI であり、例えば( 0 1 )は、次の( 1 1 )の前までの記号列が商品識別コードであることを意味する。
×ア AI で規定されている情報項目では、固定長のデータのみ扱うことが可能である。
×イ AI で表現できる情報項目では、漢字・かなといった特定の言語に依存するテキストデータでは使用不可能である。
〇ウ AI はGS1 が定めたグローバル標準であるため、国内に限らず、輸出入など海外との取引においてもそのまま利用可能である。
×エ AI はGS1 データマトリックスで利用可能であるが、GS1 QR コードほか計5種類で使える
×オ 属性情報のAI の番号は、一定ルールで付番される

物流コード

H30第40問 物流コード Cランク
開放度(高)③XML やCSV
開放度(中)①xls やdoc
開放度(低)②PDF やJPG
○ウ②→①→③
×ア省略
×イ
×エ
×オ
「Ⅲ」の60点には、この手の捻りをスラスラ読み解く国語力がマスト。
日本国政府においては、「電子行政オープンデータ戦略」(平成24 年7 月4 日 IT総合戦略本部決定)に基づき、各省庁のホームページ上で各種データの公開が進み、その利用についても関心が高まっている。ここで「オープンデータ」と言えるためには、機械判読に適したデータ形式で、二次利用が可能な利用ルールで公開されたデータである必要がある。この機械判読の容易性と著作権等の扱いにより、オープンデータは開放性の程度が5 つの段階に分けられている。(平成25 年度版 情報通信白書)
以下の3 つのデータ形式例を、開放性の程度が低いものから高いものへと並べるとき、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【データ形式例】
① xls やdoc
② PDF やJPG
③ XML やCSV
R2第42問 物流コード Bランク
Q:物流センター→卸・メーカに送る情報はどれ?×→○
○a 在庫補充勧告メッセージセンタ→卸・メーカーへ
×b 購入催促メッセージ意味不明
×c 入庫予定メッセージ卸・メーカ→センターへ
○d 入庫確定メッセージセンタ→卸・メーカーへ
○e 在庫報告メッセージセンタ→卸・メーカーへ
○a×b×c○d○e
×ア××
○イ
×ウ××
×エ×
×オ×
こんなクイズは国語で解ける。ムキになったらOUTです。
流通システム標準普及推進協議会が公表している「流通ビジネスメッセージ標準運用ガイドライン(基本編)第2.0 版(2018 年12 月)」では、預り在庫型センターにおける入庫、在庫報告、不良在庫の引取の3 つの業務プロセスで使用する4 種類の標準メッセージを定めている。
このうち、預り在庫型センターから卸・メーカーに送られる3 種類のメッセージの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
R3第41問 物流コード Aランク
ABCD
×アWEB-EDI多画面 個別EDI 多端末
×イWEB-EDI多端末 個別EDI 多画面
×ウ個別EDI多画面 WEB-EDI 多端末
○エ個別EDI多端末 WEB-EDI 多画面
EDIの個別→WEB、画面は多端末→他画面の時系列進化をイメージすれば○エ一択。
「中小企業共通EDI 標準」は、中小企業の生産性をより一層向上させることを目的として、特定非営利活動法人IT コーディネータ協会から公開されている。このEDI標準の制定に至る経過に関する以下の文章において、空欄A~Dに入る用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
企業間取引のデジタル化は、1985 年の通信自由化を起点として、専用線やISDNによる【A】 方式(発注者1 対受注者1 の接続方式)が利用された。しかしこの方式では、EDI 利用者が高額なEDI 送受信設備投資を必要としたため、取引量の大きな大企業間取引にしか、普及しなかった。また受注者は顧客ごとに対応する必要があり、いわゆる 【 B 】問題が発生した。2000 年頃よりインターネットの普及に伴い、受注者はインターネット接続環境が整った接続可能なパソコンがあれば利用可能な 【 C】 方式(発注者1 対受注者多数の接続方式)が普及し始めた。しかしこの方式は、発注者ごとに固有の仕様が導入され、提供されるデジタル注文データのフォーマットもバラバラであったため、いわゆる 【 D】 問題が発生した。

その他法律知識

R1第42問 法律知識 Bランク
abcd
×ア×
×イ××
×ウ×
×エ×
○オ
解説=省略。
資金決済に関する法律(資金決済法)は、近年のICT の発達や利用者ニーズの多様化などの資金決済システムをめぐる環境の変化に対応するため、前払式支払手段、資金移動、資金清算、仮想通貨などについて規定している。
以下のa~dの前払式支払手段のうち、資金決済法の適用が除外されるもの、または該当しないものの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×a 全国百貨店共通商品券
○b 収入印紙
×c 全国共通おこめ券
○d 美術館の入場券
R2第41問 割賦販売法 Cランク
×→○
×bクレジットカードをスワイプして磁気でICチップを読み取る
どう見てもbがバツ。
平成30 年6 月1 日に「割賦販売法の一部を改正する法律」(改正割賦販売法)が施行され、クレジットカード決済を可能にしている小売店などでは、カード番号等の適切な管理や不正利用対策を講じることが義務付けられた。
この改正に関する記述の正誤の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
〇a クレジットカード番号等取扱契約締結事業者は、契約する加盟店に対して、加盟店調査を行い、調査結果に基づいた必要な措置を行うこと等が義務付けられた。
×b クレジットカードをスワイプして磁気で読み取る方式のカード処理機能を持ったPOS レジを設置している加盟店は、この改正に対応したカード情報保護対策が完了している。
ab
×ア
○イ
×ウ
×エ
R4第41問 個人情報保護法 Cランク
ABC
×ア仮名加工情報インターネットで検索しない職業
〇イ仮名加工情報他の情報(対照表など)と照合しない氏名
×ウ仮名加工情報他の情報(対照表など)と照合しない職業
×エ個人識別番号インターネットで検索しない職業
×オ個人識別番号他の情報(対照表など)と照合しない氏名
こんな知識は知らないが、空欄BCは文脈で埋まるので、イオの二択で正答率Cになります。
個人情報保護法の令和2 年改正(令和4 年4 月全面施行)に関する以下の文章において、空欄A~Cに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
データの利活用において、従来から存在していた匿名加工情報よりも詳細な分析を比較的簡便な加工方法で実施したいというニーズの高まりを受け、【A】 が新たに創設された。匿名加工情報では、特定の個人を識別することができず、復元できないことが求められていたが、【A】 では【B】 限り特定の個人を識別できないように加工されることが求められている。例えば、会員ID、氏名、職業、商品購買履歴で構成されるデータを加工する場合、【A】 では【C】を削除するなど個人が特定できないようにすることが必要となる。

今日のまとめ

Q
関連購買(ついで買い)により、意外な発見が顧客満足を高め、関係性を長期化させて優良顧客を獲得できる。予想外の科目と事例で問われた知識が意外な所でつながる。それも顧客関係性の長期化施策?
A

おっと、知識は実務で活かせば良いので、試験との関係性を長期化させる必要はゼロ以下。次の「意外」を見つけるために、こんなクソ試験はさっさと卒業です。

■■ここからテンプレ■■

-D運営

PAGE TOP