【学習動画】目指せ診断士内定獲得(生産管理・一行型(IE~))

ふぞ15発売延期で、今年のベテ冷遇&短期決戦化が確定。ネット2級の100h★チャレンジで思考の加速な。

ド苦学で350hかかる2級を、100hで受かるteam学習。スピード感をそこで培い、秋の試験に乗り込みます
■■テンプレここまで■■

Q
そう、虹=もし難関国家資格なら、ブログの読み漁りなどせずひたすら勉強を。ところが合格自慢をからかう左脳⇔右脳のバランス改善が注目されるのは、既に当試験が第一印象重視の採用面接だから?
A

試験合格!に日々お熱のふぞ+パクリを隣で毎朝からかう。すると思考と志向が多様化し、誰にもウケるコミュ強路線へ。

【GW特集】×合格から△卒業、そして○内定(生産管理・一行型(IE~))

合格と違い「採用」「内定」では、気に入らない奴は狙って落とす
「1次」ド易化した理由は、「2次」採点技術が向上し受験人数を絞る役目が薄れた。そしてその「採点技術向上」に気づくセンスが今年の分かれ目に。(100字)
画像:就活の未来

受験ノウハウ向上→答案お揃い化→採点が楽になり採点係の好みを当選&内定へ。その「好み」=訊かれた知識がすぐ浮かぶ瞬発力な。

そこで秋の新作事例であなたが「好かれる」確率は?当試験で一番簡単な、生産管理・一行型の続きを棒読みします。

【IE】
H29第13問 Cランク工場内でのマテリアルハンドリングに関する記述として、最も不適切なものはどれか。
R1第12問 Aランク工場内の運搬に関する施策として、最も適切なものはどれか。
R1第13問 Bランク工程分析に関する記述として、最も適切なものはどれか。
H29第10問 Cランク標準時間に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
R1第16問 EランクPTS(Predetermined-Time Standard)法に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R3第17問 Bランク作業測定に関する記述として、最も適切なものはどれか。
【品質・設備・環境】
R1第11問 AランクQC 7 つ道具に関する記述として、最も適切なものはどれか。
H29第17問 Cランクシューハート管理図に関する記述として、最も適切なものはどれか。
H30第19問 DランクJIS で定義される設備故障とその保全活動に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R1第18問 Dランク生産保全の観点から見た保全活動の実施に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R2第20問 Bランク設備総合効率に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R2第22問 Dランク環境保全に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R3第21問 Bランク循環型社会形成のための事業者が取り組む施策に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
【生産情報Sys他】
H29第8問 Cランク自動生産および生産情報管理に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
H29第2問 Cランク生産システムにおけるICTの活用に関する記述として、最も適切なものはどれか。
H29第21問 Bランク3D プリンターに関する記述として、最も適切なものはどれか。
H30第5問 Cランクマシニングセンタに関する記述として、最も適切なものはどれか。
R1第4問 Cランク加工技術に関する記述として、最も適切なものはどれか。
H29第3問 Dランク製品開発・製品設計に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
バツ→マルに修正後の嘘つき4択【IE】
【IE】
H29第13問 Cランク×ア 運搬活性示数は、置かれている物品を運び出すために既に省かれた取り扱いの手間の数を示している。
○イ 運搬管理の改善には、レイアウトの改善、運搬方法の改善、運搬制度の改善がある。
○ウ 運搬工程分析では、モノの運搬活動を「移動」と「取り扱い」の2つの観点から分析する。
○エ 平均活性示数は、停滞工程の活性示数の合計を停滞工程数で除した値として求められる。
R1第12問 Aランク○ア 工程間の運搬頻度を考慮してレイアウトを見直した。
×イ 工程間の距離情報や重さ、形状などを考慮して運搬手段を選択した。
×ウ 離れた工程間を時折運搬する手段としてフォークリフトを採用した。
×エ 隣接した工程へ頻繁に物を運搬するためにベルトコンベアを導入した。
R1第13問 Bランク×ア 「加工」を表す工程分析記号は○である。
○イ 「加工」を主として行いながら「運搬」することを表す複合記号が存在する。
×ウ 「検査」には「数量検査」と「品質検査」の2 種類がある。
×エ 「停滞」は「貯蔵」と「滞留」に分類されるが、相違点は計画したものか否かの差である。
H29第10問 Cランク○ア PTS 法ではレイティングを行う必要はない。
×イ 外掛け法では、正味時間に対する余裕時間の割合で余裕率を考える。
○ウ 主体作業時間は、正味時間と余裕時間を合わせたものである。
○エ 人的余裕は、用達余裕と疲労余裕に分けられる。
R1第16問 Eランク×ア 機械によってコントロールされる時間および躊躇や判断を必要とする作業時間を除いて、ほとんどの作業時間を算出することができる。
○イ 個人的判断によらない正確かつ公平な時間値を設定する方法である。
×ウ 人の行う全ての作業を、それを構成する基本作業に分解し、その要素作業の性質と条件に応じて、前もって定められた時間値を当てはめる手法である。
×エ 標準時間を構成する正味時間を算出する方法である。
R3第17問 Bランク×ア ストップウォッチ 法では、作業設計が終了した後、その作業を正確に再現して実測しなければ標準時間を求めることができない。
○イ 間接測定法である標準時間資料法は、過去に測定された作業単位ごとに資料化されている時間値を使って標準時間を求めるもので、類似の作業が多い職場に適している。
×ウ 直接測定法であるストップウオッチ法は、作業を要素作業または単位作業に分割して直接測定する方法で、サイクル作業には適している。
×エ 人と機械が共同して行っているような作業における手待ちロスや停止ロスの改善を実施する場合には、人と機械に1 人ずつ観測者がついて工程分析を行うこともある。
〃【品質・設備・環境】
【品質・設備・環境】
R1第11問 Aランク×ア 散布図は、2 つの対になったデータをXY 軸上に表した図である。
○イ 特性要因図は、原因と結果の関係を魚の骨のように表した図である。
×ウ パレート図は、不適合の原因を発生件数の降順に並べた図である。
×エ 管理図は、時系列データを折れ線グラフで表した図である。
H29第17問 Cランク×ア 管理用管理図は、過去の生産実績から得られた標準値を利用して、工程を管理状態に保持する際に利用される。
×イ 解析用管理図は、既に集められた観測値によって、工程が統計的管理状態にあるかどうかを評価する際に利用される。
○ウ 群の大きさが一定の状況下で、サンプルに生起した不適合数を用いて工程を評価する場合には、c 管理図を利用する。
×エ 工程能力指数は、規定された公差を工程能力で除した値として求められ、その値が大きい程、工程能力が高いことを示している。
H30第19問 Dランク×ア 機能停止型故障を抑制するために、予防保全を実施した。
〇イ 寿命特性曲線上での設備の初期故障を抑制するために、保全予防を実施した。
×ウ 設備故障の状態は、「設備が規定の機能を失う状態」と「設備が規定の性能を満たせなくなる状態」「設備による産出物や作用が規定の品質レベルに達しなくなる」の3 つに分類される。
×エ 設備の信頼性を表す故障強度率は、(故障停止時間の合計/負荷時間の合計 によって計算される。
R1第18問 Dランク×ア 摩耗故障期にある設備の保全体制として、部品の寿命が来る前に部品を交換し、故障の未然防止を図る必要があるため、予知保全体制を確立することが重要である。
○イ 初期故障期にある設備では、設計ミスや潜在的な欠陥による故障が発生する可能性が高く、調整・修復を目的とした予防保全を実施する。
×ウ 設備の故障率は使用開始直後に徐々に減少し、ある期間が過ぎると一定となり、その後劣化の進行とともに故障率は増加する。
×エ 定期保全とは、従来の故障記録などから周期を決めて周期ごとに行う保全方式で、摩耗故障期にある設備に対して実施される。
R2第20問 Bランク×ア 作業方法を変更して段取時間を短縮すると、時間稼働率が向上する。
×イ 設備の立ち上げ時間を短縮すると、時間稼働率が向上する。
〇ウ チョコ停の総時間を削減すると、性能稼働率が向上する。
×エ 不適合率を改善すると、性能稼働率が向上する。
R2第22問 Dランク×ア ISO14001 の基本的な構造は、環境マネジメントを継続的に改善していくためのPDCA サイクルで、トップが定めた方針に基づいた現場における取り組みを重視し、トップダウン型のマネジメントを想定している。
〇イ エコアクション21 とは、環境マネジメントシステム、環境パフォーマンス評価および環境報告を1 つに統合したもので、中小事業者でも環境配慮に対する取り組みが展開でき、その結果を「環境活動レポート」として取りまとめて公表できるようにするための仕組みである。
×ウ グリーン購入法とは、物品等の調達に当たって価格や品質などとともに環境という視点を加えて、環境負荷の低減に努めている事業者から購入する活動を促進するため、各製品の環境負荷に対する影響を可能な限り定量的に測定し公表する仕組みである。
×エ 環境マネジメントシステムとは、環境保全に関する取り組みを進めるに当たり、企業や団体が定めた環境に関する方針や目標の達成のために、工場や事業所内に構築された組織の計画・体制・プロセスのことである。
R3第21問 Bランク○ア 循環型サプライチェーンによって3 R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進することは、新たな製品や部品・素材を加工するためのエネルギーの削減とCO2 削減に寄与すると期待されている。
×イ 循環型社会形成推進基本法により、自ら生産する製品等について販売後、消費者の手に渡ってから、廃棄・再利用までの一定の責任を負う「拡大生産者責任」の一般原則が確立された。
○ ウ 製造段階では、使用済みの製品を回収して新しい製品の生産に活用する循環型生産システムの構築が要請されている。
○エ 調達段階における企業の取り組みとして、環境負荷が少ない製品を優先的に購入するグリーン調達の推進が推奨されている。
○オ 販売・流通段階では環境負荷の少ない輸配送システムの整備や販売方法の見直しに加えて、顧客を巻き込んだ販売・流通システムの構築も必要とされている。
〃【生産情報Sys他】
【生産情報Sys他】
H29第8問 Cランク×ア 開発・製造・販売などの情報ネットワークを統合化するために、CIMを導入することにした。
〇イ 複数の工作機械や搬送機器などを集中制御するために、DNC を導入することにした。
〇ウ 部材加工や、工具管理、工場内搬送などを自動化したいので、FMS を導入することにした。
〇エ 部材の取り付け・取り外し、工具の選択・交換などを行う作業者を削減したいので、MC を導入することにした。
H29第2問 Cランク〇ア CAE(Computer Aided Engineering)を導入することにより、製品開発過程の早い段階での事前検討が可能となり、開発期間の短縮が期待できる。
×イ POPを導入することにより、時々刻々変化する生産現場の状況をリアルタイムで把握することが可能となり、納期変更や設計変更などへの対応が容易になる。
×ウ ERPを導入することにより、メーカーとサプライヤーが在庫データを共有することができ、実需に同期した精度の高い予測に基づく生産が可能になる。
×エ SCMを導入することにより、タイムバケットに対して計画が作成され、調達・製造すべき品目とその量、各オーダーの着手・完了時期の必然性を明確にすることが可能となる。
H29第21問 Bランク○ア 3次元の形状データから、立体物の断面図情報を作り出して造形が行われる。
×イ 造形する際の積層ピッチを小さくすることにより、より高精細な造形が可能になる。
×ウ 同一の製品を安価かつ短時間に大量生産することができない。
×エ モンキレンチのウオームギアのように、複数個の部品が組み合わされた製品を造形できる。
H30第5問 Cランク×ア (旋盤とは)工作物を回転させ、主としてバイトなどの静止工具を使用して、外丸削り、中ぐり、突切り、正面削り、ねじ切りなどの切削加工を行う工作機械。
×イ (トランスファインとは)異なる機能をもつ数台から数十台の工作機械を等間隔、かつ、直線状に配置し、それらを搬送装置で結合した工作機械群(暗記不要)。
×ウ (産業用ロボットとは)自動制御によるマニピュレーション機能または移動機能をもち、各種の作業をプログラムによって実行できる、産業に使用される機械。
〇エ 主として回転工具を使用し、フライス削り、中ぐり、穴あけおよびねじ立てを含む複数の切削加工ができ、かつ、加工プログラムに従って工具を自動交換できる数値制御工作機械。
R1第4問 Cランク×ア ウォータージェット切断は、液体を加圧して微小穴から噴射し、工作物に衝突させることによって工作物を微小破砕させて、主として切断を行う加工法である。
×イ レーザ加工は、波長や位相がよくそろった光を、レンズとミラーで微小スポットに集束させ、このときに得られる高いエネルギー密度を利用して工作物の切断、溶接などを行う加工法である。
○ウ プラズマ加工は、気体を極めて高温にさせ、気体原子を陽イオンと自由電子に解離しイオン化させ、この状態を利用して切断、穴あけ、溶接などを行う加工法である。
×エ 電子ビーム加工は、電子を高電圧によって加速し工作物に衝突させ、発生する熱エネルギーを利用して工作物を溶融させて除去する加工法である。
H29第3問 Dランク×ア 下流工程での問題を可能な限り上流で防止し、短い設計納期を実現するために、フロントローディングを取り入れることが有効である。
〇イ 試作品製作は製品開発プロセスの中でも重要な位置を占めており、試作時の製作方法や加工条件から、量産時の工程編成における重要な情報を得ることが可能である。
〇ウ 新製品の設計段階でデザインレビューを活用する際には、設計構造の矛盾や誤りを排除することに重点がおかれるため、設計の熟練者がレビューアとなることが有効である。
〇エ モジュール設計の考え方を取り入れると、生産工程の合理化・簡素化が期待できるが、設計に問題が発生した場合にその影響が大きいというデメリットもある。

今日のまとめ

「2次」受験者爆増:なぜ?→「1次」ド易化、それで?→採点技術進化を先読み
6月末発売を控え引き返せないふぞの逆手を採るべく、業界一同注目してニヤリ。それは、受験者爆増の裏にある採点技術の進化を読むため。
Q
そうか、ふぞろい自慢は年々小馬鹿にされる。あの絶叫はドストライクで採点係に狙い撃たれ、その真逆を選ぶか、その手前でやめとく方が賢明だから?
A

採点基準が進化すると、ベテ・ふぞ・パクリの色付き答案を最初に落とす。今年で内定欲しけりゃ、ノウハウの色を出さない無色透明な答案を書くのがコツな。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。