【学習動画】おべんきょするほど全痴低ノウ?(生産管理・穴埋め)

採点係視点では、事例のノウハウ・パターン化・決めつけ行為はOUT

英語:結論と語順の意識でアサーティブ
数学:デジタルにファクトを捉える
国語:わかりやすい国語で伝え、難しい与件も読みこなす
★採点係好みの加点=これからのビジネスで活躍する人材

ふぞ15発売延期で、総合バトルのベテ冷遇が確定。ネット2級の100h★チャレンジで思考の加速な。

■■テンプレここまで■■

Q
ふぞろいのメリットは、2ヵ月150hで虹は受かると実証したこと。そのデメリットはキーワードにムキになるほどスコアが下がると、からかわれること。
A

ふぞがからかわれるもう一つの理由が、全痴!低ノウ!と絶叫しては収穫逓減まっしぐら。決めつけお莫迦にミライはありません。

【穴埋め】
R3第1問 Aランク5 S に関する以下の文章において、空欄A~Cに入る用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【整頓】は必要なものを必要なときにすぐ使用できるように、決められた場所に準備しておくことである。 【清潔】 は【整理→整頓→清掃】 が繰り返され、汚れのない状態を維持していることである。
H29第5問 Eランク工場レイアウトに関する次の文中の空欄A〜C に入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
工場レイアウトとはあらゆる施設における【機能】の配置問題である。
代表的なレイアウト技法としてMutherによって開発されたSLPがある。SLPでは、【相互関係】・面積・調整の つの基本的重要項目が提起され、それらを段階的に精査することでレイアウト案が作成される。SLPは直感的でわかりやすい反面、主観的評価に依存しているという課題がある。
他方、コンピュータを活用したレイアウトのためのヒューリスティック技法が開発されている。そこでは評価関数として、一般的に【加重総移動距離】が用いられている。
H30第3問 Bランクある工場のレイアウト改善に関する次の文章の空欄AとBに入る語句として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
この工場では複数の設備を用いて製品の加工を行っており、各設備を製品ごとに直線に配置したレイアウトをとっている。最近、製品の種類が多様化してきたため加工方法が複雑になり、工程間の搬送の手間が増えてきたという問題点を抱えていた。
そこで、ものの流れに関する問題点の発見のために PQ 分析を行った。その結果が下図の【タイプⅡ】であったので、 【多品種工程図表】を作成した。それに基づいて工程編成を見直し、設備のレイアウトをジョブショップ型レイアウトに変更した。
R3第6問 Aランクジャストインタイムに関する以下の文章において、空欄A~Cに入る用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
ジャストインタイムは、すべての工程が 【後】工程の要求に合わせて、必要な物を、必要なときに、必要な量だけ生産する方式である。この方式の実現のためには、 【最終】 工程の生産量を平準化することが重要である。また、この方式は【後】工程から引き取られた量を補充するため、【引張】方式とも呼ばれている。
R3第15問 Dランク標準時間に関する以下の文章において、空欄①と②に入る記述
の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
標準時間は、正味時間と余裕時間の合計で表される。【規則的・周期的に繰り返される作業のために必要な】 時間は正味時間で、 【 作業を遂行するために必要と認められる遅れの】 時間は余裕時間である。
H30第9問 Cランク品質改善に関する次の文章の空欄A〜Cに入る QC 7 つ道具として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
ある職場において不適合品が多発している。重要項目を絞り込むため不適合の種類と発生数を調べ【パレート図】を作成した。その結果、重量に関する不適合が最も大きな割合を占めていることが分かった。そこで重量の【ヒストグラム】を作成した。その結果、重量のバラツキが大きいため、不適合が発生していることが分かった。この重量に影響を及ぼす要因について、過去の知見を特性要因図として整理し、加工速度に着目することとなった。そこで加工速度と重量の関係を調べるため 【散布図】を作成した。
R2第5問 Aランク立体造形に係る技術に関する以下の文章において、空欄A~Cに入る用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
立体造形に係る技術は、金属、セラミックス、プラスチック、ガラス、ゴム等さまざまな材料を所要の強度や性質、経済性等を担保しつつ、例えば、高いエネルギー効率を実現するための複雑な翼形状や歯車形状等を高精度に作り出したり、高度化する医療機器等の用途に応じた任意の形状を高精度に作り出したりする技術全般を指す。
これには、鋳型空間に溶融金属を流し込み凝固させることで形状を得る【融体加工】技術や、金属粉末やセラミックス粉末の集合体を融点よりも低い温度で加熱し固化させることで目的物を得る【粉体加工】技術、三次元データを用いて任意の形状を金型等の専用工具を使わずに直接製造できる【積層造形】技術も含まれる。
【読み取り】
H29第15問 Cランク次の4つの手法で分析した結果から改善案を検討する際に、「ECRSの原則」が利用できる手法の数として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
R1第17問 Aランク以下のa~eの記述は、職場管理における 5 S の各内容を示している。 5 S を実施する手順として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
R1第3問 Bランクある工場でA~Eの 5 台の機械間における運搬回数を分析した結果、次のフロムツウチャートが得られた。この表から読み取れる内容に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ
R2第3問 Bランク工場レイアウトの設計における体系的な進め方として、システマティックレイアウトプランニング(SLP)が知られている。
以下のa~dは、SLP の各ステップで実施する事項である。SLP の実施手順として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
H30第10問 Cランクある製品について行った製品工程分析の結果を下図に示す。この図から読み取ることができる記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
R2第7問 Bランクある製品の生産の流れは、部品倉庫に保管された部品がR2第 1 工程に運ばれて切削をされ、その後、R2第 2 工程に運ばれて穴あけをされ、製品倉庫に運ばれる。各工程の後では、質の検査が行われる。
この生産の流れに対して製品工程分析を行った場合の工程図として、最も適切なものはどれか。
H30第8問 AランクNC 工作機械 5 台を 2 人の作業者でオペレーションしている。ワークの着脱作業は作業者が行う。作業者によってワークが取りつけられプログラムが入力されれば自動的に加工が行われ、終了すると自動的に停止する。現在、この職場では作業者の稼働率が高く、機械が段取待ちで停止していることが多く発生している。
この職場における改善活動に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R2第18問 Eランク下表は、作業分析手法に対応した作業の分割区分に基づいて「旋盤を用いてワークを切削する」作業を展開したものである。
この表に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
バツ→マルに修正後の嘘つき4択(読み取りタイプ)
H29第15問 CランクECRSの原則とは「業務改善」=ヒトが絡む作業の優先順を示す。①ABC分析は売上や在庫の重要度、④流動数は進捗把握に使う分析。
①ABC 分析、④流動数分析は×。
②連合作業分析、③事務工程分析が〇。
R1第3問 Bランク×ア 機械Aから、E以外の機械に品物が移動している。
×イ 逆流が二カ所発生している。
×ウ 他の機械からの機械Bへの運搬回数は39 である。
○エ 最も運搬頻度が高いのは機械A・D間である。
R1第17問 Aランク当問は、5Sの実施手順を、整理→整頓→清掃→清潔→躾の順に並べる。
c (整理)必要なものと不必要なものを区分する。
b (整頓)必要なものが決められた場所に置かれ、使える状態にする。
d (清掃)隅々まで掃除を行い、職場のきれいさを保つことにより、問題点を顕在化させる。
e (清潔)職場の汚れを取り除き、発生した問題がすぐ分かるようにする。
a (躾)問題を問題であると認めることができ、それを自主的に解決できるように指導する。
R2第3問 Bランク当問はSLP各ステップの実施事項を、分析→調整→作成の順に並べる。
b (分析)生産品目と生産数量との関係を分析する。
d (分析)物の流れとアクティビティを分析し、各部門間の関連性を把握する。
a (調整)必要スペースと使用可能スペースの調整を行う。
c (作成)実施上の制約を考慮して調整を行い、複数のレイアウト案を作成する。
H30第10問 Cランク当問はIEの製品工程分析の結果を読み取る。
×ア 運搬が 4 回ある。
×イ 製品検査に品質検査を採用している。
×ウ 台車を自動搬送機にしても、運搬記号の数は変わらない。
○エ 停滞を表す工程が 3 カ所ある。
R2第7問 Bランク当問もIE製品工程分析の読み取りで、正解〇アを覚えてからどのボケが嘘つきかを探してツッコミ。
×イは品質検査◇→数量検査□で嘘つき、×ウエは運搬〇を省略するボケに。
H30第8問 Aランク当問は「動作=連合作業分析」を訊いているので、カテゴリが違うものを見つけてバツを付ける。
×ア (稼働分析では)各機械の稼働率を調べるため、管理図を作成した。
×イ (因→果が逆)加工時間を短くするため、機械の停止時間を短縮する加工方法の検討を行った。
○ウ 作業者の持ち台数を検討するため、マン・マシンチャートを作成した。
×エ (時間研究では)製品の平均スループットタイムを短くするため、MTM 法による分析を行った。
R2第18問 Eランク当問は普通に解くには超難問で、正解を覚えてテキスト代わりに使います。最下段の分析手法だけ正解を入れると、
【1】は工程分析
【2】は連合作業分析
【3】はサーブリッグ分析(または両手動作分析)

今日のまとめ

誘導館名物、全痴低ノウがムキになるほど作問係が高笑い
それは全くの痴れ者かつ低ノウなド苦学X君ほど、「2次」の事例にお熱でアッチッチ。そうでなく、「1次」ひっかけ箇所=受験者の苦手=新作事例の狙い目に。(100字)
Q
そういえば、幸せの頭の悪い青い鳥。①tweetお莫迦のバカッターが、②イケ好かない似顔絵+クソ生意気なタメ口でマウントしくさるのが、③6月末発売のくそろい15?
A

舐めくさったタメ口&口語調で、学習意欲を削ぐのがふぞの特徴。おべんきょ嫌いのXを蹴飛ばす向学心のY理論で、もう同じ人類は名乗らせません。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。
ベテはなぜ、毎年懲りずにベテベテ落ちる?その理由は、小難しく格調高い与件文の読み過ぎで、答案にまで難解でわかりにくい文章を書くため。