【学習動画】採点係はベテ嫌い?(生産管理・一行型)

ふぞ15発売延期で、今年のベテ冷遇&短期決戦化が確定。ネット2級の100h★チャレンジで思考の加速な。

ド苦学で350hかかる2級を、100hで受かるteam学習。スピード感をそこで培い、秋の試験に乗り込みます
■■テンプレここまで■■
 
Q:なぜ採点係はベテ嫌い?
A:100字訓練を積んだベテほどひたすら根拠を詰め込み、くどくど長くて読みにくい。そこで競馬同様に試験のゴールは上り坂。作問採点を毎年変えて後続との差を縮め、射幸心を煽る運ゲーに。(100字)
画像:GOZI LINE 坂や直線の有無がわかる競馬場の特徴

Q
そう、「知識を想定して聞く」相手には、余計なコトを書くほど伝わらない。特に初歩の組織論知識でOUTでは、一発退場?
A

虹にムキになるベテ答案ほど、なぜ採点係のウケが悪い? そりゃひたすらくどくど読みにくく、さらに訊かれた知識とズレる最悪パターンな。

【GW特集】なぜ採点係はベテ嫌い?(生産管理・一行型)

1年目はあの皿回しでコロコロ2割当選へ。2年目はその真逆で不合格リスク5割以下に低減
~「生産管理」直近5年115マークを以下で棒読み~
①設問一行型 30マーク
②〃(IE以降) 19マーク
③穴埋め・組み合わせ 31マーク
④計算問題 35マーク

ベテが毎年落ちるのは、訊かれた知識とズレるから。そこで「1次」で問われる知識の棒読みで、ベテ固有のズレを回避します。

【基本知識】
R1第1問 Aランク管理指標に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R2第1問 Dランク管理目標に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R3第16問 Bランク職務設計に関する記述として、最も適切なものはどれか。
H29第1問 Bランク生産システムにおける評価尺度に関する記述として、最も適切なものはどれか。
H30第1問 Cランク生産における管理目標(PQCDSME)に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R2第21問 Bランク生産の合理化に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R3第2問 Cランク生産管理における基本的な理論および考え方を用いた施策に関する記述として、最も適切なものはどれか。
H30第20問 Cランク生産現場で行われる改善に関する記述として、最も適切なものはどれか。
H29第20問 Bランク生産現場で行われる改善施策に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
【生産方式】
R1第6問 Aランク生産座席予約方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。
H29第9問 Dランクかんばん方式に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
H29第4問 Bランクモジュール生産方式に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
H30第2問 Bランク加工方法が多様で、需要が安定していない寿命の短い製品の多品種少量生産に関する記述として、最も適切なものはどれか。
【レイアウト】
R2第15問 Cランク工場レイアウトを分析する手法の 1 つとして、DI(Distance-Intensity)分析がある。DI 分析に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R3第3問 Bランク生産現場におけるレイアウトのための分析手法に関する記述として、最も適切なものはどれか。
【調達計画】
H30第14問 CランクJIS で定義される現品管理の活動として、最も不適切なものはどれか。
H29第11問 Dランク購買・外注管理に関する次の業務のうち、調達に関わる量産開始前の業務として、最も不適切なものはどれか。
R1第33問 Cランク最寄品を主に取り扱う小売店舗における在庫管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R2第34問 Aランク最寄品を主に取り扱う小売店舗における在庫管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
H29第12問 Bランク在庫を評価するための尺度に関する記述として、最も適切なものはどれか。
H30第13問 Bランク資材の発注に関する記述として、最も適切なものはどれか。
H29第34問 Dランク需要予測に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R1第8問 Bランク需要予測に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R2第35問 Cランク需要予測に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R3第8問 Bランク需要量の時系列データを用いる需要予測法に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R2第9問 Eランク需要量の予測に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
H29第33問 Cランク小売店舗における在庫管理に関する記述として、最も適切なものはどれか
H30第31問 Bランク小売店舗における在庫管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R3第12問 Cランク発注方式における発注点あるいは発注量の決定に関する記述として、最も適切なものはどれか。
R2第13問 Aランク発注方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。
バツ→マルに修正後の嘘つき4択【基本知識】(※ネタバレ注意)
【基本知識】
R1第1問 Aランク×ア 稼働率とは、人または機械における有効稼働時間を就業時間もしくは拘束時間で除したものである。
×イ 発注リードタイムは、顧客が注文してからその製品を手にするまでの時間である。
○ウ 直行率とは、初工程から最終工程まで、手直しや手戻りなどがなく順調に通過した品物の生産数量を、工程に投入した品物の数量で除したものである。
×エ 歩留まりとは、産出された品物の量を投入された主原材料の量で除したものである。
R2第1問 Dランク×ア 投入された主原材料の量に対する産出された品物の量の比によって、歩留まりを求めた。
×イ 投入量に対する産出量の比によって、生産性を求めた。
×ウ 単位時間に処理される仕事量を測る尺度として、スループットを用いた。
〇エ 動作可能な状態にある作業者が作業を停止している時間を、遊休時間として求めた。
R3第16問 Bランク○ア 職務設計においては、高生産性と同時に作業者のモラールの向上が実現されるように、作業者に分担させる仕事の内容を計画しなければならない。
×イ 職務設計においては、作業者の心理的要因を十分考慮し、「仕事に人を合わせる」という考え方ではなく「仕事を人に合わせる」というアプローチが必要とされる。
×ウ 多工程持ちは変種変量生産への対応において効果的な方策であり、作業者には負担感が大きくても、モラールを向上させる1 つの要因となる。
×エ フォードシステムを導入することにより、流れ作業と分業化によって作業の効率化が進められると同時に、職務拡大や職務充実が制約される。
H29第1問 Bランク×ア MTTR は、故障した設備を運用可能状態へ修復するために必要な時間の平均値である。
×イ 稼働率は、人または機械の有効稼働時間を利用可能時間で除した値である。
○ウ 原材料生産性は、生産量を原材料の総使用量で除した値である。
×エ リードタイムは、製品を発注してから納入されるまでの時間である。
H30第1問 Cランク×ア 品質に関する調査を行うために、検査によって不適合と判断された製品の数を検査対象の製品の総数で除して求められる不適合率を用いた。
○イ 職場の安全性を評価するために、延べ労働損失日数を延べ実労働時間数で除し1,000 を乗じて求められる強度率を用いた。
×ウ 生産の効率性を評価するために、生産量を労働量で除して求められる労働生産性を用いた。
×エ 設備生産性に関する評価を行うために、動作可能時間を動作可能時間と動作不能時間の合計で除して求められる可用率を用いた。
R2第21問 Bランク×ア ECRS の原則とは、作業を改善する際に、より良い案を得るための指針として用いられる問いかけの頭文字をつなげたもので、最後にする問いかけはSimplifyである。
〇イ 合理化の3 S とは、標準化、単純化、専門化で、これは企業活動を効率的に行うための基礎となる考え方である。
×ウ 同期化とは、生産において分業化した各工程の生産速度や稼働時間、材料の供給時刻などを一致させる行為である。
×エ 動作経済の原則とは、作業を行う際に最も合理的に作業を行うための経験則で、この原則を適用した結果としてムリ・ムダ・ムラのないの仕組みが構築できる。
R3第2問 Cランク×ア 今までは顧客が定めた仕様の製品を生産していたが、今後は市場の需要を見越して企画・設計した製品を生産し、不特定な顧客を対象として市場に製品を出荷する見込生産への切り替えを検討した。
×イ 生産活動を効率的に行うため、標準化、単純化、専門化の3 S の考え方を導入した。
×ウ 多品種少量生産に大量生産的効果を与えるため、グループテクノロジーを導入して、多種類の部品をその形状、寸法、素材、工程などの類似性に基づいて分類した。
○エ 同期化を徹底して、各工程の生産速度、稼働時間や、それに対する材料の供給時刻などをすべて一致させ、仕掛品の滞留、工程の遊休などが生じないようにした。
H30第20問 Cランク×ア あい路工程での出来高を向上させる目的で、その工程の処理能力を高めた。
○イ 生産ラインの編成効率を高める目的で、生産ラインのU字化を検討した。
×ウ 同一製品を継続生産する職場での進度管理の手間を省く目的で、追番管理を導入した。
×エ 多能工化を図る主軸の社員を少し長い目で組立職場に配置できるようにする目的で、1 人生産方式を導入した。
H29第20問 Bランク○ア 機械設備の稼働状況を可視化するために、「あんどん」を設置した。
○イ 「シングル段取」の実現を目指して、内段取の一部を外段取に変更した。
×ウ バッチ生産による各工程のムダを顕在化するために、製品の流れを「1個流し」に変更した。
○エ 部品の組み付け忘れを防止するために、部品の供給棚に「ポカヨケ」の改善を施した。
〃【生産方式】
【生産方式】
R1第6問 Aランク×ア (支給取引の説明) 外注に際して発注者が、外注先へ資材を支給する方式である。
×イ (マーシャリングの説明) 組立を対象としたラインや機械、工程、作業者へ、 1 つの組立品に必要な各種の部品を 1 セットとして、そのセット単位で部品をそろえて出庫および供給する方式である。
〇ウ 受注時に、製造設備の使用日程・資材の使用予定などにオーダーを割り付けて生産する方式である。
×エ (製番管理方式の説明) 製造命令書を発行するときに、その製品に関する全ての加工と組立の指示書を同時に準備し、同一の製造番号をそれぞれに付けて管理を行う方式である。
H29第9問 Dランク〇ア かんばんは、あらかじめ定められた工程間、職場間で循環的に用いられる。
×イ かんばん方式を導入することにより、仕掛在庫の極小化が達成される。
〇ウ 仕掛けかんばんには、品名、品番、工程名、生産指示量、完成品置場名などが記載される。
〇エ 引取かんばんのかんばん枚数によって、工程間における部材の総保有数を調整することができる。
H29第4問 Bランク○ア あらかじめ複数種類の部品を組み立てておき、注文を受けてからそれらの組み合わせによって多品種の最終製品を生産することが可能となる。
○イ 外部のサプライヤーに対してモジュール単位で発注を行えば、サプライヤーの数を絞ることが可能となるため、管理の負担を軽減することが期待できる。
○ウ 組立工程で扱う部品点数が削減され、組立工程が短くなり注文を受けてから納品するまでのリードタイム短縮が期待できる。
×エ (生産座席予約方式の説明) 製造設備の使用日程・資材の使用予定などにオーダーを割り付け、顧客が要求する納期通りに生産する方式で、平準化生産など製造効率の良い生産が可能となる。
H30第2問 Bランク〇ア 加工品の流れが一定ではないので、機能別レイアウトを導入した。
×イ 需要の動向にあわせて頻繁に生産計画を変更することが必要なので、SCM を導入した。
×ウ 需要変動に対応するためには、完成品在庫で対応するより生産量の変動で対応することが効果的である。
×エ スループットタイムを短くし、コストダウンを図るために汎用ラインを導入することが効果的である。
〃【レイアウト】
【レイアウト】
R2第15問 Cランク×ア Intensity は工程間の運搬頻度を表す。
×イ Distanceはレイアウトを変更すれば、それに伴い変化する。
〇ウ DI 分析では、現状レイアウトの弱点を発見することができる。
×エ DI 分析で右下にプロットされた工程間の運搬については、台車を利用する。
R3第3問 Bランク×ア P-Q分析では、横軸に製品、縦軸に生産量をとり、グラフを作成する。
×イ SLP における相互関係図表は、アクティビティ間の結びつきについて評価する。
○ウ 流れ線図は、対象物の移動経路を工場配置図または機械配置図の上に、工程図記号を使って線図で記入し作成する。
×エ フロムツウチャートは、列をTO、行をFROMとし、セルに設備官の距離または運搬量を示して作成する。
〃【調達計画】
【調達計画】
H30第14問 Cランク○ア 受け入れ外注品の品質と数量の把握
○イ 仕掛品の適正な保管位置や保管方法の設定
○ウ 製品の適正な運搬荷姿や運搬方法の検討
×エ (調達計画の説明)利用資材の発注方式の見直し
H29第11問 Dランク×ア (現品管理の説明)在庫管理
〇イ 調達先の選定
〇ウ デザイン・イン
〇エ 内外製区分の決定
R1第33問 Cランク○ア 定期発注方式を採用した場合、安全在庫を計算する際に考慮する需要変動の期間は、調達期間と発注間隔の合計期間である。
×イ 定期発注方式を採用した場合、需要予測量+安全在庫量から有効在庫を差し引いた値が発注量になる。
×ウ 定量発注方式を採用した場合、調達期間が長いほど発注点を高く設定した方が、欠品は発生しにくい。
×エ 定量発注方式を採用した場合の安全在庫は、調達期間が0日であれば、常に0になる。
×オ 発注点を下回ったときの有効在庫と補充点との差の数量を発注するように運用すれば、補充直後の在庫量は(引当量を無視すれば)常に一定になる。
R2第34問 Aランク×ア ある商品の最大在庫量を2 倍にした場合、販売量を一定とすると、安全在庫量は変わらない。
×イ 前日の販売量を発注量として毎日発注する商品の販売量が減少した場合、当該商品の在庫量は増加する。
〇ウ 定期発注方式を採用した場合、販売量を一定とすると、1 回当たりの発注量は発注間隔を短くするほど少なくなる。
×エ 定量発注方式を採用した場合、適正な在庫量を表す理論在庫は安全在庫+サイクル在庫に一致する。
×オ 定量発注方式を採用した場合、販売量の減少が続くときに発注点を変更しなければ、発注間隔は長くなる。
H29第12問 Bランク×ア 在庫回転率は、使用実績量を平均在庫量で除したものである。
×イ 在庫月数は、平均在庫量を月間使用量でで除したものである。
〇ウ 品切れ率は、品切れ件数を受注件数で除したものである。
×エ 納期遵守率は、納期遵守件数を受注件数で除したものである。
H30第13問 Bランク×ア MRP では、発注量と発注時期を生産計画を照合して決定できる。
×イ 定期発注方式における発注量は、(発注間隔+調達期間)中の需要推定量-発注残-手持在庫量+安全在庫量で求められる。
×ウ 発注間隔を短くすることにより、きめの細かい在庫管理ができ在庫量が減少する。
○エ 発注点は、調達期間中の払出量の大きさと不確実性を考慮して決定される。
H29第34問 Dランク×ア 移動平均法は、過去の一定期間の実績値の平均で予測する方法である。
×イ 季節変動とは、 12か月を周期とする変動のことである。
○ウ 指数平滑法は、当期の実績値と当期の予測値を加重平均して次期の予測値を算出する方法である。
×エ 重回帰分析では、説明変数間の相関が高くないほど良い数式(モデル)であると評価できる(難)。
R1第8問 Bランク○ア 過去の観測値から将来の需要量を予測するために移動平均法を利用した。
×イ 最近の観測値ほど重みを指数的に増加させるために指数平滑法を利用した。
×ウ 工場の新設に当たっての設備能力を決定するために長期予測を利用した。
×エ 次週の生産計画を立案するために短期予測を利用した。
R2第35問 Cランク×ア これから発売する新商品の需要の予測を行う場合には、様々な方法が試行されている。
×イ 指数平滑法を用いた需要予測は、前期より当期の実績に重みをつけて算出するものである。
○ウ 重回帰分析による需要予測では、適切な変数を選択すれば、需要に影響を与える各変数の影響を回帰係数として推定できる。
×エ 重回帰分析を行うに当たって説明変数を選定する際には、各説明変数の間に高い相関が認められるものを除く方が良い(難)。
×オ 直前の需要の変化に対応した予測を行う場合には、指数平滑法を用いることが有効になる。
R3第8問 Bランク×ア 移動平均法の予測精度は、個々の予測値の計算に用いるデータ数に依存する。
×イ 移動平均法では、期が進むにつれて個々の予測値の計算に用いるデータ数は変動しない。
〇ウ 指数平滑法では、過去の需要量にさかのぼるにつれて重みが指数的に減少する。
×エ 指数平滑法では、過去の予測誤差を踏まえて将来の需要量が予測される。
R2第9問 Eランク×ア 季節変動を説明するモデルには重回帰分析を利用する方法がある(難)。
〇イ 景気変動などのように周期が固定されない変動は循環変動と呼ばれる。
〇ウ 傾向変動を説明するモデルにはロジスティック曲線を利用する方法がある。
〇エ 産業連関モデルでは、最終部門に生じた需要の変動が生産部門に及ぼす波及効果が表現される。
H29第33問 Cランク×ア 経済的発注量とは、発注量を最小にする1回当たりの発注量のことである。
×イ サイクル在庫は、定量発注方式の場合に発生し、定期発注方式の場合には発生することもある。
○ウ 定量発注方式を採用した場合、発注点は調達期間中の推定需要量と安全在庫の和として求められる。
×エ 補充点は、最大在庫量から発注時の在庫量を差し引いた値である。
×オ 見越在庫とは、需要の上振れに備えた在庫のことである。
H30第31問 Bランク×ア 安全在庫を算出するときに用いる安全係数は、欠品許容率で定めた値であり、意図的に決める値ではない。
×イ 欠品を少なくする方法は、フェイス数の増加や安全在庫の引き上げである。
○ウ サイクル在庫は、発注1 回当たりの発注量を多くし発注頻度を引き下げると増加する。
×エ 定量発注方式を採用しているときに過剰在庫を抑制する方法は、納品リードタイムをできるだけ短くすることである。
×オ 適正な在庫量を表す理論在庫は、サイクル在庫と安全在庫の合計で算出する。
R3第12問 Cランク×ア ダブルビン方式における発注量として、発注点の1 倍を用いた。
×イ 定量発注方式における発注点として、調達期間中の平均的な払い出し量+安全在庫を用いた。
○ウ 定量発注方式における発注量として、経済発注量を用いた。
×エ 定量発注方式における発注量として、(発注間隔+調達期間)中の需要量の推定値に安全在庫を加えた量を用いた。
R2第13問 Aランク〇ア あらかじめ定めた一定量を発注する方式は定量発注方式と呼ばれる。
×イ 定量的に発注する方式は適用が容易であり、ABC 分析におけるC品目でよく用いられる。
×ウ 毎回の発注量を1 ロット(ビン)ずつに固定する発注方式はダブルビン方式と呼ばれる。
×エ 毎月第1 月曜日に発注するなど発注する時点が固定される発注方式は定期発注方式と呼ばれる。

今日のまとめ

「生産管理」⇔難しすぎる「Ⅲ」はかなり別物
受験2年目に誘導館の皿回しをパクっても頭を固くする百害あって一利も怪しい。そこで順番を並びカエて棒読みすると、ド定番のボケがくだらな過ぎて忘れない教育効果が。(100字)
Q
キーワードをひたすら並べるヘタクソプレゼン⇔9,000枚ノルマにうんざりの採点係。ねぇ、これってどこの中小企業診断士試験?
A

「1次」作問係=虹採点係の仮定で考えりゃ、自分のボケにウケてくれる答を優遇受け答えがズレズレでダメダメなベテに内定を出す理由など、一つもないだろ?

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。