この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【生産管理:⑥用語の定義】デザイン・インで「分かっている感」

ミニオンズ~個性豊かで憎めないデザイン

見掛けのキモいバナナが子供になぜウケる? そりゃいたずら好きで憎めないから。

そして、先行き不透明な時代にデザイン・イン

デザイン・イン
顧客製品の仕様が固まる前の設計段階において、自社製品の採用を促進する営業活動。
仕様が固まった段階で競合他社と競争すると、価格競争に陥りがちなので、顧客の購買プロセスの上流に入り込んで積極的な技術提案を行い、自社製品を組み込んでしまうことが狙い。

出典:グロービス経営大学院

①新作事例に受け身になるからふぞと一緒で2割コロコロ。②「生産」過去問5年を潰し、③新作「Ⅲ」を考え中の作問係の懐に飛び込むのがデザイン・インです。

デザイン・インで「分かっている感」【生産管理:⑥用語の定義】

「2次」の100字は、「分かっている」デザインで花マルに

要するに、①出鱈目なキーワード詰め込みを避け、②読み易い構文を用意して必要最小限の与件をコピペ。③そこで「分かってない」同友館本を遠慮なく蹴倒します。

同友館本×わかってない→○わかっている感
完全マスター10年分のヘタクソ解説公式PDF5年分にシフト
ふぞ14要らないコラムとポエムキーワード統計だけ使う
ふぞシリーズ国語ネタは一切触れない読み易いキレイな日本語
全痴低ノウ秘伝のタレのつぎはぎ編集持込禁止

そして新作「Ⅲ」のサプライズ問題は、全痴低ノウ掲載外&直近5年の「運営」出題知識で作問します。

そう。今年で卒業したけりゃ、全痴低ノウを入手するのは逆効果
「分かっている感」の最強テキスト「生産」過去問を使い、「Ⅲ」の穴知識を押さえます。

全員マスト:生産計画と統制

正誤表:H29第15問 計画+統制(ECRSの原則) Cランク

「2次」対策とは、×ベテの分析麻痺より、○地道な作業レベルのECRS。両者の違いを教える超良問な。

×
×①ABC分析計画レベル
※QC7つ道具・パレート図
○②連合作業分析統制(業務改善)
○③事務工程分析統制(業務改善)
×④流動数分析統制(進捗の把握)
設問と解説
次の4つの手法で分析した結果から改善案を検討する際に、「ECRS の原則」が利用できる手法の数として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
<分析手法>
×①ABC 分析
○②連合作業分析
○③事務工程分析
×④流動数分析
×ア 1
○イ 2
×ウ 3
×エ 4
当問は「生産計画⇔生産統制の違いは?」と聞いていて、ヒトの作業の改善につながる②③を選ばせます。

正誤表:H29第11問 調達計画+現品管理 Dランク

×
×ア 在庫管理統制(現品管理)
○イ 調達先の選定調達計画
○ウ デザイン・イン調達計画
○エ 内外製区分の決定調達計画
設問と解説
購買・外注管理に関する次の業務のうち、調達に関わる量産開始前の業務として、最も不適切なものはどれか
×ア 在庫管理
〇イ 調達先の選定
〇ウ デザイン・イン
〇エ 内外製区分の決定
○ウ デザイン・インが難ですが、計画⇔統制の差を覚える良問。

正誤表:H30第14問 調達計画+現品管理 Cランク

×
○ア統制(現品管理)
○イ統制(現品管理)
○ウ統制(現品管理)
×エ調達計画
設問と解説
JIS で定義される現品管理の活動として、最も不適切なものはどれか
○ア 受け入れ外注品の品質と数量の把握
○イ 仕掛品の適正な保管位置や保管方法の設定
○ウ 製品の適正な運搬荷姿や運搬方法の検討
×エ 利用資材の発注方式の見直し
1問だけ見ると意味不明で後回しに。H29第11問とセットで解くと納得です。

この3問は、生産管理=計画⇔統制の違いを教えるシリーズ。決められたコトすら出来ない奴は、多年度ループの刑です。

穴論点:IE工程図記号の暗記

H29第6問 工数計画 (IE 工程分析) Cランク

仮に「Ⅲ」出題すると、いよいよ本気でベテ一掃。期待に胸が膨らむな。

×→○
×a約53.6%25%
×c30
下表は、ある職場で製品 A に関する工程分析を行った結果から得られた各工程分析記号の出現回数を示している。この分析結果に関するa〜cの記述の正誤の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
a 加工の割合は約 53.6 %である。
b 数量検査の出現回数は1である。
c 滞留の出現回数は3である。
当問は普通に解くより、答えを先に見てどう捻る(ボケてくる)かを知ります。
abc
×ア
×イ
○ウ
×エ
H30第10問 工数計画(IE 工程分析) Cランク
×→○
×ア作業者が4名運搬が5回
×イ抜取検査品質検査
×ウ減らすことができる変わらない
ある製品について行った製品工程分析の結果を下図に示す。この図から読み取ることができる記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×ア 作業者が 4 名いる。
×イ 製品検査に抜取検査を採用している。
×ウ 台車を自動搬送機にすることにより、運搬記号の数を減らすことができる
○エ 停滞を表す工程が 3 カ所ある。
当問も答えを先に見て解くと、効率的に暗記が進みます。
R1第13問 工数計画(IE 工程分析) ABランク
×→○
×ア
×ウ軽量
計数
数量
品質
×エ停滞している時間計画したものか否かの差
工程分析に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 「加工」を表す工程分析記号はである。
○イ 「加工」を主として行いながら「運搬」することを表す複合記号が存在する。
×ウ 「検査」には「計量検査」と「計数検査」の2 種類がある。
×エ 「停滞」は「貯蔵」と「滞留」に分類されるが、相違点は停滞している時間の長さである。
繰り返して暗記を。
R2第7問 工数計画(IE工程分析) ABランク
→× どうボケたか
×イ(工程後に)品質検査(工程後に)数量検査
×ウエ小さい○=運搬省略
ある製品の生産の流れは、部品倉庫に保管された部品が第1 工程に運ばれて切削をされ、その後、第2 工程に運ばれて穴あけをされ、製品倉庫に運ばれる。各工程の後では、質の検査が行われる。
この生産の流れに対して製品工程分析を行った場合の工程図として、最も適切なものはどれか。
当問では、マル→バツへのボケ方を観察します。
H28第17問 工数計画 (IE 動作研究) DEランク
左手右手
×ア3個2個
×イ4個3個
○ウ5個4個
×エ6個5個

部品を取り置く動作のサーブリッグ分析の結果

サーブリッグ分析で用いられる記号は、次の3つに分類される。
第1類:仕事を行ううえで必要な動作要素
第2類:第1類の作業の実行を妨げる動作要素
第3類:作業を行わない動作要素
下表は、「部品容器から左手で取り出した部品を右手に持ち換えた後、ある定められた位置に部品を定置する動作」をサーブリッグ分析したものである。この動作の中で第1類に分類される左手の動作要素の数と右手の動作要素の数の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
以下の表を見ながら数えると、左手→5、右手→5のはず。一旦スルーで。

捨て問:環境・品質(HACCP)

H29第42問 HACCP DEランク
×→○
1 PRPba
2 SSOPab
3 CCPc
4 CLc, d該当なし
厚生労働省がHACCP導入のため平成27年10月に公表している手引書によるHACCPに関する基本的な用語とその説明の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【用語】
1 PRP
2 SSOP
3 CCP
4 CL
【用語の説明】
a HACCP システムを効果的に機能させるための前提となる食品取扱施設の衛生管理プログラム
b 衛生管理に関する手順のことで、その内容を「いつ、どこで、だれが、何を、どのようにするか」がわかるように文書化したもの
c 特に厳重に管理する必要があり、かつ、危害の発生を防止するために、食品中の危害要因を予防もしくは除去、または、それを許容できるレベルに低減するために必須な段階
d HACCP プランに従って実施されているかどうか、HACCP プランに修正が必要かどうかを判定するために行う方法、手続き、試験検査
1234
×アb
×イa
〇ウc
×エc
×オd
dの説明は1~4にはないverificaion。新傾向知識に出題形式まで捻る超難問。後回し。

参考:HACCP関連用語集

H30第38問 HACCP DEランク
ABC
〇ア
×イ
×ウ
×エ
×オ
食品衛生管理方法である HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)に関する 12 手順が以下に示されている。空欄A〜Cと記述群①〜③の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
<空欄に入る記述群>
①重要管理点(CCP)の決定
②管理基準(CL)の設定
③検証方法の設定
「Ⅲ」に万一出ても、知識で点差はつけてこない。そこでテキストに戻り、考え方のおさらいを。
R1第26問 環境 Cランク
×→○
×b資本金規模業種
abc
○ア
×イ
×ウ
×エ
×オ
食品リサイクル法、およびその基本方針(平成27 年策定)に関する記述の正誤の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
〇a 主務大臣は、再生利用等が基準に照らして著しく不十分であると認めるときは、食品廃棄物等多量発生事業者に対し、勧告、公表、および命令を行うことができる。
×b 食品リサイクル法の基本方針では、再生利用等を実施すべき量に関する目標を、資本金規模別に定めている。
〇c 食品リサイクル法の基本方針では、食品廃棄物等の再生利用よりも発生抑制を優先的な取り組みとして位置付けている。
暗記不要。
R2第22問 環境 DEランク
×→○
×アボトムアップトップダウン
×ウ環境会計グリーン購入法
×エ企業や団体
環境保全に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア ISO14001 の基本的な構造は、環境マネジメントを継続的に改善していくためのPDCA サイクルで、トップが定めた方針に基づいた現場における取り組みを重視し、ボトムアップ型のマネジメントを想定している。
〇イ エコアクション21 とは、環境マネジメントシステム、環境パフォーマンス評価および環境報告を1 つに統合したもので、中小事業者でも環境配慮に対する取り組みが展開でき、その結果を「環境活動レポート」として取りまとめて公表できるようにするための仕組みである。
×ウ 環境会計とは、物品等の調達に当たって価格や品質などとともに環境という視点を加えて、環境負荷の低減に努めている事業者から購入する活動を促進するため、各製品の環境負荷に対する影響を可能な限り定量的に測定し公表する仕組みである。
×エ 環境マネジメントシステムとは、環境保全に関する取り組みを進めるに当たり、が定めた環境に関する方針や目標の達成のために、工場や事業所内に構築された組織の計画・体制・プロセスのことである。
当てるのは無理。まさかの「Ⅲ」に備えたテキスト代わりに。

捨て問:統計・検定

H30第16問 検定 (1)DE (2)Cランク
次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
ある工場では、自動設備を利用して飲料の瓶詰を行っているが、瓶に詰められた内容量のバラツキを抑制する目的で新設備を試作した。この工場では、仮説検定を行うことで、試作機の性能向上を確かめたいと考えている。
(設問 1 )
現有設備を使用したときの内容量の標準偏差 σ0 が 1.1 ml であることから、新設備を使ったときの内容量の標準偏差を σとしたもとで、以下のように帰無仮説 H0 を設定した。対立仮説 H1 として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
正解:知らね。
H30第18問 検定 DEランク
ある作業の出現率をワークサンプリング法を使って推定したい。出現率を信頼度95 %、相対誤差a で推定するために必要なサンプル数n は次式で与えられる。ここで、p は予備調査により予想された作業の出現率である。
このサンプル数n を絶対誤差e を用いて求める下記の計算式について、空欄に入る最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×ア 1-p
×イ p
×ウ p/(1-p)
○エp(1-P)
無理。
R2年第14問 検定 DEランク
ある工場では、製品Aの加工精度のバラツキを抑制する目的で新設備を導入した。バラツキが抑制できたかどうかを仮説検定により確認するために、新設備を用いて生産した製品10 個の加工精度を測定した。
このときに行う仮説検定の手順に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ただし、従来の設備では、加工精度の分散が23.5 であった。
×ア 10 個のデータの分散が23.5 よりも小さいかどうかを調べる。
×イ 検定統計量がF 分布に従うことを利用して検定を行う。
×ウ 検定統計量は10 個のデータから計算される偏差平方和である。
×エ 対立仮説、有意水準、データ数に基づいて、帰無仮説の棄却域を設定する。
〇オ 対立仮説をθ2 =23.5 と設定する。
検定なんて、どのテキストにも載っていない。解けるワケないだろ?

逆にHACCP・統計・検定は仮に「Ⅲ」に出ても当ててはイケナイ。ベテと疑われ、他の設問で失点するリスクが増えます。

今日のまとめ

わかってない同友館⇔分かっている感のワンポイント

①「1次」準備が6週長い今年は、②スト合格組は喜んで直近5年を潰し込み。③10年分を皿回すサークル勢との格差が開きます。

試験日程から変わる年。前年ノウハウ読みアサリは周回遅れ
そして作問心理上、わかってないベテ→同友館の順に落とす。そこで直近5年「1次」過去問を「2次」対策に使うのが、今求められているデザイン・インです。(100字)

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP