この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【生産管理:①主語】2年目の「1次」学び直し~5年でわかる作問傾向

押えよう。5年分潰すと分かる、作問傾向

生産管理店舗管理法務
前年と同じ論点が前年と同じ論点が前年と少し違う所が
違う形で問われる同じ形で問われる違う形で問われる
得手不得手が分かれる全員得意全員苦手
「法務」を苦手にする前に、「生産」の初見問題を当てるドリルを
嘘つき4択は正解のどこかを変えて誤答にするため、国語のパターンで分類できる。答えを覚えるのに夢中なふぞ+ベテと差別化するなら、ここです。

主語のボケは、❶単純入れ替え ❷別用語の説明のまず2パターン。想定して読むと、ふぞのコントよりハルカにウケます。

【生産管理:①主語】2年目の「1次」学び直し~5年でわかる作問傾向

❶基本:単純入れ替え

正誤表:R2第15問 レイアウト(DI分析) Cランク

×→○
×アDistanceIntensity
×イIntensityDistance
×エベルトコンベア台車

例文誤答×アイ 主語入れ替え
ア. Intensity(×Distance) は工程間の運搬頻度を表す。
イ. Distance(×Intensity) はレイアウトを変更すれば、それに伴い変化する。

解説
工場レイアウトを分析する手法の1 つとして、DI (Distance-Intensity)分析がある。DI 分析に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア Distance は工程間の運搬頻度を表す。
×イ Intensity はレイアウトを変更すれば、それに伴い変化する。
〇ウ DI 分析では、現状レイアウトの弱点を発見することができる。
×エ DI 分析で右下にプロットされた工程間の運搬については、ベルトコンベアを利用する。
初見知識でも、ひっかけパターンを知ると国語で解けます。
H29第1問 基本用語 ABランク
×→○
×アMTBFMTTR
×イ利用可能時間有効稼働時間
×エスループットリードタイム
生産システムにおける評価尺度に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア MTBF は、故障した設備を運用可能状態へ修復するために必要な時間の平均値である。
×イ 稼働率は、人または機械の利用可能時間有効稼働時間で除した値である。
○ウ 原材料生産性は、生産量を原材料の総使用量で除した値である。
×エ スループットは、製品を発注してから納入されるまでの時間である。
×イは分母分子があべこべ。
H30第1問 基本用語 Cランク
×→○
×ア職場環境品質
×ウ労働量生産量
×エ納期設備生産性
生産における管理目標(PQCDSME)に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 職場環境に関する調査を行うために、検査によって不適合と判断された製品の数を検査対象の製品の総数で除して求められる不適合率を用いた。
○イ 職場の安全性を評価するために、延べ労働損失日数を延べ実労働時間数で除し1,000 を乗じて求められる強度率を用いた。
×ウ 生産の効率性を評価するために、労働量生産量で除して求められる労働生産性を用いた。
×エ 納期に関する評価を行うために、動作可能時間を動作可能時間と動作不能時間の合計で除して求められる可用率を用いた。
×ウは分母分子入れ替え。基本用語を覚える良問です。
H28第3問 トヨタ生産方式 ABランク
×→○
×アイプッシュプル
×ウ大掛かりな情報システムなどの仕掛けが必要となるかんばんなどの簡単な仕掛けで足りる
プッシュ型管理方式およびプル型管理方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア プッシュ型管理方式では、顧客の注文が起点となって順番に製造指示が発生するため、余分な工程間在庫を持つ必要がない。
×イ プッシュ型管理方式では、生産計画の変更は最終工程のみに指示すればよい。
×ウ プル型管理方式では、管理部門が生産・在庫情報を集中的に把握する必要があり、大掛かりな情報システムなどの仕掛けが必要となる。
○エ プル型管理方式では、稼働率を維持するための作りだめなどができないため、過剰在庫が発生する可能性は少ない。
これなら正解がすぐ浮かぶ。過去問を潰し込みどんな問でもすぐ浮かぶようになると、最強状態へ。
生産計画+統制の語呂合わせ~ニチ子と重代

計画+統制の語呂合わせ
【ニチ子と重代】

生産管理
Planning

日程計画

調達計画

工数計画(※難)
生産統制
Control

進捗管理

現品管理

余力管理
生産管理ときたら、計画(planning)と統制(control)。語呂で覚えて、英語で意味を確実に。
H29第10問 工数計画 (IE 時間研究) Cランク
×→○
×イ内掛け法外掛け法
標準時間に関する記述として、最も不適切なものはどれか
○ア PTS 法ではレイティングを行う必要はない。
×イ 内掛け法では、正味時間に対する余裕時間の割合で余裕率を考える。
○ウ 主体作業時間は、正味時間と余裕時間を合わせたものである。
○エ 人的余裕は、用達余裕と疲労余裕に分けられる。
○知識の方が覚えにくいので、ここで暗記を。
R1第11問 品質管理(QC7つ道具) ABランク
×→○
×ア管理図散布図
×ウ昇順降順
×エヒストグラム管理図
QC 7 つ道具に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 管理図は、2 つの対になったデータをXY 軸上に表した図である。
○イ 特性要因図は、原因と結果の関係を魚の骨のように表した図である。
×ウ パレート図は、不適合の原因を発生件数の昇順に並べた図である。
×エ ヒストグラムは、時系列データを折れ線グラフで表した図である。
H29第17問 品質管理(QC7つ道具) Cランク ※難問
×→○
×ア解析用管理図管理用管理図
×イ管理用管理図解析用管理図
×エ小さい大きい
シューハート管理図に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 解析用管理図は、過去の生産実績から得られた標準値を利用して、工程を管理状態に保持する際に利用される。
×イ 管理用管理図は、既に集められた観測値によって、工程が統計的管理状態にあるかどうかを評価する際に利用される。
○ウ 群の大きさが一定の状況下で、サンプルに生起した不適合数を用いて工程を評価する場合には、c 管理図を利用する。
×エ 工程能力指数は、規定された公差を工程能力で除した値として求められ、その値が小さい程、工程能力が高いことを示している。
難問です。×アイは下線部2つがあべこべ。
H29第2問 CAD/CAM/CAE Cランク
×→○
×イCAMPOP
×ウPDMERP
×エPOPSCM
生産システムにおける ICT の活用に関する記述として、最も適切なものはどれか。
〇ア CAE(Computer Aided Engineering)を導入することにより、製品開発過程の早い段階での事前検討が可能となり、開発期間の短縮が期待できる。
×イ CAM(Computer Aided Manufacturing)を導入することにより、時々刻々変化する生産現場の状況をリアルタイムで把握することが可能となり、納期変更や設計変更などへの対応が容易になる。
×ウ PDM(Product Data Management)を導入することにより、メーカーとサプライヤーが在庫データを共有することができ、実需に同期した精度の高い予測に基づく生産が可能になる。
×エ POP(Point of Production)を導入することにより、タイムバケットに対して計画が作成され、調達・製造すべき品目とその量、各オーダーの着手・完了時期の必然性を明確にすることが可能となる。
×エウの正解知識ERP、SCMが他の選択肢の中にいない難問。
H28第4問 VA/VE ABランク
×→○
×ア貴重機能使用機能
VE における製品の機能に関する記述として、最も不適切なものはどれか
×ア 貴重機能は製品の使用目的にかかわる機能である。
〇イ 製品の機能は基本機能と二次機能に分類され、二次機能は基本機能を補助する。
〇ウ 必要機能はその製品の基本機能になる場合が多いが、貴重機能が基本機能になる場合もある。
〇エ 不必要機能は製品の二次機能に発生する場合が多い。
原則「2次」に出ないVA/VEは、暗記不要。
R1第4問 生産技術
×→○
×ア超音波加工ウォータージェット切断
×イ電子ビーム加工レーザ加工
×エレーザ加工電子ビーム加工
加工技術に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 超音波加工は、液体を加圧して微小穴から噴射し、工作物に衝突させることによって工作物を微小破砕させて、主として切断を行う加工法である。
×イ 電子ビーム加工は、波長や位相がよくそろった光を、レンズとミラーで微小スポットに集束させ、このときに得られる高いエネルギー密度を利用して工作物の切断、溶接などを行う加工法である。
○ウ プラズマ加工は、気体を極めて高温にさせ、気体原子を陽イオンと自由電子に解離しイオン化させ、この状態を利用して切断、穴あけ、溶接などを行う加工法である。
×エ レーザ加工は、電子を高電圧によって加速し工作物に衝突させ、発生する熱エネルギーを利用して工作物を溶融させて除去する加工法である。
暗黙の了解で暗記は不要。×イウは下線部2つがあべこべ。

❷応用:別用語の説明

次は、別な用語の正しい説明。文章自体は正しいため、ウンウン唸って苦手を作る要因な。

H29第4問 生産方式 ABランク
×→○
×エ(主語入れ替え)生産座席予約方式の説明
モジュール生産方式に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
○ア あらかじめ複数種類の部品を組み立てておき、注文を受けてからそれらの組み合わせによって多品種の最終製品を生産することが可能となる。
○イ 外部のサプライヤーに対してモジュール単位で発注を行えば、サプライヤーの数を絞ることが可能となるため、管理の負担を軽減することが期待できる。
○ウ 組立工程で扱う部品点数が削減され、組立工程が短くなり注文を受けてから納品するまでのリードタイム短縮が期待できる。
×エ 製造設備の使用日程・資材の使用予定などにオーダーを割り付け、顧客が要求する納期通りに生産する方式で、平準化生産など製造効率の良い生産が可能となる。
日本語の特徴として、主語を省略できる。そこを突き、全く別の知識を説明するのが「主語入れ替え」パターンです。
H28第7問 生産方式 Cランク
×→○
×ア(主語入れ替え)常備品管理方式の説明
×イ(主語入れ替え)追番管理方式 〃
×ウ(主語入れ替え)常備品管理方式 〃
製番管理方式の特徴に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 多くの製品に共通して使用する部品の発注に適している。
×イ 継続生産における部品の数量統制に適している。
×ウ 製造命令書の発行時に在庫中の常備品を引き当てることができる。
○エ 納期変更や製品仕様の変更があった場合に、特定の部品の発注指示、生産指示などの変更が容易である。
×アイウ→別の主語がすぐ浮かばないと、○エを選びづらい。
R1第6問 生産方式(生産座席予約) ABランク
×→○
×ア(主語入れ替え)支給方式の説明
×イ(主語入れ替え)マーシャリングの〃
×エ(主語入れ替え)製番管理方式の〃
生産座席予約方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 外注に際して発注者が、外注先へ資材を支給する方式である。
×イ 組立を対象としたラインや機械、工程、作業者へ、1 つの組立品に必要な各種の部品を1 セットとして、そのセット単位で部品をそろえて出庫および供給する方式である。
○ウ 受注時に、製造設備の使用日程・資材の使用予定などにオーダーを割り付けて生産する方式である。
×エ 製造命令書を発行するときに、その製品に関する全ての加工と組立の指示書を同時に準備し、同一の製造番号をそれぞれに付けて管理を行う方式である。
マーシャリング(初出)の説明はこちら↓。
H28第11問 工数計画(余力管理) DEランク
×→○
×ア(主語入れ替え)日程計画の説明
工数計画およびそれに対応した余力管理に関する記述として、最も不適切なものはどれか
×ア各職場・各作業者について手持仕事量と現有生産能力とを調査し、これらを比較対照したうえで手順計画によって再スケジュールをする。
○イ工数計画において、仕事量や生産能力を算定するためには、一般的に作業時間や作業量が用いられる。
○ウ工数計画において求めた工程別の仕事量と日程計画で計画された納期までに完了する工程別の仕事量とを比較することを並行的に進めていき、生産能力の過不足の状況を把握する。
○エ余力がマイナスになった場合に、就業時間の延長、作業員の増員、外注の利用、機械・設備の増強などの対策をとる。
×アのボケは気づきにくい。それより○イウエを覚えます。
H30第8問 工数計画(IE 動作研究) ABランク
× (IE体系)→○
×ア(主語入れ替え)稼働分析
×イ(主語入れ替え)動作研究
※下線部2つがあべこべ
×エ(主語入れ替え)時間研究
NC 工作機械 5 台を 2 人の作業者でオペレーションしている。ワークの着脱作業は作業者が行う。作業者によってワークが取りつけられプログラムが入力されれば自動的に加工が行われ、終了すると自動的に停止する。現在、この職場では作業者の稼働率が高く、機械が段取待ちで停止していることが多く発生している。
この職場における改善活動に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 各機械の稼働率を調べるため、管理図を作成した。
×イ 機械の停止時間を短くするため、加工時間を短縮する加工方法の検討を行った。
○ウ 作業者の持ち台数を検討するため、マン・マシンチャートを作成した。
×エ 製品の平均スループットタイムを短くするため、MTM 法による分析を行った。
何度も復習したい良問。IEの体系図を頭に入れると解けます。
H28第15問 工数計画(IE 時間研究) DEランク ※良問
×→○
×アpm管理図を作成(難)IoTセンサーを導入?
×イから除外してに含めて
×エ(主語入れ替え)稼働分析(ワークサンプリング)の説明
作業改善を目的とした時間測定と分析に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 作業時間が管理状態にあるかどうかを確認するために、pn管理図を作成して分析した。
×イ 作業時間の測定精度を高めるために、やり直しを行った作業等の異常値は記録から除外して測定を行った。
○ウ 作業方法の変化を見つけ易くするために、作業の各サイクルに規則的に表れる要素作業と不規則に表れる要素作業は区別して時間測定を行った。
×エ 測定対象となる作業者に心理的な負担を与えないために、測定の実施を事前に通告せずに作業者から見えない場所で測定を行った。
×エが良選択肢。時間研究⇔稼働分析の違いをここで。
R1第21問 工数計画(動作研究) ABランク
×→○
×a(動作経済の原則)自働化の説明
×d(動作経済の原則)安全の説明
動作経済の原則に基づいて実施した改善に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
×a 機械が停止したことを知らせる回転灯を設置した。
○b 径の異なる2 つのナットを2 種類のレンチで締めていたが、2 種類の径に対応できるように工具を改良した。
○c 2 つの部品を同時に挿入できるように保持具を導入した。
×d プレス機の動作中に手が挟まれないようにセンサを取り付けた。
語感で当たるので、×adがどの知識かをテキストで確認。
abcd
×ア×
×イ××
○ウ
×エ×
×オ×
H30第15問 工程計画 (IE 時間研究) Cランク
×→○
×a(PTSでは)習熟度に応じて調整(微動作レベルでは個人差がないので)レイティング不要 (やや難)
×c既存製品新製品
新製品を組み立てるための標準時間を PTS(Predetermined Time Standard)法を利用して算定することにした。標準時間を設定するための準備に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
×a PTS 法で算定された標準時間を組立作業を行う作業者の習熟度に応じて調整するために、作業者の組立職場での就業年数を調査した。
○b 設備による加工時間を別途付与するために、設備で試加工を実施して加工時間を計測した。
×c 標準時間を見積もるための基礎資料を整備するために、既存製品の組立作業に対して時間分析を実施した。
○d 試作品を組み立てるための模擬ラインを敷設して、製品組立の標準作業を決定した。
×aの違いまで覚えていれば、バッチリ。
abcd
×ア×
×イ×
×ウ×
○エ
H30第5問 自動製造システム Cランク
×→○
×ア(主語入れ替え)旋盤
×イ(主語入れ替え)トランスファイン(暗記不要)
×ウ(主語入れ替え)産業用ロボット(暗記不要)
マシニングセンタに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 工作物を回転させ、主としてバイトなどの静止工具を使用して、外丸削り、中ぐり、突切り、正面削り、ねじ切りなどの切削加工を行う工作機械。
×イ 異なる機能をもつ数台から数十台の工作機械を等間隔、かつ、直線状に配置し、それらを搬送装置で結合した工作機械群。
×ウ 自動制御によるマニピュレーション機能または移動機能をもち、各種の作業をプログラムによって実行できる、産業に使用される機械。
〇エ 主として回転工具を使用し、フライス削り、中ぐり、穴あけおよびねじ立てを含む複数の切削加工ができ、かつ、加工プログラムに従って工具を自動交換できる数値制御工作機械。

×ア→旋盤

工作物を回転させ,主としてバイトなどの静止工具を使用して,外丸削り,中ぐり,突切り,正面削り,ねじ切りなどの切削加工を行う工作機械。

JIS B0105 : 2012

×イ→トランスファライン

異なる機能をもつ数台から数十台の工作機械を等間隔,かつ,直線状に配置し,それらを搬送装置で結合した工作機械群であり,材料又は部品を全工程の入口に投入すると一方向,かつ,連続的に加工が行われる大量生産向きの生産システム。

JIS B3000 : 2010

×ウ→産業用ロボット

自動制御によるマニピュレーション機能又は移動機能をもち、各種の作業をプログラムによって実行できる、産業に使用される機械。

JIS B 0134 : 1998

❸変形:穴埋め・組合せ

最後に、主語⇔説明を選ばせる穴埋めタイプです。

H29第14問 工数計画(IE 時間研究) ABランク
標準時間を用いた作業改善のPDCAサイクルにおける各要素とその内容の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
<各要素の内容>
①標準時間の順守を徹底するとともに、生産の合理化に向けて作業改善を行う。
②実際の作業時間と標準時間の差異を確認し、その原因を追求する。
③対象となる作業の標準作業を設定して、標準時間を算定する。
④実際に作業を実施して、その作業時間を測定する。
知識要らずの、一般常識で解きます。
PDCA
×ア
×イ
×ウ
○エ
H30第11問 トヨタ生産方式 ABランク
トヨタ生産方式の特徴を表す用語として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
×a MRP
○b かんばん方式
×c セル生産方式
×d 製番管理方式
○e あんどん方式
試験委員はトヨタが大好き。
abcde
×ア××
×イ××
×ウ×
○エ
×オ×
H30第9問 品質管理(QC) Cランク
ABC
×アパレート図 散布図ヒストグラム
○イパレート図 ヒストグラム散布図
×ウヒストグラム散布図パレート図 
×エヒストグラムパレート図 散布図
品質改善に関する次の文章の空欄A〜Cに入る QC 7 つ道具として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
ある職場において不適合品が多発している。重要項目を絞り込むため不適合の種類と発生数を調べ A を作成した。その結果、重量に関する不適合が最も大きな割合を占めていることが分かった。そこで重量の B を作成した。その結果、重量のバラツキが大きいため、不適合が発生していることが分かった。この重量に影響を及ぼす要因について、過去の知見を特性要因図として整理し、加工速度に着目することとなった。そこで加工速度と重量の関係を調べるため Cを作成した。
QC、新QCは「Ⅲ」で出るので、使いこなして武器にします。

QC7つ道具の暗記 サンチェ監督引っ張れそう
新QC7つ道具の暗記 新連携 アロマでP


R2第5問 生産技術 ABランク
ABC
×ア融体加工射出成型研削加工
〇イ融体加工粉体加工積層造形
×ウ溶接加工射出成型積層造形
×エ溶接加工粉体加工研削加工
立体造形に係る技術に関する以下の文章において、空欄A~Cに入る用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
立体造形に係る技術は、金属、セラミックス、プラスチック、ガラス、ゴム等
さまざまな材料を所要の強度や性質、経済性等を担保しつつ、例えば、高いエネルギー効率を実現するための複雑な翼形状や歯車形状等を高精度に作り出したり、高度化する医療機器等の用途に応じた任意の形状を高精度に作り出したりする技術全般を指す。
これには、鋳型空間に溶融金属を流し込み凝固させることで形状を得る【A】 技術や、金属粉末やセラミックス粉末の集合体を融点よりも低い温度で加熱し固化させることで目的物を得る【B】 技術、三次元データを用いて任意の形状を金型等の専用工具を使わずに直接製造できる【C】 技術も含まれる。
国語と語感で当たるサービス問題です。

今日のまとめ

2年目の「1次」学び直しとは、朝露知識を固める結晶化

つべこべ言わず答を先に見て、ボケにツッコミ。そのボケがくだらないほど、暗記が捗ります。

そして頭を良くしたければ、ふぞベテ合格自慢の真逆を選べ。練習ドリルをもう1問な。

H28第3問 トヨタ生産方式 ABランク

例文:誤答×イ
プル(×プッシュ)型管理方式では、生産計画の変更は最終工程のみに指示すればよい。


そう。「2次」を一度受験済なら、学習計画の変更は「2次」に対してのみすれば良い
すると「1次」学習法が逆算で指示され、×解き直し → ○答を先に見てテキスト代わりの一択です。

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP