これまでのアナログをこれからのデジタルに。知識・スピード・当てはめ力を加速します。

資格とるなら.tokyo【生産管理:②目的語】

UI/UXの重視へ

画像:TECH CAMP UI/UXデザインとは?

国内製造業のミライは、いかにもおじさん発想全開デザインセンスのため絶望的に。もちろん獅子奮迅にその窮地を救うのが我らが木内先生のミッションですが、そのダメダメさを解消するのも、試験ブログの一つの役割に。(100字)

そろそろ働きが悪くなってきた30~40代おじさんがパワポで作るふっる臭い資料と違い、Webデザインはテンプレ側が自動で進化します。

それに乗り遅れた生産管理系HPの中で
資格とるなら.tokyoでは唯一デザインセンスある図が提供され、②当サイトと真逆な丁寧な解説に定評があり、③リンク画像を触ると次々新たな知識が。新しいUI/UXをお楽しみください。(100字)

資格とるなら.tokyo【生産管理:②目的語】

ほう、同じ1問を解説するのに、1行から1記事丸々まで。この多様性を誇る診断士勢が、国内製造業をイノベするのは間違いない。

こらこら。解説リンク直貼りで手抜きを覚えた哺乳類モドキが、朝から寝言ぶっこいてんじゃねーよ。早速バツマルスタートです。

例題:R2第3問 レイアウトABランク

工場レイアウトの設計における体系的な進め方として、システマティックレイアウトプランニング(SLP)が知られている。
以下のa~dは、SLP の各ステップで実施する事項である。SLP の実施手順として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
a 必要スペースと使用可能スペースの調整を行う。
b 生産品目と生産数量との関係を分析する。
c 実施上の制約を考慮して調整を行い、複数のレイアウト案を作成する。
d 物の流れとアクティビティを分析し、各部門間の関連性を把握する。
×ア a→b→d→c
×イ a→c→b→d
×ウ b→a→d→c
〇エ b→d→a→c
×オ d→c→a→b
覚えていればベストですが、ウエの2択に絞れば、国語で解答できます。

薄汚いおじさんブログが苦手でも、資格とるなら.tokyoのスッキリさなら、暗記も苦になりません。

例題:R2第21問 基本用語ABランク

生産の合理化に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア ECRS の原則とは、作業を改善する際に、より良い案を得るための指針として用いられる問いかけの頭文字をつなげたもので、最後にする問いかけはStandardization である。
〇イ 合理化の3 S とは、標準化、単純化、専門化で、これは企業活動を効率的に行うための基礎となる考え方である。
×ウ 単純化とは、生産において分業化した各工程の生産速度や稼働時間、材料の供給時刻などを一致させる行為である。
×エ 動作経済の原則とは、作業を行う際に最も合理的に作業を行うための経験則で、この原則を適用した結果としてフールプルーフの仕組みが構築できる。
ウは×単純化→〇同期化、エは×フールプルーフ→ムリ・ムダ・ムラのない

いいか野郎共。ECRS(イクルス)の原則は日本発祥。作問係のオトウサンは広めたくって仕方がないから、使えそうなら迷わず使え。

えっへん、最初にいっちばん役立つのは「2次」対策。全痴低ノウと多年度ベテは、それこそ真っ先にECRSです。

1⃣生産概論

H29第12問 管理指標 ABランク
在庫を評価するための尺度に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 在庫回転率は、標準在庫量使用実績量で除したものである。
×イ 在庫月数は、月間使用量平均在庫量で除したものである。
〇ウ 品切れ率は、品切れ件数を受注件数で除したものである。
×エ 納期遵守率は、納期遅延件数を受注件数で除したものである。
×アイは分子⇔分母が逆。エは×納期遅延→○納期遵守で用語があべこべ。
R1第1問 管理指標 ABランク
管理指標に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 稼働率とは、人または機械における就業時間もしくは拘束時間を、有効稼働時間で除したものである。
×イ 生産リードタイムは、顧客が注文してからその製品を手にするまでの時間である。
○ウ 直行率とは、初工程から最終工程まで、手直しや手戻りなどがなく順調に通過した品物の生産数量を、工程に投入した品物の数量で除したものである。
×エ 歩留まりとは、投入された主原材料の量を、産出された品物の量で除したものである。
×アエは分子⇔分母が逆、イは×生産リードタイム→○発注リードタイムです。必ず当たるAランク。
R2第1問 管理指標 DEランク
管理目標に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 産出された品物の量に対する投入された主原材料の量の比によって、歩留まりを求めた。
×イ 産出量に対する投入量の比によって、生産性を求めた。
×ウ 単位時間に処理される仕事量を測る尺度として、リードタイムを用いた。
〇エ 動作可能な状態にある作業者が作業を停止している時間を、遊休時間として求めた。
ウは×リードタイム→〇スループット。×アイは基本用語出題で定番の、分母⇔分子があべこべです。
R1第17問 合理化・改善用語(5S) ABランク
以下のa~eの記述は、職場管理における5 S の各内容を示している。5 S を実施する手順として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
a 問題を問題であると認めることができ、それを自主的に解決できるように指導する。
b 必要なものが決められた場所に置かれ、使える状態にする。
c 必要なものと不必要なものを区分する。
d 隅々まで掃除を行い、職場のきれいさを保つことにより、問題点を顕在化させる。
e 職場の汚れを取り除き、発生した問題がすぐ分かるようにする。
×ア a→b→c→d→e
×イ b→e→d→c→a
○ウ c→b→d→e→a
×エ d→b→c→a→e
テキスト代わりの良問です。

2⃣生産方式

H29第5問 レイアウト DEランク
工場レイアウトに関する次の文中の空欄A〜C に入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
工場レイアウトとはあらゆる施設におけるA の配置問題である。
代表的なレイアウト技法としてMutherによって開発されたSLPがある。SLPでは、B ・面積・調整の つの基本的重要項目が提起され、それらを段階的に精査することでレイアウト案が作成される。SLPは直感的でわかりやすい反面、主観的評価に依存しているという課題がある。
他方、コンピュータを活用したレイアウトのためのヒューリスティック技法が開発されている。そこでは評価関数として、一般的にC が用いられている。
ABC
×ア機能アクティビティ加重総移動距離
○イ機能相互関係加重総移動距離
×ウ設備アクティビティスループット
×エ設備相互関係スループット
R2第3問 SLPの解説参照です。
H30第3問 レイアウト(P-Q分析) ABランク
ある工場のレイアウト改善に関する次の文章の空欄AとBに入る語句として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
この工場では複数の設備を用いて製品の加工を行っており、各設備を製品ごとに直線に配置したレイアウトをとっている。最近、製品の種類が多様化してきたため加工方法が複雑になり、工程間の搬送の手間が増えてきたという問題点を抱えていた。
そこで、ものの流れに関する問題点の発見のために PQ 分析を行った。その結果が下図の A であったので、 B を作成した。それに基づいて工程編成を見直し、設備のレイアウトをジョブショップ型レイアウトに変更した。

×ア A:タイプⅠ  B:多品種工程図表
×イ A:タイプⅠ  B:流れ線図
○ウ A:タイプⅡ  B:多品種工程図表
×エ A:タイプⅡ  B:流れ線図

当問は長い設問文を読まず、語尾にある「ジョブショップ型=機能別レイアウト」にピンとくると、少量多品種→タイプⅡ→多品種工程図表で○ウ一択に。似たような用語が沢山出るので、時間の余裕があれば自分でまとめながら。忙しければまとめシートなどの既存ツールを使い、効率良く暗記を進めます。

H28第5問 レイアウト(×自動製造システム) DEランク ※良問
下図は、機械加工設備をロットサイズと製品の種類で分類したものである。空欄①〜③にあてはまる設備の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
FMSトランスファーマシン汎用工作機械
FMS汎用工作機械トランスファーマシン
汎用工作機械FMSトランスファーマシン
汎用工作機械トランスファーマシンFMS
レイアウト×自動生産設備コンボの良問です。ここは過去問解説でしっかり。
R1第2問 レイアウト(×日程計画) ABランク ※良問
生産工程における加工品の流れの違いによって区別される用語の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
×ア 押出型と引取型
×イ 多品種少量生産と少品種多量生産
○ウ フローショップ型とジョブショップ型
×エ 見込生産と受注生産
「運営」スピテキで、「フローショップ」「ジョブショップ」は日程計画(スケジューリング)として覚えますが、実はその手前で「ものの流れ」の意味を持ちます。画像の説明から、ややひっかけで正解○ウに。アイエは×加工品の流れの違い→○生産方式の違いの説明です。
H28第6問 ライン生産方式(編成効率) Cランク
生産ラインの工程編成に関する記述として、最も不適切なものはどれか
○ア サイクルタイムは、生産ラインに資材を投入する時間間隔を規定する。
○イ 正味稼働時間を生産量で除算することにより、サイクルタイムを求めることができる。
×ウ 総作業時間を生産速度で除算することにより、最小工程数を求めることができる。
○エ バランスロスは、1から編成効率を減算することで求めることができる。
サイクルタイムや編成効率をちょっと苦手にしやすいのは、「事例Ⅲ」では受注生産が多く問われ、見込生産(ライン生産)はまず出ないから。そこで盲点になるライン生産の知識は、「1次」過去問で押さえます。

見込生産(少品種多量、製品別レイアウト(ライン生産)、大手企業中心)が受注生産(多品種少量、機能別レイアウト、中小企業中心)と一番異なる点は、安定した需要が見込めること。そのため、①需要を念頭に ②サイクルタイムや工程数の効率化を考える。これは診断士の不得意領域なので、そのまま不得意でOKです。

H30第20問 ライン生産方式(編成効率) Cランク
生産現場で行われる改善に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア あい路工程での出来高を向上させる目的で、その直前工程の処理能力を高めた。
○イ 生産ラインの編成効率を高める目的で、生産ラインのU字化を検討した。
×ウ 同一製品を継続生産する職場での進度管理の手間を省く目的で、製番管理を導入した。
×エ 入社直後のパート従業員を短期間で組立職場に配置できるようにする目的で、1 人生産方式を導入した。
正解〇イは深い、というか不要な知識。アは×直前→〇その工程、ウは×製番管理→〇追番管理、エは×入社直後のパート従業員→〇それは1人では無理じゃね? 消去法で行きます。
H29第9問 トヨタ生産方式 DEランク
かんばん方式に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
〇ア かんばんは、あらかじめ定められた工程間、職場間で循環的に用いられる。
×イ かんばん方式を導入することにより、平準化生産が達成される。
〇ウ 仕掛けかんばんには、品名、品番、工程名、生産指示量、完成品置場名などが記載される。
〇エ 引取かんばんのかんばん枚数によって、工程間における部材の総保有数を調整することができる。
記述でなく4択マークの「1次」では、細かすぎる暗記より、ふんわりイメージで時に鉛筆コロコロの方が、脳のリソースの節約に。ムダを削減するのがトヨタ方式なので、覚え過ぎないことも一つのコツです。
動画:コンサルソーシング㈱
H29第20問 トヨタ生産方式 ABランク
生産現場で行われる改善施策に関する記述として、最も不適切なものはどれか
○ア 機械設備の稼働状況を可視化するために、「あんどん」を設置した。
○イ 「シングル段取」の実現を目指して、内段取の一部を外段取に変更した。
×ウ 品種変更に伴う段取り替えの回数を抑制するために、製品の流れを「1個流し」に変更した。
○エ 部品の組み付け忘れを防止するために、部品の供給棚に「ポカヨケ」の改善を施した。
○アエは一目瞭然ですが、○イ×ウも「トヨタ~」に関する用語です。ウがなぜ×かをウンウン考えるのは時間の無駄。トヨタ様の仰ることと違うからです。
R1第6問 生産方式(生産座席予約) ABランク
生産座席予約方式に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 外注に際して発注者が、外注先へ資材を支給する方式である。
×イ 組立を対象としたラインや機械、工程、作業者へ、1 つの組立品に必要な各種の部品を1 セットとして、そのセット単位で部品をそろえて出庫および供給する方式である。
○ウ 受注時に、製造設備の使用日程・資材の使用予定などにオーダーを割り付けて生産する方式である。
×エ 製造命令書を発行するときに、その製品に関する全ての加工と組立の指示書を同時に準備し、同一の製造番号をそれぞれに付けて管理を行う方式である。
正解○ウはテキストレベルで一択なので、×アイエを正しい知識に直します。アは○支給方式(または集中購買方式)、イは○マーシャリング(初出)、エは○製番管理方式です。

3⃣生産管理(計画+統制)

H28第1問 日程計画 ABランク
ある機械加工職場における生産リードタイムの短縮を目指した改善活動に関する記述として、最も不適切なものはどれか
〇ア 処理を開始してすべての処理を完了するまでの総所要時間を短くするために、ディスパッチングルールを変更した。
〇イ 流れ線図を作成し、「設備間の距離×物流量の総和」を計算してレイアウトを変更した。
×ウ 納期管理を徹底するために、PERT を使ってロットサイズを変更した。
〇エ マンマシンチャートを作成し、作業者の作業手順を変更した。
ウでPERTを使うなら、×ロットサイズ→〇作業スケジュールに。
H28第33問 調達計画(発注) ABランク
小売店舗における在庫管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×アあらかじめ設定した発注点に基づいて発注すると、発注間隔は必ず一定になる。
×イ安全在庫は、需要の変動に備えて過剰在庫を防止するために設定する在庫量のことである。
×ウ需要の変動に備えて安全在庫を見込む場合でも、定期発注方式で発注量を算定するときには安全在庫を含めない
○エ発注から補充までの期間が短いほど、安全在庫量を少なくすることができる。
アは×発注間隔→〇発注量、イは×過剰在庫→〇欠品、ウは×含めない→〇含める。
H29第33問 調達計画(発注) Cランク

例えば、工場がするのが「定量発注」、コンビニがするのが「定期発注」。当問は「小売店舗」の出題ですが、生産管理知識として解きます。



小売店舗における在庫管理に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 経済的発注量とは、在庫量を最小にする1回当たりの発注量のことである。
×イ サイクル在庫は、定量発注方式の場合に発生し、定期発注方式の場合には発生しない
○ウ 定量発注方式を採用した場合、発注点は調達期間中の推定需要量と安全在庫の和として求められる。
×エ 補充点は、最大在庫量から調達期間中の推定需要量を差し引いた値である。
×オ 見越在庫とは、発注済みであるがまだ手元にない在庫のことである。
当問のアイは落とせますが、エオは細かすぎるので、ウエオの3択に絞れば十分です。アは×在庫量→〇発注量、イは×しない→〇することもある。これは大丈夫。
エは×調達期間中の推定需要量→〇発注時の在庫量、オは×発注済み~→〇需要の上振れに備えた在庫。発注方式はまず①定期 ②定量を使い分ければ良く、それ以外は後回しに。
R1第12問 工数計画(IE 工程分析) ABランク
工場内の運搬に関する施策として、最も適切なものはどれか。
○ア 工程間の運搬頻度を考慮してレイアウトを見直した。
×イ 工程間の距離情報のみを用いて運搬手段を選択した。
×ウ 離れた工程間を時折運搬する手段としてベルトコンベアを採用した。
×エ 隣接した工程へ頻繁に物を運搬するためにフォークリフトを導入した。
×ウエは、ベルトコンベア⇔フォークリフトが逆。×イは他にも重さとか形状とか・・。
R2第18問 工数計画(IE総合問題) DEランク
下表は、作業分析手法に対応した作業の分割区分に基づいて「旋盤を用いてワークを切削する」作業を展開したものである。
この表に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×ア 工程分析の対象となるのは分割区分【1 】で、各作業を加工・組立・検査・運搬の4 つに大別して記号化する。
×イ 時間分析の対象となるのは分割区分【3 】や【4 】で、各作業を遂行するのに要する時間を、ストップウオッチを用いて直接測定する。
×ウ 動作要素は分割区分【4 】で、作業を行う身体部位として手と腕を対象とし、その動きに着目して分析することで、より少ない無駄のない動きに改善することを目的としている。
〇エ 分割区分【1 】に対応する分析手法には、対象が作業者の場合と物の場合があり、それによって図記号が表す意味が異なる。
アは×組立→〇停滞、ウは×動作要素→〇両手動作分析に。イは悩ましいですが、×【3】や【4】→〇【2】や【3】です。
※IEは間違えて覚えると後で大変なので、詳細は市販過去問集を参照ください。

4⃣生産業務

H30第9問 品質管理(QC) Cランク
品質改善に関する次の文章の空欄A〜Cに入る QC 7 つ道具として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
ある職場において不適合品が多発している。重要項目を絞り込むため不適合の種類と発生数を調べ A を作成した。その結果、重量に関する不適合が最も大きな割合を占めていることが分かった。そこで重量の B を作成した。その結果、重量のバラツキが大きいため、不適合が発生していることが分かった。この重量に影響を及ぼす要因について、過去の知見を特性要因図として整理し、加工速度に着目することとなった。そこで加工速度と重量の関係を調べるため Cを作成した。
ABC
×アパレート図 散布図ヒストグラム
○イパレート図 ヒストグラム散布図
×ウヒストグラム散布図パレート図 
×エヒストグラムパレート図 散布図
QC/新QC7つ道具は、ホントに実務で使えばすぐ覚えるので、試験上は語呂合わせで十分。当問ではC=散布図はすぐわかるので、ヒストグラム(=凸凹棒グラフ)、パレート図(降順の棒グラフ)程度の知識でちゃんと当たります。

QC7つ道具の暗記 サンチェ監督引っ張れそう
新QC7つ道具の暗記 新連携 アロマでP


R1第18問 設備保全 DEランク
生産保全の観点から見た保全活動の実施に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 偶発故障期にある設備の保全体制として、部品の寿命が来る前に部品を交換し、故障の未然防止を図る必要があるため、予知保全体制を確立することが重要である。
○イ 初期故障期にある設備では、設計ミスや潜在的な欠陥による故障が発生する可能性が高く、調整・修復を目的とした予防保全を実施する。
×ウ 設備の故障率は使用開始直後に徐々に増加し、ある期間が過ぎると一定となり、その後劣化の進行とともに故障率は減少する。
×エ 定期保全とは、従来の故障記録などから周期を決めて周期ごとに行う保全方式で、初期故障期にある設備に対して実施される。
保全の種類でなく、バスタブ曲線(寿命特性)を聞いてきた難問です。×ウは増加⇔減少があべこべ。アエは×偶発故障期、初期故障期ともに→○摩耗故障期に。
R1第20問 設備保全 DEランク
TPM に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
×a 製品のライフサイクル全体を対象とし、災害ロス・不良ロス・故障ロス等あらゆるロスを未然に防止するしくみを構築する。
○b 設備効率化を阻害している7 大ロスを時間的ロスの面から検討し、設備の使用率の度合いを表した指標が設備総合効率である。
×c 経営トップから現場の作業員まで全員参加の重複小集団活動を行うことが特徴で、職制にとらわれない自主的なサークル活動である。
○d ロスを発生させないために行う活動の1 つが計画保全活動で、設備が停止した場合の損失影響度を複数の角度から設備評価基準に基づいて評価し、最適保全方式を決める。
×ア aとb
×イ aとc
×ウ aとd
×エ bとc
○オ bとd
この手の新知識は「Ⅲ」出題可能性があるので、暗記を避けてツッコミだけしておく。aは×製品→○設備、cはQC活動です。
tpm1_img2

5⃣生産情報Sys

H29第8問 FA/CIM Cランク
自動生産および生産情報管理に関する記述として、最も不適切なものはどれか
×ア 開発・製造・販売などの情報ネットワークを統合化するために、FA を導入することにした。
〇イ 複数の工作機械や搬送機器などを集中制御するために、DNC を導入することにした。
〇ウ 部材加工や、工具管理、工場内搬送などを自動化したいので、FMS を導入することにした。
〇エ 部材の取り付け・取り外し、工具の選択・交換などを行う作業者を削減したいので、MC を導入することにした。
自動製造システムのアルファベット2~3文字用語は、NC→MC→FMC→FA→CIMの順に大きくなるイメージで解けます。アは×FA→〇CIMですが、IoTの時代ではもう周回遅れの仕組みらしいぞ。

6⃣その他捨て問

R2第5問 生産技術 ABランク
立体造形に係る技術に関する以下の文章において、空欄A~Cに入る用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
立体造形に係る技術は、金属、セラミックス、プラスチック、ガラス、ゴム等
さまざまな材料を所要の強度や性質、経済性等を担保しつつ、例えば、高いエネルギー効率を実現するための複雑な翼形状や歯車形状等を高精度に作り出したり、高度化する医療機器等の用途に応じた任意の形状を高精度に作り出したりする技術全般を指す。
これには、鋳型空間に溶融金属を流し込み凝固させることで形状を得る【A】 技術や、金属粉末やセラミックス粉末の集合体を融点よりも低い温度で加熱し固化させることで目的物を得る【B】 技術、三次元データを用いて任意の形状を金型等の専用工具を使わずに直接製造できる【C】 技術も含まれる。
ABC
×ア融体加工射出成型研削加工
〇イ融体加工粉体加工積層造形
×ウ溶接加工射出成型積層造形
×エ溶接加工粉体加工研削加工
国語と語感で当たるサービス問題です。
H28第13問 VA/VE(品質表) DEランク ※R2再出題あり
品質保証活動の中で用いられる品質展開に関する記述として、最も不適切なものはどれか
○ア 顧客の要求や設計者の意図を生産部門まで確実に伝えるために、品質展開を行った。
○イ 顧客の要求を技術的な品質特性に変換するために、品質特性展開表を作成した。
×ウ 顧客の要求を整理するために、要求品質展開表と構成部品展開表から品質表を作成した。
○エ 他社製品との比較や自社製品のセールスポイントを設定するために、品質展開の結果を活用した。
ウは×構成部品展開表→〇品質特性展開表。R2第4問で計算問題が出題されたので、後で解説します。
H29第3問 VA/VE DEランク
製品開発・製品設計に関する記述として、最も不適切なものはどれか
×ア 下流工程での問題を可能な限り上流で防止し、短い設計納期を実現するために、バリューエンジニアリングを取り入れることが有効である。
〇イ 試作品製作は製品開発プロセスの中でも重要な位置を占めており、試作時の製作方法や加工条件から、量産時の工程編成における重要な情報を得ることが可能である。
〇ウ 新製品の設計段階でデザインレビューを活用する際には、設計構造の矛盾や誤りを排除することに重点がおかれるため、設計の熟練者がレビューアとなることが有効である。
〇エ モジュール設計の考え方を取り入れると、生産工程の合理化・簡素化が期待できるが、設計に問題が発生した場合にその影響が大きいというデメリットもある。
アが×バリューエンジニアリング→〇フロントローディングですが、こんなの悩んだって見抜けません。本試験で当てなくて良いので、テキスト代わりに 〇イウエの3つを教わります。

今日のまとめ

世に情報が溢れ返るほど、読み手のニーズは文字数や色を少なく、シンプルかつフラットに
今日取り上げた26問を振り返ると、①まだ古い年度の解説は文字数が多いし、②引用画像の色使いもギラギラしてセンスを疑う。(100字)

そこで解説文を絞り込み、色使いもモノクロームに近づけていくとき、詳しい解説は資格とるなら.tokyoのリンクを参照な。

そしてブログを書くなら@サイトのデザイン。①初見第一印象で勝負が決まるビジネス界を勝ち抜くには、②100字の因→果でキレイにまとめる他に、③ターゲットにする読み手が好ましいと感じるUI/UX採用がマストになります。(100字)

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>人物本位の採用面接試験への備え

人物本位の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテを狙い撃つべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「ムキになって勉強するほど受からせない」姿勢を明らかにしてきた採点側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP