7/23のふぞ17発売を前に火ぶたが切られた、人類としての生き残りをかけた水面下の足の蹴りあい。同じふぞろい採点をするなら、ぼっちよりチームが良くね?7/18(木)から参加者を募集します。

D運営

【当たる論点当てる論点】店舗管理は超イージー / いますぐ得意化して素早く放置

7科目の暗記に忙しい受験者各位にとり、「店舗管理」と掛けて「昔の恋人」と解く。その心は、「忘れようとしてもすぐ思い出す」です。

Q
このサイトでは「事例Ⅳ」や「2次」に関する所はうるさいクセに、それ以外は掌返しで冷淡に扱われて草。中でも「店舗管理」は、いますぐ得意化して素早く放置?
A

診断士7科目で鍛える各種の暗記のうち、生活に身近な「店舗管理」はエピソード記憶に分類され、覚えやすく、忘れにくい。間違える方が難しいのでむしろ放置し、積極的に忘れる方が、覚え直してスコアが伸びます。

①過去問を回して当たる論点②応用を意識し狙って当てる論点③直前期の丸暗記で脳を鍛える
過去問を繰り返し解くことで、単純に記憶に頼るのではなく、意識的に一度忘れたり間違えたりすることが重要です。これは生成効果と呼ばれ、わざと間違いや失敗を経験することで、正しい情報がより強く記憶に定着するのです。過去問と違う初見の問題に対しては、基本的な知識をしっかりと身につけ、その知識を応用する力を養うことが重要です。具体的には、基礎知識を確実に理解し、それを異なる状況や文脈でどのように適用するかを練習します。「1次」高得点を取るには、早い段階で計画的に実力を養うことになります。こうして基礎力を先にしっかり固めることで、本番直前期にはランダムに出題される問題に対しても対応できるようになります。
意図的に間違えることで、ただの暗記にとどまらず、情報を再構築し、深く理解することができます。これにより、記憶の長期化が進み、単なる丸暗記から脱却することが可能になります。このアプローチにより、未知の問題に対しても柔軟に対応できる力がつきます。応用力を養うためには、関連するテーマを広く学び、実際に問題を解く際にその知識をどう活用するかを考える練習が効果的です。最直前期には特に丸暗記が求められるランダム出題への備えが有効で、脳の異なる領域(脳番地)を活性化し、記憶力や応用力がさらに向上する効果があります。

【店舗管理は超イージー】いますぐ得意化して素早く放置 / 当たる論点当てる論点

TAC正答率を使って見ていくと、身近な「店舗」はとにかくよく当たる。そして脳番地を鍛えて賢くなるには、「店舗管理」以外を優先すべきと決まります。


Step-1:身近な「店舗」はよく当たる

Q
こうやって生成AIに解説させると、「どこを覚えて」「どこを軽く流すか」が合理的に決まる。よく当たる「店舗管理」はもうスルーでOK?
A

身近でほっておいても当たる論点を何度解いても、オツムがそれ以上賢くなる効果はない。同業D社にじゃれつかれない内に、素早く放置と決めましょう。

【生成AIが作った例文】
小売B社は、自社POSデータを基に商品計画(品揃え)粗利計画を策定しました。照明・陳列を含むISM展開商業集積(立地)の利点を生かして買上点数UPを図るほか、自社物流センターからの輸配送管理による欠品防止と在庫管理精度の向上を目指しています。

商業集積(商店街、SC)商業集積とは複数の小売店舗が集中している地域を指し、この集積により顧客は一か所で多様な買い物が可能となり、店舗は集客効果を享受することができます。
POSデータ商品が実際に販売された時点で売上情報を指します。販売数量、時間、価格、顧客情報などが含まれ、販売パフォーマンスの分析や在庫管理、売上予測に利用されます。
商品計画(品揃え)小売業で取り扱う商品の選定、仕入れ、価格設定、販売計画を総合的に管理するプロセスを指し、適切な商品を適切な時期に提供することを目指します。
粗利計画売上から商品原価を差し引いた粗利益をどのように計画するかを定めることです。これには売場生産性や商品回転率が含まれ、利益の最大化を目指します。
店舗(照明・陳列)照明や陳列は商品の魅力を最大限に引き出し、顧客の購買意欲を刺激します。照明は商品を明るく魅力的に見せ、陳列は商品のアクセシビリティと魅力を高めます。
ISM商品の配置、陳列方法、プロモーション活動、価格設定など、店舗内で消費者の購買行動に影響を与えるすべての要素を含め、購買点数の最大化を図ります。
物流センター商品の保管、管理、配送を効率よく行うための施設です。ここから商品は各販売店舗や直接顧客へ配送されます。
輸配送管理商品が供給元から消費者または販売点に適切に配送されるプロセスを管理することを指します。この管理により、配送効率が向上し、コスト削減や顧客満足度の向上が期待できます。

これらはスーパーに買い物に行けばわかるし、amazonを使えば物流戦略もわかる。この辺りの意味などいちいち考えないことが、短期最速のストレート合格実現につながります。

Step-2:ある程度覚える+一般常識で解く論点

Q
とはいえ、易問ばかりを続けて出すと、同業D社の信者が過去マス担いで舐めプを始め、小売業に迷惑をかける。ある程度ランダム問題を出して、あの舐めプを牽制すべき。
A

それでは、過去問お皿回しこそが正義と信じる過去マス馬鹿にどうでも良い知識を送り付け、あの裸踊りを盛り上げましょう。

【生成AIが作った例文】
B社は店舗設置に当たりまちづくり三法建築基準法・消防法、開店以降は「食品関連」「商取引」の法規制に従う他、デジタルデータ活用を目指して販売コード物流コードの従業員教育を進めることにした。

まちづくり三法都市計画法・中心市街地活性化法・大店立地法の3つを指し、都市の健全な発展と住民の生活環境の質の向上を目的とする重要な法律群です。
建築基準法・消防法建築基準法は建築物の安全や衛生を確保するための規制を定め、消防法は火災予防、消火活動、救急活動の基本となる規制を定めています。
販売コード(JIS、GTIN)JISは商品やサービス品質を標準化する日本の規格であり、JISコードは世界的に一意の商品識別番号であるGTINに準拠し、商品の在庫・販売管理に広く用いられています。
物流コード(EDI)企業間での商流データを電子的に交換する標準方式で、このシステムを利用することで注文書や請求書などの商業文書が迅速かつ正確に交換され、物流の効率化が図られます。
法規制(食品)食品法規制は、食品の安全性と品質を保証するための法律や規則を指します。これには、食品の製造、販売、表示までの各段階において遵守すべき基準が設けられています。
法規制(商取引)商取引における法規制は、商業活動が公正かつ透明に行われるように定められたルールです。これには、不公正な取引の禁止や消費者保譤のための規則が含まれます。

GTINを少し真面目に覚える他は、普通に会社員をしていれば会社で教わるレベル。この手の暗記を始めるとベテふぞループの刑が確定するから、用心な。

Step-3:すぐ得意化して素早く放置

Q
確かに「エピソード記憶」で済む「店舗管理」は、ムキになって覚える所がほとんどない。では、「すぐ得意化して素早く放置」の狙いとは?
A

過去マスお皿回しにムキになり、過去問の答を覚えることがお勉強と勘違いした末路。それが「経営法務」を苦手にした挙句、国語の読み書きを苦手化してキーワードの並列列挙馬鹿になることです。

①知識を整理整頓して暗記を減らす②それより「経営法務」を苦手化しない③あえて忘れる・間違える効果を狙う
手段:初期の暗記が一巡した後は、暗記した知識を整理し、関連付け、体系化する。マインドマップなどのツール活用も有効です。「経営法務」の苦手回避に備え、国語の読解能力や意味暗記、基本知識の応用力向上を早めに意識する。覚えやすい論点を敢えて忘れたり間違えたりするほか、脳の異なる領域を使うような暗記を心掛ける。
効果:知識の整理と体系化により、情報の理解が深まり、暗記の負担を減らすことができる。この段階で情報の関連性や背景も把握することで、問題解決能力も向上します。特定科目の暗記ばかりに偏らないことで、試験全体のスコアが上がる。関連する科目やスキルを均等に向上させることで、「2次」答案のバランスが良くなります。脳の異なる領域をバランスよく鍛えることで、問題解決能力や応用力が向上します。より幅広い視点で情報を扱うことで、総合的な賢さも高まるでしょう。

今日のまとめ

Q
今日は全7科目で一番簡単な「店舗管理」とはいえ。「覚えるな」「むしろ忘れろ・間違えろ」と説教されるとは、思いもしなかった。
A

脳の記憶のメカニズム上、「昔の恋人」と「店舗管理知識」は忘れたくても思い出してしまうもの。であれば脳の空きスペースを無駄にせず、「経営法務」の苦手解消を優先するのは、上位5%なら当たり前です。

■■ここからテンプレ■■

-D運営

PAGE TOP