ふぞろいが反面教師で、ノウハウ全面禁止。増枠時代の試験のミライを先取りします。

【Type-S】ネタバレ養成答練80点

答練は出題を予想して受ける。

養成答練は目標80点。当サイトに目を通す初学スト生なら、そう聞いたことは一度や二度ではないでしょう。

それはね。答練80点を取る「手段」「効果」が既に明確だから。

養成答練80点の取り方(出題予想法)
  • 過去問、スピ問をそれぞれ1回転。
  • 配布レジュメを参考に、出題25マークを予想。
  • 25マークを意識しながら、スピ問をもう1回転。

養成答練とは単なる抜き打ちテストと違い、「最初に覚えておく大事な順から」25マーク出題します。つまりこの25マークを予想して当てる力。ここが学習効率の差です。

養成答練80点の効果

3回連続して正解した問題は、記憶完了。

資格試験における問題集の回し方として有名な○×△法。養成答練80点の効果とは、この「3回連続正解=記憶完了」のことです。

  1. 大事な問題を見極めるため、まず正解○1回目。
  2. 養成答練出題を予想するため、正解○2回目。
  3. 養成答練でズバリ出題され、正解○3回目。

もし出題を予想せず、手ぶらで受けて答練50点。そこから問題集を2回転させるのと、養成答練時点で記憶完了の状態。スト合格にどちらが有利かは、説明する必要すらないですね。

ふうん、そんな勝ち方があるのか。では学習スタイルを見ておきましょう。

1⃣養成答練80点の学習スタイル

①クラスの上位5%。そして次の科目も上位5%
  • 養成答練80点=5月完成答練70点・7月1次模試60点に相当。
  • 通学クラス受講生の上位5%、「2次」合格者平均に相当します。
  • ★1科目、答練80点を取るコツを掴むと、次の科目もラクラク80点。
  • 近年の受験/暗記技術の発展により、2~4月は時間の余裕が。
  • 「1次」合格を確実にすると、12月から順次「2次」対策を開始するイマドキ。
  • その結果スト生⇔経験者の「2次」合格力差は縮小し、より乱戦模様に。
②受講/学習スタイルを振り返る。
  • 養成答練80点=この時点本試験60点クリアであり、学習スタイルも明確です。
  • 問題集をどんどん解き進むOUTPUT学習を中心にし、
  • 学習時間は週20hクリア。
  • スピ問・過去問を2周回し、出題25マークを予想すると、
  • 養成答練は本当に見覚えのある問題ばかり。
  • それが養成答練80点の学習スタイルです。

注意したいのは、

△出題を予想し3回連続で当てた問題は復習不要。
○養成答練の復習は当日中に終え、次科目の予習へ。

養成答練80点や7月「1次模試」420点をクリア。外発的要因(試験に合格することが目的)だと、なぜかマイ答案をためつすがめつ眺めて満足し、次の学習スタートに出遅れる。そんな方が毎年必ずいるので気を付けて。

2⃣養成答練80点からの今後

自分の学習スタイルも、周囲の得点分布もわかった。

では自分の合格所要年数を予想するもう1つの要素、今後の学習スタイルをどうするかも考えましょう。

ア. 当面このまま、現状維持。
イ. 学習量を増やす。
ウ. 学習効率を上げる。

もう余計なお節介は要らないですね。養成答練とは、自分で考え、自分で行動したからこそのハイスコア。

次に問題点が見つかるまでは、今のオレのやり方が正しい。

自信を持ってそう1年走り抜ける・それが養成答練80点のメリットです。

今日のまとめ

なんだ、養成答練80点が有利過ぎるぞ!

いえ、そうでなく。4択マークの「1次」と違い、「2次」に進むと「暗記やお勉強以外の何か」が合格要素に絡みます。すると合格者の分布はこんな姿に。

このグラフが正ではないですが。

養成答練60点、70点、80点のいずれでも、
その人に合ったやり方が合格に一番近い。

だから「診断士は誰でも合格できる」。すると試験勉強のヤル気がUPです。

ふぞを反面教師にノウハウ全面禁止
1,500人増枠時代が待ったなしです↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP