この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【A~Eランク 組織論】ゲームであっても遊びではない協力プレイ

俺と手を組まないか?

劇場版ソードアート・オンライン

2022年11月6日、世界初のVRMMORPG《ソードアート・オンライン》が始動した。ところが、突如ゲームマスターによってログアウトの手段を奪われ、ゲームの世界に閉じ込められてしまう。ゲームマスターは告げた。
《これはゲームであっても遊びではない。》

出典:GAME WATCH SAO-プログレッシブ- 2021年秋に劇場公開

ナニこの急な前フリ? 当然最近のドラマの如く、最後の動画で全回収です。

ゲームであっても遊びではない協力プレイ【正答率A~Eランク:組織論】

ド苦学ふぞリンデジタルシフトで協力プレイ
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: motivation.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: teamwork-1.png
見よ炎のモチベーション!強いチームは必ずビジョン
さて隣のパクリんに軒を貸し、母屋を取られたふぞリン先輩
だが国語読解力をイチから鍛え、組織論を学び直せば挽回余地はゼロではない。でもなぜふぞリン=組織論が苦手? A~Eランク別に見て行きます。

組織論Aランク:R1第14問 組織学習

組織学習は、一般に低次学習と高次学習に分けて考えることができる。組織学習に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア D.マグレガーのいうY理論に基づく管理手法を採用すると、低次学習が促進されるため、組織の業績は悪化する可能性が高まる。
×イ 新たに組織に参加した組織メンバーは、組織の周縁にいるために、社会化のプロセスを通じて積極的に高次学習をさせる必要がある。
×ウ 高次学習とは組織の上位階層で行われている学習であり、低次学習とは組織の下位階層で行われている学習である。
○エ 組織の行動とそれが環境に与える効果の因果関係が分かりにくい場合、迷信的学習といわれる低次学習が起こりやすい。
×オ 低次学習とは組織の成果にとって悪い影響を与える学習であり、高次学習とはより高い成果をあげるために不可欠であるため、組織メンバーに高次学習を意識させることが重要である。

事務局長+事例リーダー=おこちゃま組織ごっこが大好きふぞ先輩。成れの果てが布教活動=○エ迷信的学習な。

解説

アは×低次学習で悪化→○高次学習で改善、イは×高次学習→○組織社会化、ウは言ってることがデタラメ、エは×悪い影響を与える→○現状の改善にとどまる、です。

〃Bランク:R2第19問 モチベーション(過程)理論

期待理論における、組織メンバーのモチベーションの水準を規定する要因に関する記述として、最も不適切なものはどれか
○ア 成果が自身の報酬につながるかについての認知
×イ 他者の報酬と比較した自身の報酬に対する認知
○ウ 努力することで成果をあげられるかについての期待
○エ 報酬がもたらしうる満足の程度
解説

組織論においては、ふぞリン=反面教師。ボク達合格者様!の初年度限定モチベがあれば、報酬要らずでコキ使えます。

期待理論は、満足度(エ)×直結度(ウ)×実現可能性(ア)=報酬モチベーション(エ)。イは×他者の報酬と比較した→○アウエの結果として。

〃Cランク:R2第16問 組織ライフサイクル(不確実性)

T.バーンズとG.M.ストーカーは、外部環境の不確実性がそれに適した組織内部の管理システムに影響を与えることを明らかにした。彼らは「機械的管理システム(mechanistic management system)」と「有機的管理システム(organic management system)」という2 つのモデルを提唱した。
これらのモデルに関する記述として、最も適切なものはどれか。

解説

コンティンジェンシー理論とは要するに、①タテピラミッド(官僚制)⇔②ヨコネットワークの違いです。

×ア 不確実性が高い環境下では、階層トップへの知識が集中し、階層構造を強化する有機的管理システムが有効である。
×イ 不確実性が高い環境下では、各タスクと全体状況や技術との関係が希薄な有機的管理システムが有効である。
○ウ 不確実性が高い環境下では、タスクそのものや優れた仕事をしようとすることへのコミットメントが強い有機的管理システムが有効である。
×エ 不確実性が低い環境下では、横断的相互作用を通じたタスク間の調整を重視する機械的管理システムが有効である。
×オ 不確実性が低い環境下では、上司の指示や命令に支配された職務よりも、スタッフによる助言的内容のコミュニケーションが重視される機械的管理システムが有効である。
×アイエオ全て、低い⇔高い、機械的⇔有機的があべこべ。

〃Dランク:H30第14問 チーム理論(テキスト外)

企業組織を取り巻く状況の変化に柔軟に対応するために、従来の部門組織や恒久的なグループ編成だけでなく、チームを採用することが効果的な場合がある。チームに関する記述として、最も適切なものはどれか。
解答と解説
×ア 共通の目的を達成するためにバーチャルチームを形成して業務を遂行する際に、メンバー同士が直接顔を合わせた経験がある場合は、そうでない場合と比べてタスク志向性が高くなり、社会的・感情的情報交換は少なくなる。
×イ 遂行すべきタスクに必要なスキルや経験の多様性が低い場合は、個人よりチームの方が高い業績をあげる傾向にある。
×ウ タスクフォースは恒常的に設置されている機能横断型チームであり、初期段階ではメンバーが多様性や複雑性への対処の仕方を学ぶために時間がかかることがある。
○エ チームで業務を遂行する場合は、一般に多くの時間と資源を必要とし、コンフリクトが顕在化する傾向にある。
×オ チームメンバー間の信頼関係が確立されていると、メンバーは他者が自分を利用しようとしていると感じる傾向が低くなり、自分の弱点をさらけだすことも可能になるため、リスク志向性は低くなる。
テキスト掲載外なのでその場のアドリブで、エオの2択に絞れば十分。アは×ある→○ない、イは×低い→○高い、ウは×恒常的に→○臨時、機動的に。

〃Eランク:R1第19問 環境不確実性(クソ問)

現代の企業は、規模の大小にかかわりなく、さまざまなステイクホルダーの社会的ネットワークの中に埋め込まれている。企業は利害の異なるこうしたステイクホルダーから正当性を獲得するために、ステイクホルダーと協調戦略を採る場合がある。
以下のa~dの行動について、こうした協調戦略に関する記述の正誤の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
解答と解説
○a 企業とステイクホルダーとの間の資源交換をめぐって協定を締結すること。
○b ステイクホルダーの代表を、企業の一員として政策決定機関に参加させること。
○c 組織間の共通目標を達成するために、複数の組織が資源やリスクを共有しながら、共同事業を行うこと。
○d 特定の目標を達成するために、複数の組織間で、公式の調整機関を設置すること。
○アa:正b:正c:正d:正
×イa:正b:正c:正d:誤
×ウa:誤b:正c:誤 d:誤
×エa:誤b:誤c:正d:正
×オa:誤b:誤 c:誤 d:正
組織構造論の最後、「環境不確実性」は例年クソ問の指定席。4択全てを○には選びづらく、正答率Eに。復習不要です。

今日のまとめ

現実版2021年度診断士「2次」筆記

2021年11月7日(日)、当初予想より2週遅れて「2次」筆記試験が始動した。ところが例年通り初見の設問が連続し、8割が多年度ループの世界に閉じ込められようと。試験委員は告げた。
≪この試験にくじ運はあっても確実はまずない。≫

多年度ループからの脱出ゲーでは、ド苦学⇔協力プレイのどちらが有利? その伏線の回収は動画でどうぞ。

このゲームをクリアするんでしょ? まだボス(ふぞ)は倒れていない。

この試験で倒すのは誰? それを決めたい奴は、動画の0:30~1:20へGOな。

さらに試験にクジ運が存在することをムキになって否定する、ふぞリン・パクリん。アレを一匹でも仲間に入れると、作問係好みの協力プレイは成立しません。

暗記で伸びる夏が来た。
朝の跳ね起きついでにクリックを
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP