この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【A~Eランク 戦略論】隣のパクリん

隣のパクリん【パクリ禁止が競争優位:戦略論】

ふぅ、外出自粛のGWは、すっかりソシャゲにはまったぜ。

そう、おべんきょする程スベる試験では、その調子でデトックス。次はヒヨコ喰いを避ける工夫です。

YouTubeでソシャゲに学ぶ。森の中で出会ういきもの3選

  1. ふぞリンは相棒
  2. パクリんは用心棒
  3. 役立たずのでくの坊
そう、ふぞりん・パクリん→時々役立つ
では作問係は、役立たずのでくの坊をどう最初に狙い撃つ? 今週はその誤答誘導テクニックを、パクリ禁止の優位性とセットで検証します。

戦略論Aランク:R1第8問(2)デファクトスタンダード

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
【設問リード文】
デジタル化された情報財では、その特性を勘案した競争戦略によって、コストリーダーシップや製品差別化を実現することで、コモディティ化に伴う熾烈な価格競争を回避すべきだとされる。例えば、パソコンのオペレーティング・システム(OS)の場合、支配的な地位を確立した企業は、ユーザー数の多さが当該製品の便益の増大につながる【D】などを背景として、持続的な競争優位を獲得してきた。
(設問2 )
文中の空欄Dに入る語句として、最も適切なものはどれか。
解答と解説

Aランクの出題意図はただ一つ。長めの【設問リード文】を用意し、テキスト代わりに教えるコトです。

×ア オープン・イノベーション
×イ デジュール標準
○ウ ネットワーク外部性
×エ リバース・イノベーション
×オ リバース・エンジニアリング
猫でも〇ウ一択に。×アイエオはポケテキに戻って押さえます。

〃Bランク:R1第1問 ドメイン

多角化して複数の事業を営む企業の企業ドメインと事業ドメインの決定に関する記述として、最も適切なものはどれか。
解答と解説
○ア 企業ドメインの決定は、個々の事業の定義を足し合わせるのではなく、外部の利害関係者との間のさまざまな相互作用の範囲を反映し、事業の定義を見直す契機となる。
×イ 企業ドメインの決定は、新規事業進出分野の中心となる顧客セグメント選択の判断に影響し、競争戦略策定の出発点として差別化の基本方針を提供する。
×ウ 事業ドメインの決定は、将来手がける事業をどう定義するかの決定であり、日常のオペレーションに直接関連し、全社戦略策定の第一歩として競争戦略に結び付ける役割を果たす。
×エ 事業ドメインの決定は、多角化の広がりの程度を決め、部門横断的な活動や製品・事業分野との関連性とともに、将来の企業のあるべき姿や経営理念を包含している存続領域を示す。
×オ 事業ドメインの決定は、特定市場での競争戦略に影響を受け、将来の事業領域の範囲をどう定義するかについて、企業が自らの相互作用の対象として選択した事業ポートフォリオの決定である。
×イウエオは、定番の企業⇔事業ドメインあべこべ。ウは×直接関連し→○直接関連せず、も直します。

〃Cランク:R2第11問 スリーサークルモデル(2回目)

次の文章を読んで、問題に答えよ。
企業Aは、前社長のBが30 年前に設立した株式会社であるが、Bが高齢化のため、すでに10 年前から同社の役員を務めていた長男Cが社長に就任し、Bは会長に就任した。会長としても、毎日出社して仕事は継続する。CはBが所有する株式をすべて買い取り、Cの持株比率は5 %から60 %になり、Bの持株比率はゼロになった。Bの妻Dも所有する株式すべてを長女Eに譲り、Eの持株比率は10 %から20 %になった。DもEも、社長の交代前も後も企業Aの役員や従業員ではない。また、Bとともに企業Aを支えていた家族以外の役員5 人も退社し、所有していた20 %の持株すべてを子供たち10 人に譲った。
ファミリービジネスのシステムを、「オーナーシップ(所有)」「ビジネス(事業)」「ファミリー(家族)」の3 つのサブシステムから成るスリー・サークル・モデル(下図参照)で表した場合、企業Aの社長交代前と交代後のB、C、Eのスリー・サークルにおける位置の変化を示す最も適切なものを下記の解答群から選べ。
解答と解説

R2「Ⅰ」舩坂酒造の隠れた題意がこの知識。過去問を単に皿回し⇔じっくり解き潰すの格差が、これから拡大な。

正解=○エ
当問はH30第11問からの再出題であり、当てなきゃいけないCランク。なおR2「Ⅰ」舩坂酒造で出題されていますが、現時点ではスリーサークルモデルを使わなくても合格答案です。

〃Dランク:R2第1問 VRIO分析

VRIO フレームワークにおける競争優位に関する記述として、最も適切なものはどれか。
解答と解説
×ア ある経営資源が数多くの企業に保有されていても、外部環境の機会を適切にとらえ脅威を無力化するものであれば、この経営資源は一時的な競争優位の源泉となる。
×イ 経営陣のチームワークや従業員同士の人間関係などの組織属性が経済価値を生み、希少性があり、かつ他の企業による模倣が困難な場合、この組織属性は企業の一時的な競争優位の源泉となる。
○ウ 組織内のオペレーションを他の企業に比べて効率的に行うことができる技術やノウハウが、業界内で希少である場合、模倣困難性を伴わなくても企業の一時的な競争優位の源泉となる。
×エ 他の企業が獲得できない経営資源が経済価値を持ち、業界内で希少である場合、その経営資源を活かす組織の方針や体制が整っていなくても、持続的な競争優位の源泉となる。
まともに考えても当たらないので、題意は表↓を使って覚えさせること。×イエは一時的⇔持続的があべこべ、アは×一次的な競争優位→○競争均衡(暗記不要)です。

〃Eランク:H30第11問 スリーサークルモデル(初出)

創業家とその一族によって所有、経営されるファミリービジネスの中小企業は多い。ファミリービジネスのシステムを、互いに重なり合う部分を持つ「オーナーシップ」「ビジネス」「ファミリー」の 3 つのサブシステムで表すスリー・サークル・モデルに関する記述として、最も不適切なものはどれか。
解答と解説

当問は誰にも当てさせないEランク。そして、初回Eランク出題→次回C→2次事例出題の、三段階モデルの好例な。

〇ア スリー・サークル・モデルは、経営理念の核となる家訓の維持を重視するファミリービジネスに適用でき、ファミリービジネスの限界が何に起因するのかを知るなど、個々のファミリービジネスで異なる経営の問題解決に有用である。
〇イ スリー・サークル・モデルは、直系血族の経営から従兄弟などを含む広い意味でのファミリービジネスへ変化していくようなファミリービジネスの時間による変化について、オーナーシップ、ビジネス、ファミリーの 3 次元から分類するモデルへと展開できる。
〇ウ スリー・サークル・モデルは、ファミリービジネスの 3 つのサブシステムに対する利害関係者の関わり方を表し、ファミリービジネスの中小企業に関わるすべての個人は、自らを 3 つのサブシステムの組み合わせからなるセクターのいずれか 1 つに位置づけて問題解決に関わる。
×エ スリー・サークル・モデルは、ファミリービジネスの合理的経営のための戦略計画とファミリー固有のビジョンや目標との間の適合を図り、コンフリクト回避のためにファミリーメンバーの継続的関与と戦略を並行的に計画させるモデルである。
〇オ スリー・サークル・モデルは、ファミリービジネスの中小企業に内在する複雑な相互作用の分析の助けとなり、企業内外の人間関係における対立、役割上の困難な問題を理解する際に、それらが何に起因するのかを知るのに役立つ。
エは×コンフリクト回避→○解決。こんな意地悪クイズ、当たる訳がありません。

今日のまとめ

ねぇねぇ、なぜ毎日しつこく「パクリんのパクリは禁止」?

それはあのゆとりスマホ脳は「わかってない」。パクリ宣言=持続的な競争優位(VRIO)を自ら否定しては、このさき一生勝ち目がないだろ?

そこで常にアレの真逆を。労せずして持続的な競争優位です。

すると、あの森の中の生命体は「1次」の題意をわかってない?

うん、ふぞリンの隣にパクリん=ヒヨコ喰い回避に群れるのは良くても、すぐノウハウを騙る「わかってない感」が。そのパクリを禁止するのが競争優位です。(100字)

暗記で伸びる夏が来た。
朝の跳ね起きついでにクリックを
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP