【経営法務】弁護士と知り合いになる資格

R3「Ⅰ~Ⅲ」口述対策×全根拠収録。 レイヤー×ブロックシート

口述試験で10分4問をスラスラ完答するデキる君は、与件をビジュアル化して右脳でイメージ記憶。筆記当選したら慌てずほほぅと眺め、足したい根拠があれば自分で加筆も。ギョーカイ最新・先端・最強の口述対策とは、もちろん完全無料で利用・改変・再配布も自由です。※パクリを公言する試験サークルを除く。


R3「Ⅰ~Ⅲ」口述出題可能性のある与件の全根拠を収録↑。2200DLの実績は伊達ではないです。

決め台詞:知り合いの弁護士を紹介しましょう

あれだけ勉強させて、’最後の仕事はこっちに寄越せ’。弁護士ってのはホントわがまま?

違うぞ。渡した以上の仕事を返してくれるのが弁護士先生。それは資格の相補効果が働くためな。

参考:弁護士⇔診断士には相補効果
弁護士診断士
①法務省経産省(中企庁)
②法律ビジネス
③基本的人権の援護オールラウンドな知識
④社会正義の実現GDPの成長
⑤社会のあらゆる分野ビジネスのあらゆる分野
⑥適切な予防や対処相談と助言
⑦勝ち負けがあるWin-Winがある
⑧本業企業内・複業
⑨現在ミライ
常に知識を更新合格さえすりゃ言い放題

コミュ障→コミュ強。弁護士と知り合いになる資格【経営法務】

そう。勉強家で弁が立つのが弁護士ならば、ちゃっかり・要領良く・図々しいのが診断士。一言でいえば’コミュ強’です。

❶「法務」の題意=図々しくなる。ベテがムキになる以外で3択

解説
  1. ベスト:塗りつぶし・ひたむき
    →予定通りの時間でハイスコアを叩き出す’要領の良さ
  2. ベター:虱つぶし・ひたすら
    →納得行くまでとことん暗記を
  3. マスト:鉛筆コロコロ
    →それでも出てくる超難問。2択に絞って最後はコロコロ。

「2次」のマス目にさえアツくなるベテは、「法務」に不向き。イコール「法務」苦手感を回避できれば、ベテ化する懸念はゼロ以下な。

❷ここ2年で急転易化。ネットのふっるい噂に騙されない

①年度別正答率:H28→30まで超難化。R1から一転易化

※単位:H28~R2「法務」出題マーク数

②領域別正答率:民法が難、産業財産権が易。ただし民法はここ2年で傾向変化
③誤答パターン別:主なパターンは3つだけ

❸難関民法は、最初か最後にまとめ解き

解説

民法は司法試験・公務員試験でも苦手にしがち。
①出題範囲が広い
②分野をまたがる作問
③改正論点が出る
④覚えた所がそのまま出ない

出典:LEC公務員Channel

そこで遠慮なく後回しにし、最後の余った時間で得意化します。

今日のまとめ

図々しく・要領の良いコミュ強へ。その第一歩が過去問の使い分け

この2年で難易度真逆に。こりゃ、過去問皿回ししかノウがない、ド苦学君への嫌がらせな。

いえ、H28~30の超難問をあと7年収録しないと許さない。同友館の情弱ビジネスへのペナルティです。

そう。診断士=ネットワーク型試験=コミュ障からコミュ強へ
法律のプロである弁護士さえ一目置くのが、診断士のビジネスコミュニケーション能力。年度の難度差さえ逆手に取る要領の良さが、その相補効果を加速します。(100字)

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■
試験の最新ミライをどうぞ。YouTubeではサイトコンテンツを先行配信中です。※音が出ます
合格体験記には業界標準。掲載先をあなたの好みで選ぶ時代に。

書くべき合格体験記の項目はどこでも同じ。周囲とお揃いはもう沢山、言いたいコトを好きに書かせろなあなたの分は、当サイトが喜んで掲載させていただきます。