この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

誤答はどこでどうボケる?【A~Eランク:法務(会社法)】

誤答のボケには定番パターン

そのボケに気づかず、試験にコケる?
ふぞリンパクリんの皿回しコントを避ける工夫が、サクラ受験特典=正誤表です。

誤答はどこでどうボケる?【A~Eランク:法務(会社法)】

法務(会社法)Aランク:R1第1問 会社法(機関)

正誤表

×→○
×イいずれの会社も2名以上合名会社のみ2名以上
×ウできないできる
×エ合同会社と合名会社合名会社
合同会社、合名会社、合資会社の比較に関する記述として、最も適切なものはどれか。
〇ア 合同会社、合名会社、合資会社のいずれの会社も、会社成立後に新たに社員を加入させることができる。
×イ 合同会社、合名会社、合資会社のいずれの会社も、社員は2 名以上でなければならない。
×ウ 合同会社、合名会社、合資会社のいずれの会社も、定款の定めによっても、一部の社員のみを業務執行社員とすることはできない
×エ 合同会社と合名会社の社員は無限責任社員のみで構成されるが、合資会社の社員は無限責任社員と有限責任社員により構成される。
○ア一択に。そこで×イウエの知識を覚えます↓
正解知識

特にABランクの誤答は、覚えさせたいトコからボケる。バツマル正誤=有利な理由です。

〃Bランク:R2第7問 会社法(設立)

正誤表

×→○
×ア有する有しない
×イ
×ウ
できるできない
取締役会設置会社における自己株式に関する記述として、最も適切なものはどれか。
なお、本問における株式会社は、監査役会設置会社であり、また、種類株式発行会社ではなく、定款において自己株式に係る特段の定めはないものとする。
×ア 株式会社は、その保有する自己株式について、議決権を有する
×イ 株式会社は、その保有する自己株式について、剰余金の配当をすることができる
×ウ 株式会社は、その保有する自己株式について、新株予約権の無償割当てをすることができる
○エ 株式会社は、その保有する自己株式を消却する場合、取締役会決議によって、消却する自己株式の数を定めなければならない。

バツをマルなら、1問あたり4つの正解知識に。作問係が尻尾を振って喜びます。

〃Cランク:R2年第5問 会社法(再編)

×→○
×イ手続きが終了していない~期間及び手続の終了後
×ウ種類を問わず当然にその全てを種類によっては自然に(一部NG)
×エ吸収合併新設合併
設問と解説
会社法が定める株式会社の合併に関する記述として、最も適切なものはどれか。
○ア 吸収合併消滅会社の吸収合併による解散は、吸収合併の登記がなされるまでは第三者に対抗することができない。
×イ 吸収合併存続会社は、債権者異議手続が終了していない場合においても、合併契約に定めた効力発生日に、吸収合併消滅会社の権利義務を承継する。
×ウ 吸収合併存続会社は、私法上の権利義務のほか、吸収合併消滅会社が有していた行政機関による許認可などの公法上の権利義務についても、その権利義務の種類を問わず、当然に、その全てを吸収合併消滅会社から引き継ぐ。
×エ 吸収合併における合併の対価は、株式に限られ、金銭を対価とすることはできない。
ここまで細かい暗記は要らず、×イウを語感(常識センス)で落とす設問です。イは×→○、ウは×→○。エは×吸収合併→○新設合併です。

〃Dランク:H30第1問 会社法(設立)

×→○
×ア直接無限責任間接有限責任
×ウ合同会社の場合にも(削除) 解説リンク
×エ合同会社の場合にも(削除) 解説リンク
設問と解説
合同会社は、当事者間で最適な利害状況を自由に設定することを可能とすることによって、事業の円滑な実施を図り、法規制による保護ではなく、利害関係者の自己責任による問題解決に委ねるという会社類型である。
株式会社と合同会社を比較した記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 株式会社の株主は、会社債権者に対して間接有限責任しか負わないが、合同会社の社員、会社債権者に対して直接無限責任を負う。
〇イ 株式会社の場合には、資本金を増やさずに出資による資金調達を行うことはできないが、合同会社の場合には、資本金を増やさずに出資による資金調達を行うことができる。
×ウ 株式会社の場合にも、合同会社の場合にも、純資産額が 300 万円以上でなければ、配当を行うことができない。
×エ 株式会社の場合にも、合同会社の場合にも、貸借対照表を公告しなければならない。
正答率Dになると、テキスト外知識に。付箋を貼って後回しにします。

〃Eランク:R2第2問 会社法(設立)

×→○
×アないある
×イ全員の2/3 (難)
×ウ一人が全員が
全員が設立時発行株式全株式
設問と解説
株式会社の設立に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 株式会社を設立するに当たって、株式会社の定款に、発起人の氏名を記載又は記録する必要はない
×イ 発起設立における設立時取締役の選任は、定款に別段の定めがない場合、発起人の全員の同意により決定する。
×ウ 発起人が複数いる場合、発起設立の場合には発起人の全員が設立時発行株式を引き受けなければならないが、募集設立の場合には、発起人の一人が設立時発行株式を引き受ければよく、発起人全員が設立時発行株式を引き受ける必要はない。
○エ 発起人は、現物出資について裁判所選任の検査役の調査を経た場合、現物出資者又は当該財産の譲渡人である場合を除き、現物出資財産の不足額填補責任を負わない。
誤答×ウに注目。マルに直して読んでも「?」マークな、難問知識です。

今日のまとめ

誤答のボケ方ワンポイント

  1. どこでボケ? →教えておきたい重要知識。特に範囲が広い「法務」は過去問を先に解き、出た所から覚える。
  2. どうボケる? →まず主語・述語・目的語・形容詞のどれか。最後に長文因果の捻りを覚え、国語力を同時にUP。(100字)

「1次」は知識、「2次」で国語を競う試験。同じ受けるなら、「1次」の内に知識×国語をWで鍛えにゃ損です。

それすら知らない皿回し=ふぞとパクリのパクリは禁止
「1次」準備が一月延びると、スト合格候補の上位層はバツをマルに直して国語を伸ばす。そこで2年目組は正誤表で正しい知識を読み直し、負けずに国語を鍛えます。(100字)

ふぞ発売で戦いスタート
これまでと違う勝負はここから
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP