" />
ふぞろいが反面教師で、ノウハウ全面禁止。増枠時代の試験のミライを先取りします。

【総まとめ(終)】「経営法務」は誰でも苦手

「経営法務」は誰でも苦手。

それは、細かい知識や長文国語の選択肢が頻出することに加え。 選択肢が巧みに作られ、正解を1つに絞りにくい。
ひどい時には、解説を読んでも意味不明。

いやでもちょと待て。「経営法務」と「2次」筆記は、「少しオトナの国語の試験」である所が共通点。

そこで正答率A→B→Cと順に追い、どう難しくなっていくかを見ておきます。

【総まとめ「法務」】

1⃣会社法他

2⃣産業財産権他

今日のまとめ

「経営法務」は、少しオトナの国語の試験(OJT)。
そして「2次」筆記も、少しオトナの国語の試験。

「法務」と「2次」は、国語の試験である所が共通点。そこで周囲が苦手な「法務」を得意化すると、意外な所が「2次」の競争優位に。

【2018年合格目標】の「1次」記事はこれで完結です。そこで僭越ながらラストメッセージを。 「1次」試験は7科目の暗記試験。
そこで「2次」に使う知識は繰り返し覚えて長期記憶化、
「1次」専用知識は直前に丸暗記し、試験後にはポイっ。

知識を長期記憶化すると一生忘れない。従い模試420点クリアの方が本番420点を下回ることはなく、手を打っておくのは「足切り40点」リスクのみ。よって「1次」は200%勝ち逃げです。

さて明日の記事は、「予備校ソムリエ」氏による「2次」テキストの辛口評価。「2次」の200%抜け駆けは、明日から本格スタートです。

ふぞを反面教師にノウハウ全面禁止
1,500人増枠時代が待ったなしです↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP