【総まとめ(終)】「経営法務」は誰でも苦手

世の中【これから】、キラキラ★ブームに。そう聞きつけ、2月限定のサイトタイトルを用意しました。
可愛らしい絵柄につられてウマ娘を眺めると、課金システムから攻略法までいろいろ納得。同じく超巨大「2次」受験人口が爆誕した当試験では、無料から課金まで好きなガチャを選べます。

「経営法務」は誰でも苦手。

それは、細かい知識や長文国語の選択肢が頻出することに加え。 選択肢が巧みに作られ、正解を1つに絞りにくい。
ひどい時には、解説を読んでも意味不明。

いやでもちょと待て。「経営法務」と「2次」筆記は、「少しオトナの国語の試験」である所が共通点。

そこで正答率A→B→Cと順に追い、どう難しくなっていくかを見ておきます。

【総まとめ「法務」】

1⃣会社法他

2⃣産業財産権他

今日のまとめ

「経営法務」は、少しオトナの国語の試験(OJT)。
そして「2次」筆記も、少しオトナの国語の試験。

「法務」と「2次」は、国語の試験である所が共通点。そこで周囲が苦手な「法務」を得意化すると、意外な所が「2次」の競争優位に。

【2018年合格目標】の「1次」記事はこれで完結です。そこで僭越ながらラストメッセージを。 「1次」試験は7科目の暗記試験。
そこで「2次」に使う知識は繰り返し覚えて長期記憶化、
「1次」専用知識は直前に丸暗記し、試験後にはポイっ。

知識を長期記憶化すると一生忘れない。従い模試420点クリアの方が本番420点を下回ることはなく、手を打っておくのは「足切り40点」リスクのみ。よって「1次」は200%勝ち逃げです。

さて明日の記事は、「予備校ソムリエ」氏による「2次」テキストの辛口評価。「2次」の200%抜け駆けは、明日から本格スタートです。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■
試験の最新ミライをどうぞ。YouTubeではサイトコンテンツを先行配信中です。※(PCからの視聴のみ)音が出ます
ふぞろいブログはなぜ毎朝ヤル気がゼロ以下? その説明が、「相手の時間を奪う」使用者側のマーケの基本と、「稼ぎの悪い」奴から1年で使い捨てるギョーカイ側の事情です。