ふぞろいが反面教師で、ノウハウ全面禁止。増枠時代の試験のミライを先取りします。

【3年ふりだし組】マーケの心理学を学び、競争相手をコロコロ手玉に:「1次」スピテキ(Ⅱ)

野郎共、見たか昨日のザ・ラスト長文ポエム。あの手は翌年もサークルに粘着するから、見掛けたら生かして帰すな。

イマ読み手の関心は、①努力してなぜ8割落ちる ②なぜふぞでも2割で受かるの2つ。くじ引きを否定したら、来年の勝負の土俵にすら上がれません。

こらこら。あの日本一下品な顔したネイリストとの悪夢のコラボが、今年の当落に何か一つでも役に立ったか?寝言を言うのはそれからです。

クニヒコのダナドコは要らない子

画像:SoundCloud ※環境により音が出るので注意

要らない子
作品などで存在感がない、または必要ないと思われるキャラクター。

出典:pixiv百科事典
訊かれたことに答えれば、合格させる口述試験
その時、緊張・ド忘れ・しどろもどろで面接係を辟易させるのがふぞ先輩とすれば、2分×4問を立て板に水で話しきるのがまとめ派です。

【3年ふりだし組】マーケの心理学を学び、競争相手をコロコロ手玉に:「1次」スピテキ(Ⅱ)

邦彦の作問にしては、R2はチャネルの知識(第2問)で良く頑張った。でも共創(第3問(2))にせよ体験型(第4問)にせよ、目新しさゼロ以下のありきたりなマーケ知識で、くそろいなキーワード詰込みレース以外に来年何をどう勉強すれば良いかが全く不明だ。

そりゃスモールビジネスマーケも悪くないけど、中小企業が本当に知りたいのはライバル大企業がどんなマーケをするかの手の内な。

画像:SUPERNOVA

クニヒコはそこがわかってない。少なくとも来年も出題係を続けたいなら、まともな点差がつく作問をするトコから出直しです。

そう。例えば「毛筆のお礼状」なんてクソな知識を未だに珍重しくさる、多年度ベテは分かってない上に使えない。そこで今日もスピテキの冒頭部分を使い、マーケの基礎を再確認です。

1⃣-1マーケティングのコンセプト

“マーケティングとは何か。一般には、販売活動やプロモーション活動などのモノを販売するための具体的な活動のことであると考えられることも多い。しかしながら、本来のマーケティングは、より広い意味をもった概念的なものである。
(中略)その答えは時代とともに異なることになる。なぜなら、企業が市場に対してどのように考えて働きかけるべきであるかは、100年前や50年前と現在ではまったく異なるからである。”
出典:スピテキ
画像:NEWSPICKS

マーケティング3.0や4.0では、要するに「押っ付ける」→「選ばせる」ことが顧客満足。パクリ推し一択のれんはわかってないが、バトンは変なトコだけ当てて来やがる。

1⃣-2マーケティングマネジメントプロセス

“P.コトラーは、マーケティングマネジメントプロセスを、①市場機会を分析し、②標的市場を選定し、③マーケティングミックス戦略を開発し、④マーケティング活動を管理していく、という流れであると定義している。”
出典:スピテキ
画像:ferret

マーケとは、所詮ヒトにモノを売りつける心理学。コトラー様が1990年代に提唱したSTPマーケがベストである以上、「事例Ⅱ」作問を何年やってもダナドコ止まりです。

マーケの4P 2⃣-1 Product

“製品とは、特定のニーズや欲求を充足する興味・所有・使用・消費のために市場に提供され得るすべてのものを指す。それは、物理的財・サービス・人間・場所・組織・アイデアを含んでいる。”
出典:スピテキ
画像:フルスロットル

ほう。Productの論点の中で、一番おっもしろいのはブランド。本来これだけで一年オカズが食えるな。

2⃣-2 Price

“価格は、企業内外の影響要因について考慮したうえで、一定のプロセスを経て設定される。また、企業目標や戦略によって価格政策や設定法も異なってくる。”
画像:ferret

アフターコロナで生き残るには、欲しがる人には高く売りつけ、そうでない人にはそれなりに。そしてクニヒコの欠点は、いっまだに価格競争回避一点張りなコトです。

2⃣-3 Place

“チャネルのもつ機能を十分に引き出し、マーケティング目標を達成できるようなチャネルを設計するには、標的市場、購買者の購買行動、既存のチャネルの特徴、他のマーケティングミックス要素などを考慮しながら、チャネルの長さと幅についての検討を進めなければならない。チャネルの長さ、すなわちチャネルの段階数は、介在する卸売業、小売業の数によって決まる。”
画像:インテージ

注目論点としてはオムニチャネル。だが情弱なクニヒコが作問できるのは、ごっく一般論なR2第2問か、または商店会の身内同士のショボイ協業コラボな。

2⃣-4 Promotion

“プロモーション戦略の展開は、消費者や中間業者(卸、小売)などに対するコミュニケーション活動であり、マーケティングコミュニケーションともいう。ここではプロモーション手法の組み合わせである、プロモーションミックスについて見ていく。”
【プロモーションの4手法】
広告・パブリシティ・人的販売・販売促進
画像:INFOHUB

価格もチャネルも強くない、情弱なクニヒコが作問できるのは、せいぜい販促プロモーション。4手法の定義&メリデメ位は覚えとけ。

【関係性マーケ→RFM分析】
画像:SPinno

3⃣-1 サービスマーケ

“サービスマーケティングとは、無形財であるサービスを対象とするマーケティングである。原則的な考え方は有形財のマーケティングと同じだが、サービス財ならではの特性をふまえたマーケティング対応が必要になる。”
画像:DIAMOND Online

サービスマーケの理論といえば、いっちおう7P。だが「Ⅱ」で問われるのは、良くて大学1~2年の教養課程レベルのショボイ知識な。

2⃣-2関係性マーケティング

“1990年代以降、従来型の4Pマーケの限界が指摘され、インタラクションによる社会との関係を重視する関係性マーケティングへのパラダイムシフトが起こっている。これには、市場の成熟化、消費者ニーズの多様化、流通における大規模小売業者の台頭、社会的コミュニケーションの必要性増大といったことが背景としてある。
(中略)近年の情報通信技術の飛躍的な発展により、さまざまなマーケティング手法がより効率的・効果的に関係性マーケティングとのかかわりで取り組まれている。”
画像:Japaneseclass

新規獲得にはコストがかかる。そこでボラれ好きの金持ちを見つけたら、ケツ穴の毛までむしるのが関係性マーケです。

逆に、年1,200人の新入生を迎える当ギョーカイでは、一年経ったふっるいヒヨコは使い捨て。のれんバトン先輩の様に悪目立ちすると、ハナもひっかけられません。

今日のまとめ

ごっく基本のマーケ知識

そう、①「2次」足掛け3年で試験合格が目的化した挙句、②勤務先で相手にされない憂さ晴らしに受験生のみなさん!に月2回マウントする長文ポエムおじさんは、③マーケティングのイロハのイすら、わかってない。(99字)

その基本とは期待不一致モデル。事前の期待を結果が上回ると、支持を集めるぜ。

その逆に、「ボク達が考えたノウハウ!」に結果が伴わないと、支持者の失望と怒りを買います。

クニヒコのダナドコに使うマーケ知識など、ブログ1記事でカバーできる程度に過ぎない
にも拘らず「2次」通過に3年費やす恨みを「ボク達のノウハウ!」にすり替え、信者を8割ショボンにさせる姿勢は感心しない。(100字)

そしてマーケティングを突き詰めると、相手に売りつけるための心理学。そのココロをきちんと理論から押さえれば、①当試験ではなぜ努力しても8割落ちる ②ではなぜふぞでも2割は受かる。そんなくじ引き試験の謎さえ、意外とスラスラ解けるものです。

ふぞを反面教師にノウハウ全面禁止
1,500人増枠時代が待ったなしです↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP