【5年前の2次】過去記事使って「事例Ⅱ」

R3「Ⅰ~Ⅲ」口述対策×全根拠収録。 レイヤー×ブロックシート

口述試験で10分4問をスラスラ完答するデキる君は、与件をビジュアル化して右脳でイメージ記憶。筆記当選したら慌てずほほぅと眺め、足したい根拠があれば自分で加筆も。ギョーカイ最新・先端・最強の口述対策とは、もちろん完全無料で利用・改変・再配布も自由です。※パクリを公言する試験サークルを除く。


R3「Ⅰ~Ⅲ」口述出題可能性のある与件の全根拠を収録↑。2200DLの実績は伊達ではないです。

事例Ⅱは当意即妙

意 味: その場その場に応じて機転をきかすこと。また、その場の雰囲気に合わせて、すぐさま気のきいた言動をすること。

事例Ⅰが明鏡止水とするなら、事例Ⅱは当意即妙。相手(試験委員)の言い分にただ頷ずくだけでは物足りず、散らかった根拠を整理し、

ではこうしたらいかがでしょう?

と当意即妙に提案する所までが解答要求範囲。

事例Ⅱは楽しい

知らなくて損することはあるが、 知ってて損することはない。

多くの人がファイナルペーパーにメモ済の通り、事例Ⅱは楽しい。

①知識のフレームワークを使い
②自らのマーケティング知識を活かし
③自らのアイデアを提案してOK
さらに、
④マス目長短に合わせ、記述力駆使して文章を伸縮自在

これだけ知識欲を満たしてくれる試験は、他に類を見ない。

試験合格目指し、
受験校の講義を受け、
事例を解き重ねると。

他では得難いマーケ知識やフレームワークが、自ずと身に着く。

事例Ⅱ本試験は、受験生の予想を毎年遥かに凌駕する良問揃い。鍛え上げた実力の下、来週そんな優れたケース・スタディに出会うと思うと、今からワクワク。

【5年前の2次】過去記事使って「事例Ⅰ」

事例Ⅰ・Ⅲとの違い

市場変化は早いから、既存知識類推で解答できる事例Ⅰ・Ⅲと要区別。
既存知識枠に沿う根拠を探すより、大事な根拠をどこに使うかを重視。

【事例Ⅱ】自分よりまず相手??
事例Ⅱ 素直にやれば大丈夫

フレームワークで時間短縮

とはいえ只でさえ忙しい事例Ⅱ。
2つの手持ちフレームワークを活用し、解答時間短縮。

①思考のフレームワーク
3C・4P・PDCAなど
状況整理や思考のモレをなくすのに便利。
【事例Ⅱ】過去問から学ぶ (解答要求)
【スト生向け2次対策】事例Ⅱへの対処
企業経営理論:2次を意識した学習法 (4P)
事例II: 気宇壮大な主演女優+α

②記述のフレームワーク
→「ひな形」を意味し、工程/時間短縮に有利。実用例はIT業界
【事例Ⅱ】必見!新規事業の解答フレーム

マーケティング知識

思考フレームワークを固めたら、次はその枠内に必要知識を詰め込む。

【事例Ⅱ】魅力あるB社はCRMから (CRM)
事例Ⅱ:多すぎる根拠に大忙し
その他マーケティング知識

記述力

事例Ⅱのもう一つのハイライトは、字数×配点の千変万化。
なぜそうなのか+ではどうするかを読み解き、
編集ゲームを楽しむ位の気持ちで臨む。

編集力で差をつける
得点を安定させる「ストラックアウト戦術」
【2次道場】論述対策:採点者に伝わる解答を書くトレーニング
事例Ⅱ:配点のバラツキと時間配分

今日のまとめ

後で解いてみるとわかるのですけど、「事例Ⅱ」は解いて楽しい。

  • 実在企業のモデルがあるとされる。
  • 一企業の枠を超え、商店会や町おこしに携われる。
  • そこでは奇手妙手でなく、4P、STPなどごく基本のマーケティング知識が問われる。
  • だが、ちゃんと実力通りに点差が開く工夫あり。

「事例Ⅱ」は解いて楽しい。でもつい楽しくて、気づいたら石の上に2年3年・・な事態は避けたい。だって、机上の勉強(Off-JT)も大事だけど、実際のビジネスの現場(OJT)の方こそリアルで最新なのだから。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■
試験の最新ミライをどうぞ。YouTubeではサイトコンテンツを先行配信中です。※音が出ます
合格体験記には業界標準。掲載先をあなたの好みで選ぶ時代に。

書くべき合格体験記の項目はどこでも同じ。周囲とお揃いはもう沢山、言いたいコトを好きに書かせろなあなたの分は、当サイトが喜んで掲載させていただきます。