試験の時流に従えば「TACの解き方」を使うことが賢明で、7月末で【Ⅳ猫60点】クリアをすれば「2次」のバトルもグッと有利に。6月開講に先立ち、5/29(水)20:30~前夜祭(ガイダンス)を実施します。※受付は追って開始

K事例Ⅳ

【TAC Ⅳの解き方】Ⅳの楽勝60点 / 正しい解き方はいつもひとつ

診断士受験のⅣの解き方、教え方は間違いだらけ

①会計=全員の答を1つに揃えるビジネスルールであり、②正しくない解き方と間違った答を覚えるから遠回りになるだけで、③基礎を固めて積み上げれば猫でも60点取れる。(100字)

全員が同じ答になる、正しい解き方はひとつ。そして正しい学び方もたったひとつです。

ベテニーズに応えⅣは年々超難化
強い刺激を求めてイケカコ始め超難問を好む万年ベテに対し、②正しい教え方では基礎から積み上げる組み合わせで作問する結果、③超難問を量産し万年ベテにやりがいを供給するのがⅣ。(100字)

電卓パチパチでコツコツ解くからノロマなベテに。そうでなくエクセルでスラスラ全問解くとこうです↓。

TAC 事例Ⅳの解き方 全エクセル解説

2022/7月発売の「Ⅳの解き方」が大幅改訂され、2024/4月に第2版として発売。第2版から買えばそれが最新で、第1版をお持ちなら比較してどこが最新かが一目でわかる。それをエクセルで納得するのが最新で先端の「最も正しい解き方」です。

経営分析は収益・効率・安全性から1つずつでは・・?
①そのTAC解説の裏をかくR4生産性指標出題が賞賛されるのは、②人口減&
GDP浮揚には生産性向上が不可欠
と説きつつ実質没問とし、③生産性の低いベテ勉回避も両立するため。(100字)
CVPを方程式で解く・解かせる大間違い
①現役受験組にCVPを与えると100人中100人が方程式で解くのは、②黒板板書で教えた旧弊スクール指導の名残で、③ビジネス上はエクセル利用とすら知らないのが当試験の間抜けな常識。(100字)

裏話:CVPは方程式で説明しないとクレーム続出
簿記を含むどのテキストも方程式で説明するのは座学&電卓パチパチ前提なためで、お勉強⇔実務が乖離した最も悪いお手本に。

NPVやCIF苦手化の理由=わかってない自己流
①NPVの論点は初期投資額+CIF算定+WACCで割引の3つなのに、②教える=教わる両方がわかってないため理解がスレ違い、③関数式で答がピタリ一致するエクセル解説がその抜本解決策に。(100字)

Ⅳの本番は電卓だから? でもビジネス力UPにエクセル不可とは誰も言ってねぇ。

「Ⅳ」過去問計算問題エクセル
「Ⅳ」過去問計算問題エクセル

2023/11/12更新
4年連続NPVの正答率Eランク嫌がらせ宇宙語問題(R2第2問、R3~5第3問)のエクセル解説を追加しました。
エクセルを使えば確かにこうなるのはわかるが、電卓80分で解ける訳がない。そう腹が据わると、Ⅳ過去問の解き方が変わります。

今日のまとめ

Q
資格勉強=与えられた過去問&解法に疑問を持たず覚えようとするから、おベテがムキになるほどⅣB評価。そうでなく知識を「使う」意識に切り替えれば、猫でも電卓捨ててエクセル利用?
A

お受験ベテが全面的に足りないのは時間ではなく、古い常識を一掃する創意+工夫。習ったⅣ知識をビジネス上で「使う」なら、エクセル一択です。

■■ここからテンプレ■■

-K事例Ⅳ

PAGE TOP