読みにくいキーワードを詰めんじゃねーよ(by 採点係)。そんな得点開示の行間を読みたい時は、2/8(水)21:00持ち寄りカンファにGOです。

K事例Ⅳ

【業界で一番正しいⅣ対策】うっかりハマると/ドングリコロコロベテループ

スコア開示やⅣ難化の度に息を吹き返す亡霊問題集?

①試験合格の目的化=これからのビジネススキルを培う趣旨を履き違え、②Ⅳの傾向が変わる度にベテが右往左往し、③1年どう暇を潰すか悩んで辿りつくのがイケカコ。(100字)

世の経済構造はモノ→コト消費に急速シフト。そもそもテメエのキャリア上、取替投資や線形計画法が必要か、議論するならそこからな。

時代錯誤なイケカコ解いても5人に1人は合格
①ただその内容は工場の会計係や監査人といったプロ向けで、②あの無愛想解説に好感共感する方が至難の業で、③仮に役立っても普通の人類なら他人に薦めてはいけない悪書。(100字)

アナクロ問題集の存在~原価計算基準(1962年)
原価計算基準は日本の高度成長を支えた1962年以来改訂がなく、時代錯誤のイケカコでも実は改訂なしにまだ使える。

そうかといってあんなヘタクソ問題集を一年やると、答を覚えて頭は固く、国語はさらにヘタクソへ。

ベテの暇つぶしでなくビジネスに役立つのは簿記2級
①初学150hで受かる診断士に簿記不要は当然ながら、②人気低下や受験者減に喘ぐ簿記での2級受験は広く歓迎され、③逆に計算重視で理論軽視なベテには嫌悪感しかない。(100字)
会計士(USですが)の視点で発言すると
①産業構造変化やAI化で財務諸表を作る簿記人口は減少し、②逆にデジタル化で数値を使うニーズが増える中、③互いに連携する時の共通言語として簿記2級受験者が増えると嬉しい。(100字)

近年の1次「財務」難化や「Ⅳ」の簿記回帰は、作問係の簿記愛が募ったものと思われますが、超難化のR4「Ⅳ」はやり過ぎです。

今日のまとめ

ところで診断士「2次」を一度受験し、学習習慣やそのコツを掴むと、ネット簿記2級は100hあれば合格できます。
Q
なんだ、結局は宣伝か。いいよ、オイラはイケカコやるから。
A

こらこら、それにうっかりハマると答を覚えてよせば良いのにベテループ。それより簿記2級が主催側に好まれるのは、会計視点で立証済です。

■■ここからテンプレ■■

-K事例Ⅳ

PAGE TOP