【本日zoom見学受付】15分で30点取る経営分析(30分無料講義)

「答案の作り方」からうっかり入ると「ふぞろい」。 そこで「高スコア答案」の書き方を先に学んで「おそろい」正解が決まる「Ⅳ」を使い、採点係に好かれるコツを今夜21:00〜のzoomで無料解説です。

デジタルに数字が割り切れる「Ⅳ」では、全ての悩みが一切不要

例えば「Ⅳ」経営分析で与件と指標計算どちらを先に? そこに悩む必要などなく、与件派7人:計算派3人。それは一般的な受験者は与件を先に読んで根拠を重視する「べき」で、逆に経理や金融業など「BS読めば企業がわかる」方なら、(極端には)与件を読まずに答を書けるため。

昨年当選1,600名のほぼ全員が満点と言われる経営分析。イマドキ電卓パチパチなどしたら、時間はかかるはミスするは。イイコトなんて一つもねぇぞ。

経営分析を猫でも満点にするため、指標選びは複数正解に
そして当試験=初学優遇の前提だからⅣ猫60点になり、経営分析は点差をつけない。そこで上3つの指標をデフォで書いても、余程の場合以外は×にはならない。(100字)

誤解は良くないので念のため。最初からこの3つを書くと決めておき、「明らかに数値が違う」「与件根拠と合わない」時だけ別指標にスイッチです。

TAC「Ⅳの解き方」を入手後、必ず最初に着手するのが経営分析
このとき、計算問題集はP.1から順に飛ばさず解くことが前提。そして経営分析では最初に指標の定義・計算を学び、次に設例で60字マス目の書き方を教わる。(100字)
数字で正解が一つに決まる「Ⅳ」→正しい手順のマスト&ベストも一つに決まる
そこに同友館ノウハウ程度が口を挟む余地などゼロ以下で、指標はショートカットで計算してOKで、60字マス目はA→B、B→Cの因果を丁寧に書く。(100字)
中小企業庁公式:経営分析をエクセルで解く技術
上の図↑は①当カンファ用に中小企業庁会計ツール集を拝借し、②BSPL入力すると主要指標&比率をショートカットで自動計算し、③さらにCF計算書も作るオマケ付きです。(100字)
デジタル経営分析 with CF計算書エクセル

診断士受験ギョーカイでまず知られていない、「CF計算書とは2期BS+PLから作る」こと。そこで第1問経営分析(前期比パターン)を使い、CF計算書を自動作成するツールを用意しました。
中小企業庁「会計ツール集」を一部改良。

今日のまとめ

Q
経営分析出題2パターンのうち、「前期比」=2期BS+PLタイプは、CF計算書も同時に出題できる。そんな当たり前すら知らない超遠回りが、例の出版D社のノウハウ問題集?
A

Ⅳ猫60点の前提=経営分析は涼しい顔で30点。どうせ満点なら時間かけるだけ無駄じゃね? 今夜の30分無料講義でご実感ください。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

ふぞろいではない「キレイな答案」を互いに見せ合い。これから毎週土曜開催で、本物採点基準≠ふぞ採点と気づいたらどうぞいつでもお越しください。 →参加受付はこちら
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。