【TAC事例Ⅳの解き方】数字に強けりゃ試験は受かる

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■
資格試験にはそれぞれクセがあり、コツを掴むとスルスル一発合格へ

当サイトの隣に居るベテ&たまたまちゃんによる詐称一発合格コント、あれは一から十までわかってない。①試験を一度で卒業するには、②試験で問われる所を真面目に鍛え、③スコアのブレを無くす一択に。

スコアのブレをなくす第一歩が「Ⅳ」の強化で、体系的だから納得、誤植がないから安心。安心のTACブランドから「事例Ⅳの解き方」が新発売です。

「Ⅳ」対策のベストと誉の高いTACの赤本。それをコンパクトにして格安2,600円(税別)で新発売
そして初級→中級(2次事例Ⅳ特訓 税込40,000円)→上級と品揃えできるTACの総合力は、誤植だらけのD社「Ⅳ」対策本とは大違いに。
入門「事例Ⅳの解き方」で知る→作問姿勢は初学優遇
歴代過去問の解き方をひたすらヘタクソに教えるD社某書との差。それは基礎問題+応用問題(講師の丁寧な解き方付き)で集客し、物足りない方は40,000円の講座にどうぞ。(100字)
初学優遇=基本の重視。難しすぎる過去問との差の埋め方が当落のカギに
作問上、計算力より基礎や理論を重視するのは時流のニーズ。そして第1問経営分析、第3問取替投資〜企業価値の説明の充実ぶりには目を見張る。(100字)

今日のまとめ

初学優遇の波に乗ってみないか? 8/11(木)zoom無料解説開催
新作「Ⅳの解き方」は基本重視で、応用問題につけた講師による丁寧な解説がウリ。当サイトはさらに全問の解き方をエクセルで示し、これで「Ⅳ」は猫でも60点へ。(100字)
TAC 事例Ⅳの解き方 全エクセル解説

TAC「事例Ⅳの解き方」では、従来40,000円の有料講座のオプション教材とほぼ同等の内容が、わずか2,600円(税別)のお買い得でびっくり。そしてエクセル解説がすぐ手に入るスピード感で二度びっくりです。

Q
そうか、TACの新作問題集「事例Ⅳの解き方」では、講師の解き方を丁寧に紹介。こりゃ9,000人の爆誕市場を一気に本気で取りに来た?
A

そして世の中、先に言ったもん勝ちのスピード競争へ。8/11(木)の「Ⅳの解き方無料講義」、同じく8/1からの受付開始のお知らせ動画を用意しました↓。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。