【R3「財務」100点解説速報】易化の理由と「Ⅳ」対応

R3「Ⅰ~Ⅲ」口述対策×全根拠収録。 レイヤー×ブロックシート

口述試験で10分4問をスラスラ完答するデキる君は、与件をビジュアル化して右脳でイメージ記憶。筆記当選したら慌てずほほぅと眺め、足したい根拠があれば自分で加筆も。ギョーカイ最新・先端・最強の口述対策とは、もちろん完全無料で利用・改変・再配布も自由です。※パクリを公言する試験サークルを除く。


R3「Ⅰ~Ⅲ」口述出題可能性のある与件の全根拠を収録↑。2200DLの実績は伊達ではないです。

R3「財務」易化の理由と「Ⅳ」対応

易化で噂のR3「財務」。試しに問題もらって解いたら100点取れた。

うん。過去問10数年分の答を覚えた評論ベテでも、100点取るのは稀
ではなぜこう易化し、すると今年の「Ⅳ」作問がどう進化? 目先のスコアの一喜一憂などより、ミライを当てる解き方の’解説速報’をどうぞ。

R3「財務」100点解説速報【易化の理由と「Ⅳ」対応】

★★:「事例Ⅳ」対策上、マストで解く問題
★:〃、解いておくのがベストな問題

計算問題 分数パターン

★★R3第10問経営分析 (1)予想B (2)予想Cランク
「Ⅳ」経営分析の練習用に、解き直しを。

計算問題 タイムテーブルパターン

★R3第3問減価償却・除却損 予想Bランク
減価償却が定率法になる時は、ミスがないように検算を。
★★R3第19問 投資案の選択(NPVとPI) 予想Bランク

収益性指数=Purchase Index法です。今年は出ませんが、「Ⅳ」出題可能性も。

★R3第21問企業財務論 予想Dランク

事例Ⅳの穴論点、企業価値&配当割引モデル(定率成長)からの出題。当サイトも選択肢がないと正解できません。興味がある方は細かく復習を。

計算問題 ボックスパターン

R3第7問 個別原価計算 予想Bランク
簿記2級・個別原価計算の基本問題です。「Ⅳ」では出ないので、苦手な方はパスOK。

R3第8問 標準原価計算(差異分析) 予想Bランク
簿記2級の基本定番問題。ボックス図を描いて処理しますが、「Ⅳ」でそのままは出ないので、苦手な方はパスでOK。

R3第13問 現金勘定(資金繰り表) 予想Cランク
簿記3級の入門問題。これを発展させると「Ⅳ」出題可能性のある’資金繰り表’になりますが、このレベルなら簿記の勘定・仕訳を書ければOK。

R3第15問 ★WACC 予想Cランク

計算がやや煩雑ですが、選択肢があるので大丈夫でしょう。

R3第18問 ★★予測税引後CF 予想Bランク

当サイトは簿記で教わる’税引後CIFボックス’で図示しますが、簿記未習の方へのウケはよくない。自分流のやり方で構いません。

計算問題 グラフパターン

R3第23問 プットオプション 予想Cランク
正解(エ)
プットオプションの売りを訊かれることはまずないため、慌ててドボンした方は要注意。
グラフ+理論で簡単に解けるので、「Ⅳ」で60点を取りたければ、今の学習スタイル(答を覚えてしまう)をイチから見直します。

②目的語(用語入れ替え)

R3第1問BS・PL作成 予想Bランク
×→○
×ア控除←売上を減額すること(戻り・値引・割戻)
×イ値引←「負ける」こと。売上を減額
○ウ売上(営業外費用)
×エ割戻←リベートのこと。売上を減額
値引・割引・割戻は、俗に’売上三兄弟’と呼び、簿記の頻出論点です。

R3第2問BS・PL作成 予想Bランク

×→○
×アA支店 / B支店←貸借が逆
○イB支店/A支店
×ウ買掛金 / 当座預金←支店勘定を使っていない
×エ現金 / 買掛金←〃。これは買掛を回収した仕訳
例年難問が多い本支店勘定にしては、驚くほどの易問。今年の易化の代表例です。

R3第4問会計規則 予想Cランク

×→○
×ア(自己創設のれん)取得原価となる計上は認められない
×イ5年会計は20年、税務上は5年
×エ(負ののれん)特別損失特別利益
R2「Ⅳ」サプライズ作問からの再出題。エを選んだ方は相当なうっかりさんで、×損失→○利益です。

R3第5問会計規則 予想Cランク

×→○
×ア貸倒引当金←評価性引当金
○イ修繕引当金←非債務性引当金
×ウ商品保証引当金←債務性引当金
×エ退職給付引当金←債務性引当金
ヒサイムセイ引当金? 初見の用語に慌てず、なんとなく正解○イを選んだ方は自信を持ってOK。「2次」ではこのなんとなく当てる語感がスコアの差になります。

★R3第9問CF作成 予想Bランク

×→○
○ア売掛金の減少←営業CFの+増加
×イ仕入債務の減少←営業CFの△減少
×ウ棚卸資産の増加←営業CFの△減少
×エ長期借入金の減少←財務CFの+改善
CF計算書のド定番問題です。

R3第11問原価計算 予想Cランク

×→○
×ア役務原価←PL項目は×
×イ役務収益←PL項目は×
×ウ仕入←PL項目は×
○エ仕掛品←原価計算の基礎知識
原価計算が既習の方なら○エ一択に。費用収益対応の原則により、費用⇔売上を対応させるのでアイウは×です。

R3第12問 損益分岐点分析 予想Cランク

×→○
×ア損益分岐点比率の逆数1-損益分岐点比率
×イ変動費率限界利益率
○ウ(正解)
×エ損益分岐点売上高に目標利益を加算(固定費+目標利益)を限界利益率で除算
ド定番CVPの知識問題です。やや細かいひっかけなので、誤答しても間違い箇所を覚え直せばOK。

R3第14問 資金調達 予想Bランク

×→○
×ア直接金融に分類資金調達の効果はない
×ウ間接直接
×エ負債に計上されるので間接金融負債・純資産の区分にかかわらず直接金融
定番の理論問題です。

R3第17問企業財務論 予想Cランク

×→○
×ア生じない
低下
一般に割高
上昇
×ウ影響を受けない(信用リスクにより)上昇する
×エ存在する存在しない
MM理論は結論だけ覚えて当てます。最適資本構成が「Ⅳ」に出るのは、まだもう少し先でしょう。

R3第20問 市場ポートフォリオ・効率的フロンティア 予想Cランク

×→○
×ア安全資産より期待収益率の高い同一リスクで低リターンの部分を除いた
×ウ最小最も妥当
×エ与える与えない
いつもの図があれば瞬殺ですが、文章題では理解度が問われます。

③述語(結論あべこべ)

R3第16問企業財務論 予想Bランク
×→○
×ア純資産が減少する
下落
1株当たり純利益が増加
上昇
×イしなければならないする定めはない
×ウ自己資本株式の取得価額
×アイは結論あべこべ、×ウは目的語入れ替えです。
R3第22問 株式指標 (1)予想A (2)予想Cランク

(設問1)AB
○ア加重平均資本コストDCF
×イ加重平均資本コスト IRR
×ウ自己資本コストDCF
×エ自己資本コスト IRR
○ア一択です
(設問2)CDE
×アファンダメンタルEPSBPS
×イファンダメンタル PERPER
×ウマルチプルEPS BPS
○エマルチプルPER PER
DEは決まるので、イエの2択に絞ればOK。

今日のまとめ:では「Ⅳ」にどう対応?

Q
「法務」「情報」W難化の噂が流れていますが・・。
A

そりゃ、初日の4科目が点を取らせすぎ。
本来の「2次受験者数の調整機能」を考えれば、受験者数が足りない時は得点調整が入ります。「皿回し」なんて舐めたお勉強をしていない限り420点にはお釣りがくるので、最後の「中小」43マークをきちんと塗りつぶしせば、まずはいったん大丈夫。

今年は「財務」が易で、「法務」が難。このような変化リスクへの備えとは、①科目分散ポートフォリオ ②500点超えを目指す余力スラック。この2つに尽きます。

「財務」解かせりゃ100点で、解説させれば翌日中。こりゃ噂の経営分析カンファを見逃す手はねぇな。

今年の「Ⅳ」は当たる→当てる。計算から理論重視へのシフトが確実に
デジタル時代の診断士に求める「財務・会計」スキルとは、難しいことも簡単に説明できること。全痴低ノウ?イケカコ? あんなヘタレは一切不要です。(100字)

※当記事は、試験問題発表前の速報版。設問入りの解説記事を8/24(火)リリース予定です。


■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■
試験の最新ミライをどうぞ。YouTubeではサイトコンテンツを先行配信中です。※音が出ます
合格体験記には業界標準。掲載先をあなたの好みで選ぶ時代に。

書くべき合格体験記の項目はどこでも同じ。周囲とお揃いはもう沢山、言いたいコトを好きに書かせろなあなたの分は、当サイトが喜んで掲載させていただきます。