試験の時流に従えば「TACの解き方」を使うことが賢明で、7月末で【Ⅳ猫60点】クリアをすれば「2次」のバトルもグッと有利に。6月開講に先立ち、5/29(水)20:30~前夜祭(ガイダンス)を実施します。※受付は追って開始

K事例Ⅳ

「Ⅳ」偏重の賛否両論

「2次」の半分以上は、「Ⅳ」対策?

Ⅳが大幅難化し、大量のたまたまスト合格者を出したH29試験。

ボクの「2次」対策の半分以上は「Ⅳ」でちゅ! ブログにそんな合格自慢が溢れ、「2年目上級生」が苦笑いするのですけど、初学者側にも言い分が。

・「財務」に比べ「Ⅳ」が難しすぎ、最初の学習負担が高い。
・その反面、「Ⅳ」は一度得意化すると常に安定60~70点。
・「Ⅰ~Ⅲ」はランダムな国語の試験。出た所勝負も一手。

診断士はリスク・リターンを問う試験。
「Ⅰ~Ⅲ」=国語、「Ⅳ」=算数の試験と割り切り、50:50に配分するポートフォリオもあって良い。

そこで今週のポチは、「Ⅳ」特集です。

【ブログ村のポチ】スト生の「Ⅳ」一点張り学習の賛否両論

→「2次」240点たまたま合格を狙う方の参考になる良記事です。 そしてこの時間配分=50:50作戦をどう捉えるか? 賛否両論の議論がここからスタートです。

→例え太陽が西から昇っても、「Ⅳ」における経営分析はマストの中のマスト。無理なく満点を取るために役立つ記事です。

→「事例Ⅳ」の第4問はランダム出題の知識問題。過去の傾向上、H30で「連結会計」が出ることは200%ありませんが、何が起きるのか分からないのがランダム試験の恐ろしさ。
会計に強い方なら簿記2級改正論点をおさらいするのは一つの作戦です。

今日のまとめ

初学者は、「Ⅳ」偏重の学習でチョロっととたまスト?

それ普通なら国家試験失格ですが、診断士試験は違います。だって「経営学」とは事実の後追い。「正しい者が勝つ」のでなく、「勝った者が正しい」。つまりH29は難化した「Ⅳ」で稼いだ合格者が多い以上、「Ⅳ」重視論が台頭するのは当たり前。

でもこれはコインの表裏。事実として明確なのは、H27、28の「Ⅳ」は平易、H29は難。そこでH30は2年連続難化のコインのウラか、平易に戻るコインの表か。

診断士試験が重視するのは、1/2のチャンスに賭けるギャンブルか、リスク分散の安全志向か。今年の「Ⅳ」の難易度に注目です。

■■ここからテンプレ■■

-K事例Ⅳ

PAGE TOP