J事例Ⅲ

【Ⅲの新作チート】台車⇔ベルトコンベアの定番2択

「2次」の作問採点が毎年変わり、過去問の答を覚える勉強=OUTと全員気が付く。そこで初学⇔経験者を問わず、2023年「1次」を受ける予定の方は、 答を覚えない方の過去問集を7冊セット1万円強で入手しましょう。
■■テンプレここまで■■

工場長、大変です。万年ベテの解答手順を運搬工程分析したところ、抱えきれない根拠を抱えて右往左往。80分にタイムアウトと判明しました!

おぅ、今日は工場ごっこか。原価高騰と人手不足とはいえ、多能工は楽ではねぇな。

文章で考えるから時間ロス。カラフルチャートで視認度UP

①80分に間に合わない与件の行ったり来たり=工場内の台車運搬なら、②必要根拠を手早く集める想定読み=ベルトコンベアで、③近年難化が進むⅢでは後者一択に。(100字)

万年ベテが硬化の進むちっちゃなオツム(台車)で右往左往するから80分に間に合わない。私なら設問別マーカーのベルトコンベアでマス目5問を完答です。

80分で間に合う解き方の手順はちゃんとワケ有り
1年365日イミフなノウハウを撒き散らすゆとりと違い、②AAAA安定評価には「想定力を上げる」一択で、③難化のⅢを想定読みできればⅠ70点・Ⅱ80点にも届くオマケ付き。(100字)

80分に間に合わないおデブ手順をどうECRS? 今日は隣のゆとりが一生パクれない方の、知識想定の決定版な。


80分で解けない事例のカイゼン:ECRSのR=順序変更
①訊かれてもいないQCDのTo-Beを決めつけるから施策が浮かばず、②知識の保有を訊くⅢでは施策To-Doを先に列挙し、③最後に期待効果を添えればすぐそれらしい160字を書ける。
嫌われるふぞ・全ノウ利用で納期遅延に
①ベテからどう8割落とすかに熱心な作問係が、②D社の叫ぶ「多面解答」「切り口」通りに作問する理由はゼロ以下であり、③使いやすい半製品知識に整理整頓するにはECRS推奨。(100字)

今日のまとめ

①文の説得力UPには、②1文3センテンスのどこかに、③相手が得意な知識をこっそり混ぜる。すると80分では解けない事例のベストな解法とは、ズバリで5Sです。

Q
近年の「Ⅲ」は毎年変わり・かつ難化させすぎで猫一匹誰も真面に解けていない。そこに(たまたま受かった)合格ノウハウをパクって挑むと、そりゃ当然今年も80分に間に合わないね?
A

そりゃ平均的な日本人よりちっちゃなオツムで与件の根拠集めに台車をコロコロしたら、今年も当然コロコロ2割。ベルトコンベアの想定読みなら、早くて・楽で・高得点な。

■■ここからテンプレ■■

-J事例Ⅲ

PAGE TOP