【70点もらえるⅠの書き方】難しすぎます、許してください…(‘ω’)

マス目に溢れる与件の根拠。なぜふぞはそこまで嫌われた?

理由は①たまたま合格を鼻に掛け一から十まで可愛くないから。②「Ⅰ」は100分掛けても解けない作問をするのに、③昨年より簡単などと書いたら作問係がご立腹。(100字)

ほらっち先生調べによると、事例を簡単と感じる→低ノウ低スコア、難しく感じる→高スコア。そこで「Ⅰ」は難しくて解けない覚悟で臨みます。

「事例Ⅰ」の最速チート=設問解釈×構文選び
①設問解釈は諸説あるけど情報整理・期待効果・助言をタイプ分け(出典:EBA)し、②レイヤーから与件根拠を想定しつつ、③テンプレ化した構文で100字マス目を事前にデザイン。(100字)
構文マス目に使える根拠を与件で探す
①一読→二読→三読と与件マークの手口はまとめ様がデフォですが、②与件の想定読みは一定以上の知識を前提とするため、③知識がうすいふぞろい勢は最速チートを採用できない。(100字)
最速チートのハイライト。下書き不要でマス目にコピペ
①100字3センテンス構文では「わかっている安心感」が伝わり、②A→B、B→Cの因果で考える好印象を与え、③より正しい根拠のコピペで採点係が頷くS~A答案に。(100字)

「Ⅱ」が80分で解けないとすれば、難しすぎて100分掛けても解けないのが「Ⅰ」。具体的にどう解くかは、次回で紹介な。

今日のまとめ

Q
「事例Ⅰ」は難しすぎます、許してください(‘ω’)。そう謙虚に与件に向き合い、根拠を使って書けば超難問でも点がもらえる?
A

前年R3「Ⅰ」の第4、5問は9,000人の答が見事にバラバラ。そこで可愛げのない決めつけより、与件の根拠で何か書く。そっちの方が加点される位は猫でもわかります。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。