ふぞろいが反面教師で、ノウハウ全面禁止。増枠時代の試験のミライを先取りします。

80分で書ける「構文」効果【受験同期のベスト答案(Ⅰ)】

のれんやバトン=試験サークルは、なぜ一貫して事例の話題を避ける?

そりゃあのヲタ先輩達は、来るセレクション(自称口述セミナー)の試験官役で後輩のみなさん!にマウントすべく、ぶつぶつ呟きながら答えの暗記に忙しい。また、採点期間中に余計な自慢をすると、採点基準を変えて狙い撃たれるため。

ではこのクソな評論サイトは、なぜしれっと答えを書きやがる?

そりゃ、当サイトに書いてあるのは、×マイノウハウではなく○口コミ+評論。オトウサン達が願う正しい方向に受験技術を進化させるには、来年のヲタ先輩がフテ寝中に、初頭効果でギョーカイ標準をリードすることだ。

事例対応「構文集」

80分では解けない試験では、書く文章の型を先に決め、そこに与件の根拠を「あてはめる」と早い。きゃっしい様が説き、受験者なら誰でも考え付くことを、チームの力でA4一枚にコンパクトにまとめ。それがカンファ特製「構文=syntax集」です。

受験技術はもちろん無料のオープンソース。利用・改良・再配布・収益化は全て無断でOKな(※同友館ステマ=のれんバトン除く)。

そして最新解答技術=「構文」を使う期待効果は、書くことに気を取られず、設問解釈+与件の読み取りに専念できること。昨年好評の【受験同期のベスト答案】シリーズが、パワーアップして今日から4連投で登場します。

80分で書ける「構文」効果【受験同期のベスト答案(Ⅰ)】

R2「事例Ⅰ」第1問(1) (情報整理)爺ちゃんのグループビジョン

以下は、老舗蔵元 A 社を買収する段階で、企業グループを経営する地元の有力実業家である A 社長の祖父に関する設問である。各設問に答えよ。
(設問 1 )
A 社の経営権を獲得する際に、A 社長の祖父は、どのような経営ビジョンを描いていたと考えられるか。100 字以内で答えよ。
200%自己採点基準
以下の5要素×4点。因→果がない並列列挙は△4点
①老舗ブランド
②インバウンド需要
③グループ間シナジー
④後継A社長の育成
⑤地域の活性化

使用する構文(Syntax)
理由は、①〇〇で××し、②〇〇で××することで、△△するため。
〇〇:与件表現、××:与件または1次知識、△△:期待効果

200%モデル答案きゃっしい様の80分答案 ★受験同期のベスト答案★
描いたビジョンは、①200年の年月に裏打ちされた老舗ブランドの魅力を活かして地域を活性化すると共に、②グループ内の飲食店舗や高級旅館との協業を含む立て直しをA社長に委ね、自らの後継者を育てる点と考えられる。(100字)
※インバウンド漏れ
ビジョンは①200年の歳月に裏打ちされた老舗ブランド力を獲得し、インバウンドブームの機会を捉え、既存飲食業や旅館業とのシナジーを発揮することで地域の活性化を図るとともに②後継者を育成し事業継続を図ること。経営ビジョンは、 ①老舗ブランド獲得によりインバウンドブームに対応し、②既存の飲食業や高級旅館とのシナジー効果により地域の活性化を図りつつ、③A社長の後継者育成と老舗酒造店の事業を継続すること。(96字)

【ベスト答案チームコメント】
・与件に散りばめられた根拠を拾い、100字を因→果で構成する、近年の「Ⅰ」で典型的に聞かれるパターン。
・スクール解答のうち、MMCのみが①・・②・・③・・、のナンバリングを使用。他スクールと見比べると、ナンバリングを使う=「書きやすい」+「読みやすい」効果を実感できました。

①本来並列列挙の「箇条書き」を100字一文の因→果として使い、②「書きやすさ」+「読みやすさ」を両立したのが、③当試験特有の「ナンバリング」。MMCの工夫&採点係の度量の大きさには、7,000人全員で頭を下げて感謝な。(100字)

参考:スクール模範解答
MMCTBCTAC
経営ビジョンは、①酒造事業の老舗ブランドを活かした売上高2億円の立て直し、②レストランや土産物店の新規事業の実施と経営合理化による売上高3億円の実現、③優秀な人材を活用した地元経済の活性化等である。
※インバウンド漏れ
※後継A社長漏れ
自社の事業の発展を通じた地域社会への貢献である。既存の飲食業や旅館業に希少資源である老舗ブランドの蔵元を補完しシナジーを創出し、インバウンドの機会を捉え短期間での事業規模拡大と地元経済の発展を描いた。
※後継A社長漏れ
老舗ブランドである蔵元を加えれば、日本の文化や伝統の発信力が高まり、高級旅館や飲食店との相乗効果も生じてグループとしてインバウンド客の獲得力が高まる。これにより地域経済の活性化を牽引する存在になること。
※後継A社長漏れ

第1問(2) 友好的買収の選択理由

(設問 2 )
A 社長の祖父が A 社の買収に当たって、前の経営者と経営顧問契約を結んだり、ベテラン従業員を引き受けたりした理由は何か。100 字以内で答えよ。
200%自己採点基準
以下の4要素×4点。因→果に応じ+4点まで加点。
①雇用維持を前提
②酒造事業の現状継続
③前社長を残す友好的な買収
④顧問や杜氏からノウハウ吸収
200%モデル答案きゃっしい様の80分答案★受験同期のベスト答案★
理由は、①屋号や従業員10名の雇用を守り前経営者や杜氏の協力を得ることで、②A社長に酒造りや社員と共に現場で働くことを学ばせ、③レストランや土産物販売などA社の異なる事業との適切な連携を実現するため。(99字)
※②は事業承継より実務継続優先で
理由は①長年にわたって勤めてきた従業員の雇用責任を果たし②経験のない分野において短期間で円滑にノウハウを獲得し③孫のA社長らに経営顧問と杜氏、ベテラン蔵人の持つ昔ながらの酒造技術や知識を承継するため。理由は、①経営顧問から経験のない酒造事業の経営ノウハウを学び、②従業員への雇用責任を果たすと共に杜氏やベテラン蔵人から伝統的な酒造りに関する技術・技能を承継するため。以上により早期に事業再建を図る。(99字)

【ベスト答案チームコメント】
・第1問は、(設問1)ビジョン=全社戦略、(設問2)酒造事業戦略+組織構造、の2レイヤーに分けて「情報整理」させる設問。
・構文利用=100字一文のナンバリングで書き方が安定すると、解答要求(レイヤー)に沿って根拠を読み取る力を試す良問に。
・ベスト答案では、マス目が余る対応を兼ね、最後に期待効果で締める形を選びました。

80分で作るのは難しいのに、時間制限を外したり、スクール勢の答案ならピタリ揃うのが良問の条件。もし作問係が交代しても、事例Ⅰのこの作問ノウハウは、確実な継承が望まれます。

参考:スクール模範解答
MMCTBCTAC
理由は、①200 年の年月に裏打ちされた老舗ブランドの魅力を維持し地域活性化へ繋げるため、②酒造りの中心的役割を担いながらA社経営者へ酒造りノウハウを継承するため、③従業員の雇用責任があるためである。
※①は第1問と重複
①A社長に酒造の技能や酒販の営業などを教育して円滑な事業承継を行うため、②従来の組織文化を尊重し、ベテラン従業員の士気低下を防ぎ、ノウハウや人材などの経営資源とブランド価値の維持を図ったため、である。
※組織行動寄り
酒造りについてはノウハウがない上、長年の経験が必要であり、杜氏や顧客との関係性も重要である。そのため、当面の事業展開や直接指導によるノウハウ継承を円滑に行っていくために、必要な人材であると判断したから。

第2問 (情報整理) システムによる業務標準化の手順を推理

A 社では、情報システム化を進めた若い女性社員を評価し責任者とした。ベテラン事務員の仕事を引き継いだ女性社員は、どのような手順を踏んで情報システム化を進めたと考えられるか。100 字以内で答えよ。
200%自己採点基準
以下の4要素×4点。因→果に応じ+4点まで加点。
①業務の複雑性の指摘
②ベテラン女性と2年で引継ぎ
③システム化の実施(DB化、標準化)
④業務マニュアルで形式知化
200%モデル答案きゃっしい様の80分答案★受験同期のベスト答案★
手順は、①既存の複雑な事務作業や取引先との商売をベテラン女性から2年間で引継ぎ、②情報システム化の際にはそれらを整理して標準化・単純化・専門化を進め、③誰でも担当できるよう透明化を進めたと考えられる。(100字)
※透明化でなく、形式知化と言い切ってOK
手順は①ベテラン女性事務員の掌握していた複雑な事務作業や取引先との商売の知識や経験を受け継ぎ②それを整理して形式知化し、標準化した上で③情報システム化を進めることによって業務を合理化し効率化した。女性社員は、①前任の女性事務員と共に働いた2年間複雑な事務作業や取引先との商売手法を受け継ぎ、②ベテランの経験に基づく知識を形式知化した上で整理し、情報システム化を進め、業務の合理化を図った。(97字)

【ベスト答案チームコメント】
・与件で与えられる根拠が、「ベテランの複雑な業務」→「???」→「情報システム化」と少なく、一見何でも書けそうに思える。
・形式知(SECIモデル)が正解と思われ、与件コピペ+知識を半々で問う「事例Ⅰ」らしい設問に。
・80分での現実的な対応は、無理に知識を当てたり殴り書きではなく、与件根拠を因→果で並べるきゃっしい様方式になる。

第2問は第1問(1)(2)と異なり、嫌がらせの様に根拠が少ない。「形式知」と補っておけば、採点係は尻尾を振ってマルをくれるぞ。

参考:スクール模範解答
MMCTBCTAC
手順は、①先ず、複雑な事務作業や取引先との商売に関する知識・経験をベテランの女性事務員から受け継ぎ、②次に、仕事の流れを確認・整理すると共に、③古いやり方を抜本的に見直し、情報システム化を進めた
※マニュアル・形式知漏れ
ベテラン事務員と共に働くことで暗黙知を共有し、②情報システム化というミッションに基づく対話で暗黙知を形式知化し、③形式知を整理し、組み替えてデータベース化して、④従業員への教育により内面化を行った。複雑な事務作業や取引先との商売に関する情報といった、ベテラン女性事務員の暗黙知の状態である知識と経験を共に働いて理解した。その上で、その知識と経験の簡素化や標準化、明文化を進めるなど形式知化していった
※システム化漏れ

第3問(情報整理) 敏腕執行役員が部下に求めるコミュ力

現在、A 社長の右腕である執行役員は、従来のルートセールスに加えて直販方式を取り入れ売上伸長に貢献してきた。その時、部下の営業担当者に対して、どのような能力を伸ばすことを求めたか。100 字以内で答えよ。
200%自己採点基準
以下の4要素×4点。因→果に応じ+4点まで加点。
①既存ルートセールス業務の見直し
②直販方式でのマーケティング能力
③日本酒バー他の社内コミュニケーション
④杜氏や職人と新規事業の橋渡し役
200%モデル答案きゃっしい様の80分答案★受験同期のベスト答案★
求めた能力は、①既存ルートの取引先との商売を軽減し、②直販方式の売上増を果たすことであり、③併設した日本酒バーや社員の休憩所での社内コミュニケーションを通じ、④杜氏や職人と新規事業の橋渡しをすること。(100字)求めた能力は①直販方式の売上を伸長させるための、消費者ニーズの把握力や販売力、マーケティング力と②杜氏や蔵人と新規事業との橋渡し役として新規事業や消費者のニーズを伝えるコミュニケーション能力求めた能力は、①日本酒バーを通じて日本酒に対する顧客ニーズの直接収集、②杜氏や蔵人へ顧客ニーズを伝え新商品開発支援、➂顧客ニーズをもとにレストラン事業や旅館などでの日本酒拡販支援、である。(94字)

【ベスト答案チームコメント】
・スクール解答は、①100字一文因→果型(MMC、まとめシート、200%) ②知識列挙型(TAC、KEC、EBA)、に分かれる。
・①因→果型は根拠コピペで無難な解答になるが、ベスト答案ではあえて②知識列挙の言い切りを選びました。
・誰もが書いてくる「コミュニケーション」もあえて外した、攻めの答案例です。

きゃっしい様の100字一文与件コピペが定着すると、今年の採点係は違うタイプの答案に高得点を与え、そちらに誘導を。えっへん、その程度はお見通しなのです。

参考:スクール模範解答
MMC ★最優秀★TBCTAC
求めた能力は、①効果的なルートセールスを行うための、取引先と酒造現場を橋渡しする情報収集・提供能力に加え、②直販を増やすための、顧客開拓能力や商品の提案能力、および日本酒バーでの販売・接客力等である。コミュニケーション能力である。多様な顧客に製品の魅力を伝え販路開拓を行うとともに、顧客のニーズに合った酒を提案し、収集した顧客の声は酒造や新規事業に反映することで、顧客との良好な関係の構築を求めた。
※根拠を使わない知識解答
新規顧客の開拓を強化するための、ブランド力や製品力をベースとした提案能力、顧客ごとに異なる多様な顧客ニーズの収集・分析能力、既成概念にとらわれずに多様な販売先を開拓していく発想力や行動力、などである。
※根拠を使わない知識解答

第4問 (助言)家族主義や年功賃金から、次にはばたくグループ人事へ

将来、祖父の立ち上げた企業グループの総帥となる A 社長が、グループ全体の人事制度を確立していくためには、どのような点に留意すべきか。中小企業診断士として 100 字以内で助言せよ。
200%自己採点基準
以下の5要素×4点。因→果がない並列列挙は△4点
①伝統的な家族経営・年功賃金
②非同族からも抜擢
③正規への権限移譲or非正規の活用
④人材の多様化
⑤グループ共通を意識した評価制度
200%モデル答案きゃっしい様の80分答案★受験同期のベスト答案★
伝統的な家族主義的経営や年功賃金と、優秀な非同族社員を抜擢するバランスに留意すべき。具体的には①正規社員に権限を与えて育成する他、②人材の多様化にも配慮し、③さらに優秀な人材を採用できる制度とする。(99字)
※採用できる制度→評価制度の方がマル
留意点は①能力を適切に見極め、血縁関係に関わらず優秀な人材を抜擢する仕組みを構築し②人材の多様性を考慮し③賃金体系に成果主義的要素も加え④客観的で透明性の高い評価を行うことによって意欲を向上させる点。留意点は、①社員の能力を適切に見極められる評価者を育成し、②人材の多様性を考慮しつつ、③年功序列制度に成果主義も加え、④客観的な評価制度を構築すること等により、企業グループ従業員の意欲を向上させる点。(100字)

【ベスト答案チームコメント】
・ラス問助言問題では、HOW要素~「どのように」が加点要素に。それによるあるべき期待効果=「非同族以外の抜擢による従業員の意欲向上」を、最初に決めます。
・その達成手段として、人材の多様性・成果主義・評価制度・評価者育成の各要素を、バランスよく取り込む解答案としました。

80分で解けない試験だから、スリーサークルモデル(経営・所有・家族)は触れなくてOK。EBAすら書かない「血縁関係に関わらず」をぶち込むきゃっしい様は化け物だから、気にすんな。

参考:スクール模範解答
MMCTBC TAC
人事制度の留意点は、①配置面では、能力に応じた抜擢人事やグループ全体を考慮した人員配置、②報酬面では、事業毎の業績に応じた成果主義制度の一部導入、③能力開発面では、営業や酒造り等の計画的な研修である。
※多面金型解答=MMCと悪目出ち
部門ごとに評価基準を明確化した成果主義制度を段階的に導入し、評価の公平性・納得感を高める。②人材が多様化する中で能力に応じ正規社員への登用や役員への抜擢などキャリアパスを示し、仕事への意欲を高める。
※脱家族経営漏れ
グループ内で効果的な人事異動がしやすく、次代を担う若手従業員の実績が正当に評価されるなど、非正規社員も含めた多様な人材が意欲的に働けるように、グループ全体としての公平性と透明性を担保するように留意する。
※脱家族経営漏れ

今日のまとめ

良問の条件:80分では解けないが、振り返ると確かにそうと納得
「確かにそうと納得」=時間制限を外したり、スクール解答ならピタリと一致すること。

事例Ⅰの作問品質が高いとされる理由

“翌年以降、どう勉強するかが明確”
具体的には、
①設問解釈にレイヤーを使い、書かれる根拠を想定。
②解答要求(情報整理・期待効果・助言)から構文を用意。
③想定読み+設問別マーカーで使う根拠を特定。
④構文を使い、「書きやすく」「読みやすい」答案を記入。

今年も「Ⅰ~Ⅲ」は全て難化へ。そのとき「与件を読む」「解答を書く」が両方ブレたら、80分では太刀打ちできねぇ。

えっへん。そこで答案の型=構文を先に決めて書く(②④)。その上で設問解釈+想定読み+根拠特定(①③)に注力するのが、きゃっしい様がYouTubeで説く教えです。

そう、80分では到底解けない「Ⅲ」と違い

翌年以降、どう勉強するかが明確な「Ⅰ」なら、この協力プレイでいけたかもしれない。

そして、合格同期のヨコでつながるパラワークへようこそ。ゴーカク自慢なのれんバトンに足を引っ張られない、先輩要らずのヨコネットワークは、12/4(金)昼12:00が受付締切です。

ふぞを反面教師にノウハウ全面禁止
1,500人増枠時代が待ったなしです↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP