この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

知識逓増×国語逓減:ふぞ&ベテの予選落ち

試験をトーナメント化し、ふぞ&ベテを予選落ちにすれば5割合格へ。その手口を早く教えろ。

そりゃ、ふぞ&ベテの共通点=「1次」暗記がおろそかで、「2次」の答の暗記に夢中。今年は勝負にすらならねぇ。

片や、ベテがムキになるほど落ちる「2次」

  1. キーワードを100字に並べる競技
  2. 詰め込みを避け与件表現コピペ
  3. A→B、B→Cの因果で読みやすく
  4. 効果・因果は「1次」語彙でまとめ
  5. ベテが落ちる理由は余計な一言
  6. 更にその原因が過去問覚え過ぎ
  7. 相手の話を聞かない決め付け癖
  8. キツキツ詰込答案の加齢ベテ臭
  9. 思い込みを逆手に誤答トラップ
  10. 対策:キーワードを1つ減らしてキレイな日本語

要するにふぞ⇔ベテを問わず、キーワード詰込みバカは落とされる。そこで詰込み答案を反面教師に、読みやすい国語がマスト。

知識逓増×国語逓減:ふぞ&ベテの予選落ち

ほう、事実上の予選落ち=ふぞ&ベテだけにはなるまい。

おぅ、あの間抜けな「1次」勉強法を観察し、真逆をやればOKな。

頭を悪くする「1次」学習頭を良くする〃
①設問飛ばし解き領域別問題集は順番に
フラッシュカード関連付けて縦横斜めに
③正解だけを覚える誤答選択肢に学ぶ
④回転した数が自慢回転と深さのバランス
⑤解説を読みアサリ自分の言葉にまとめる

①時間がない時、解けそうな問題だけ解いても良いですか?

原則やめとけ。誤答で良いから解いて、付箋を貼って後回しに。一度解けば「答えを覚える」ので、2周目での苦手感が半減以下です。

②暗記にフラッシュカードアプリを使っています。

途中でやめとけ。7科目の覚え方は、理解系⇔暗記系を使い分け。単純暗記の詰め込みは脳を痛めます。

③問題集を皿回すと、正解を覚えてしまいます。

過去問潰しは、正解を覚えてからが勝負。嘘つき3択のバツを自分の言葉でマルに直します。

④「1次」過去問を○回転、「2次」は×事例? なぜ回転バカが蔓延るの。

「2次」作問は平均的合格中間層を狙い撃ち。そのためむしろ情弱が受かる、逆選択が起きるためです。

⑤市販過去問集の解説を覚えきれません。

解説の書き方そのものがヘタクソ。誤答のバツをマルにするだけなら、文章量は1/5以下で済みます。

今日のまとめ

ふぞ&ベテは今年も仲良く予選落ち。なぜ確実に8割スベる?

そりゃ「Ⅲ」に出た答を暗記するから。「1次」ですら出題形式を工夫するのに、過去問と同じ出題をする可能性はゼロ以下な?

「Ⅲ」60点を取るには、あえて「Ⅲ」対策を後回し

よせば良いのに、ネットに溢れる自称「Ⅲノウハウ」。図の右上で食い詰めたベテノウハウをパクっても、毒饅頭よりバッチいです。

そこで「Ⅲ」対策の最良テキスト=「1次」の過去問。簡単な「店舗」とコンボで、「生産」を得意にするコツを紹介します。

  1. 7/5 一番モテる理想のスタイル(店舗①)
  2. 7/6 サクラ受験で桜咲く(店舗②)
  3. 7/7 断定表現はバツ候補(店舗③)
  4. 7/8 ふぞ&ベテが苦手なCランク(生産③)
  5. 7/9 嘘ぴょん・誇ダイ・紛らワシ(店舗④)
  6. 7/10 ボケの基本は犯人探し(生産④)

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP