この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【総まとめ暗記術③】始めようモーニングメソッド

暗記は夜に覚えて朝思い出す
①脳は睡眠中にデフラグするため、②翌朝覚え直すと、③長期記憶化して忘れない。こんな今では当たり前の常識が、かつてド苦学ノウハウに埋もれていたとは、ネット情弱とは実に恐ろしい。(100字)

【業界最強暗記術③】始めようモーニングメソッド

❶暗記の仕方は2つだけ~意味orエピソード

意味記憶=知識であり、覚えるのは面倒でも定着すると使いやすい
エピソード記憶
=経験を思い出す。覚えやすいが、数が増えると使いにくい。
そこで暗記の初期段階では、図や語呂合わせでエピソード記憶を活用します。(100字)
画像:大和証券

❷夜に暗記し翌朝定着~サンドイッチ記憶法

脳の記憶の仕組み上、朝学習に向くのは理解・想像・新しいこと。そこで①暗記モノは夜に覚えて短期記憶化→②夜の内に脳をデフラグ→③翌朝理解し長期記憶化へ。このサイクルなら、次の新しい知識に意欲が湧きます。(100字)
画像:マンガでわかりやすい やってはいけない勉強法

❸1日3分割、1日3科目法

精神年齢14歳のふぞ先輩ならまだ伸ばせるノウ力も、30代半ばを過ぎると下り坂。そこで限られた脳が働く時間を、朝・昼・晩に応じて使い分け。それを計画的にするとデジタルシフト、出会い頭が低ノウのれんバトンです。(100字)

今日のまとめ

併せて使う。始めようモーニングメソッド

暗記とは①夜に覚えて、②朝に思い出す。
脳の記憶の仕組み上、暗記学習には朝が良い。すると早起きが習慣化し、新しいことを始める、人生へのプラス効果にと気づく。この好循環を知ると、毎朝の暗記が楽しくなります。

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP