これまでのアナログをこれからのデジタルに。知識・スピード・当てはめ力を加速します。

【5~7月最直前期チェックリスト】7月「1次」はあるのか、ないのか

7月「1次」はあるのか、ないのか

そりゃ、診断キョーカイやオトウサン達はヤル気満々。ギリギリ1ヵ月前までだんまりって言ったろ?

ただし、7月延期で、はい8月実施はまずない。全国20,000人を同時に収容する会場確保の問題は、オリンピック級のシビアさです。

7月「1次」はあるのか、ないのか【5~7月最直前期チェックリスト】

「1次」の7月実施が不確定でヤル気が出ません。モチベのUP策を教えてください。
その質問は、バトンのたまたま合格自慢に害され過ぎ。知識が収穫逓増する「1次」ではあくまで7月想定で準備を進め、仮に延期ならその分知識の幹を鍛える、ボーナスステージにします。

そして暗記が問われる「1次」とは、覚える⇔忘れるの反復による長期記憶の勝負に。そこで「1次」本番の持ち物リストをチェックして、学習ペースのギアを上げます。

1⃣7月「1次」本試験当日の持ち物

持ち物チェックリスト
□受験票
□筆記用具(マーク対応の鉛筆+消しゴム含む)
□時計
□財布
□携帯
□食料+サプリメント
□クッションタオル
□防寒性の上着
□雨具他
□科目別カンニングペーパー
出典:1次試験 模試週直前の準備リスト を一部改

ふぅん、参考書はあまり持参しない様です。

本試験の休憩時間は40分。この時間で読める量を用意するのがコツな。

2⃣5~7月の直前学習~拡散+収束+最後の詰込み丸暗記

拡散とは、とにかく過去問の出題範囲を覚えます。

収束とは、いわゆる知識の幹。知識の共通点や法則を見つけ、理解で暗記をコンパクトにすることな。

最後の詰込み丸暗記とは、主に「中小」「情報」のテキスト丸暗記。また付箋を貼っておいた未カバー論点を語呂合わせや暗記で潰すことです。

【これはマスト】~最終OUTPUT=スコアUPツール
□過去問(公式PDF、TAC、同友館のいずれか)
□ミスノート
□ポケットブック (暗記範囲の目安。知識の見出し代わりに)
□テキスト類 (辞書引き学習に使い、最後は横断的に丸暗記)
一発合格まとめシート(前編・後編)
【あればベスト】~INPUT→OUTPUTへの橋渡し
□直前レジュメ類 (スクール等で配布される改正論点等)
□スクール1次模試問題 (最新論点の予想代わりに)
□完成答練(TAC)
□ダウンロード音声 (苦手論点は繰り返し聞いて体得)
□自作の暗記、講義ノート
【基本的に不要】~いわゆるINPUTは4月までに完了させておく
□スピード問題集
□養成答練(TAC)
□暗記カード類

3⃣余裕が出来たら、「2次」を意識した「1次」対策

知識の幹を鍛えると、つい忘れた様でも、いつでも正しく「再現」できる。むしろ、忘れる→思い出すの反復で、「2次」で使う重要知識が長期記憶に。
元記事:【きゃっしい特別編】試験までの期間に応じた暗記法

それにしても、きゃっしい様の日本語説明能力はケタ外れな。

悪いことは言わない。初学のあなたこそ、2019年版「まとめシート」流!(800円・税別)を、さっさと買っとけ。

今日のまとめ

【今日の耳より都市伝説】
診断士「1次」「2次」は、挑戦初年度にたまたま受かるのが一番簡単

・新しい問題集や参考書は不要。
・暗記科目は最後まで力が伸びる。
・理解科目は極力日々触れて、長期記憶化。
出典:家庭教師のマスター

暗記試験には最後の追い込みが利く。そりゃ中学生でも知ってるジョーシキな。

題意を捉え、重要度順に暗記+理解を進めるのが「1次」対策
逆に題意などお構いなし。答案の言い回し一つを大発見のように言いふらすふぞ先輩と合格ボーダーを争う「2次」対策。

そうか、では今年の「2次」でたまたま受かって、奴らの鼻を明かしてやろう。そう、その勢いで。当サイトでは、バトンがひた隠すとびっきりの試験ネタを、またまだ沢山準備済です。

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>人物本位の採用面接試験への備え

人物本位の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテを狙い撃つべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「ムキになって勉強するほど受からせない」姿勢を明らかにしてきた採点側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP