この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【情報:⑦計算問題】決めよう、スタイル&キャリアのABテスト

さぁ、試験のミライはABどちら?

そりゃ、ノウハウを手取り足取り教えてくれる、Aパターン。

いや、情報ループはもう結構。クールに頭を刺激するBパターンだ。

ではなぜふぞのファン⇔アンチが言い争い?それは情報化社会では、同じ人類と思えない価値観の違いが、ネットで増幅されるため。

メディアとしてのインターネットを振り返ると、①ポータルサイトのように情報を一つの場所に集める「集約化」、②ブログ・SNSのように誰もが情報の発信者となり利用者となる「双方向化」を経て、③一人ひとりにカスタマイズされた情報が取得できる「最適化」に進んできたとの指摘がある。
(中略)他方、「最適化」が進む中で、インターネットの利用が世論を二極化し、社会の分断を招いているのではないかという議論が出てきている。

出典:総務省 令和元年情報白書 PDF版

決めよう、スタイル&キャリアのABテスト【情報⑦計算問題】

のれんバトンデジタルシフト
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1-5.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2-1.jpg
twitterバカのスマホ脳ネットワークでコミュニケーション
情報を絞れば迷いません!知識を活かして取捨選択
ウチのブログを読みアサリ!1分で読む最新のconcise
あのサイトはボクには有害!のれんバトンは反面教師

ヨコに並べて丸わかり。世論の二極化とは、「わかっていない」⇔「いる」の差。つまりネットに「使われる」⇔「使い倒す」の地頭差です。

そう。情報化社会におけるふぞ信者=「わかっていない」情報弱者。バツマル最終回で、あの「わかってない奴ら」に差を付けます。

例題:R1第4問 ソフトウェア(エクセル) ABランク

次の表は、ユーロを円に換算するために表計算ソフトウェアによって作成されたものである。A2~C2 のセルには円に換算したい「ユーロの金額(€1、€5、€10)」が入力されている。また、A3~A5 のセルにはユーロ/円の「為替レート(¥125、¥126、¥127)」が入っている。ユーロの円への換算は、「為替レート」#「ユーロの金額」の式を用いることにした。
このとき、はじめに B3 のセルに積の式を入力し、それを空欄のセルに複写して表を完成したい。B3 のセルに入力した式として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
なお、セル番地指定における $ 記号は絶対セル参照を表すものとする。また、*記号は積を求める演算子である。
解答と解説
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: zu317_4.jpg
×ア =$A3*$B2
○イ =$A3*B$2
×ウ =A$3*$B2
×エ =A$3*B$2
エクセル絶対参照・相対参照の初歩知識です。外した方は顔を洗って出直し。

当問は€・¥の換算。 それがエクセル絶対参照$のボケと分かれば、素早くツッコめます。

❶ソフトウェア

H28第5問 ソフトウェア(エクセル) Cランク
商品売上高を示したデータが下記のように、表計算ソフトウェアのシート中のA〜C 列に入力されている。
D 列に示したような、売上高が多い順の順位を求めたい。同じ値が複数ある場合は同じ順位を与え、次の大きさの値には重複した分を飛ばした順位を与える。
このために、条件に一致した値の個数を数えるのに COUNTIF 文を利用して順位を求める式を考え、その式を D2 のセルに入力する。D2 の式を下の行に複写して、D 列のような順位を求めたい。
COUNTIF 文 を用い た D2 のセルに入る式として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
ただし、COUNTIF 文、&の使用方法は以下のとおりである。
・COUNTIFÏ対象範囲,条件式Ñ:対象範囲のうち、条件式に記述した内容を満たすセルの個数を返す関数
・&:文字列の連結
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: h287_5.jpg
×ア = COUNTIF(C$2 : C$7, ”<”&C2)+1
×イ = COUNTIF(C$2 : C$7, ”>=”&C2)
×ウ = COUNTIF(C$2 : C$7, ”<=”&C2)
○エ = COUNTIF(C$2 : C$7, ”>”&C2)+1
当問は「ふだんエクセル使ってる?」と訊いていて、countifはやや上級な関数です。○エ一択ですが、悩んだ方は捨ててOK。

❷データベース

H28第8問 RDB ABランク
RDB の設計においては、利用するマスタファイルやトランザクションファイルのテーブル定義が行われる。
ある業務で利用しているRDBでは、以下のようなマスタテーブルやトランザクションテーブルが定義されている。各テーブルが正規化されている場合、以下の空欄A〜Cに入る項目の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
ABC
〇ア顧客住所仕入先コード受注日付
×イ顧客電話番号仕入先住所販売金額
×ウ顧客電話番号在庫量値引率
×エ自社担当者名仕入単価仕入先住所
B=仕入先コードで○ア一択にします。イウエで悩む方はセンスがないと自覚し、ここは後回しでOK。

H30第8問 RDB Cランク
ある中小企業では、売上記録のリレーショナルデータベース化を検討している。次の表を第 3 正規形まで正規化を行った場合、いくつの表に分割されるか。最も適切なものを下記の解答群から選べ。
○ア  3
×イ  4
×ウ  5
×エ  6
当問では、(第1正規化された)売上記録データから、②得意先コード ③商品コード部分の先を別表に移すので正解は〇ア3に。

R2第6問 RDB ABランク
A社は、リレーショナルデータベースによって管理するために、販売業務に関する取引データを正規化する必要があるかどうかを検討している。現状では、A社は以下のような「売上表」を用いて取引データを管理している。
現状の「売上表」に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: z327_6.jpg
×ア 顧客名の欄に山田太郎が2 回出てくるのはデータの重複であることから、非正規形である
×イ すでに第二正規形であるので、依存関係がある顧客番号と顧客名を別表に移せば第三正規形になる。
×ウ すでに第三正規形であるので、これ以上正規化する必要はない
○エ 一つの売上番号に対して、商品名、単価、数量および小計の項目が複数あるので、非正規形である。
アは×非正規形である→○顧客名の重複は正規化とは無関係。×イウはまず→○非正規形で、イは×依存関係がある~→○第一、第二正規化の順に進めて、ウは×必要はない→○余地がある。
当問は以下リンク↓を使ってバツマルすると、理解バッチリです。
H29第10問 SQL文 ABランク
下表は、ある日の東京、大阪、名古屋、九州の各支店の菓子AからEの売上表である。
この表に適用したSQL文とその結果を示したものの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【SQL文】【結果】
○アSELECT 商品名FROM 菓子売上 WHERE 東京支店>= 3500 and 大阪支店>= 3500 or 名古屋支店>= 3500 and 九州支店>= 3500菓子C,D, E
×イSELECT 商品名FROM 菓子売上 WHERE 東京支店> 2500 and 大阪支店> 2500 and 名古屋支店>= 2500 and 九州支店> 2500菓子D
×ウSELECT 商品名FROM 菓子売上 WHERE 東京支店> 3500 and (大阪支店> 3500 or 名古屋支店> 3500) and 九州支店> 3500菓子A,B,E
×エSELECT 商品名FROM 菓子売上 WHERE 東京支店+大阪支店+名古屋支店+九州支店>= 14000菓子D
イは×D→○C,D、ウは×A,B,E→○該当なし、エは×D→○A,B,Dに。アはandとorの優先関係をやや深めに聞いていますが、消去法でもOKです。
H30第4問 SQL文 ABランク

下表は、ある中小企業の“アルバイト”表と“店舗”表である。この 2 つの表に対して、次の SQL 文を実行した場合に得る結果として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
当問のSQLを自分が機械になって指示された気分で読む。すると「新宿店のアルバイト給80万円未満のリストを作れ」と言われたので、正解〇ア一択です。

❹システム構成技術

R1第13問 RASIS Cランク
ある中小企業では、情報システムの導入を検討している。最終的に、2 つの情報システム(AとB)を比較検討することになり、それぞれのRASIS(Reliability:信頼性、Availability:可用性、Serviceability:保守性、Integrity:保全性、Security:安全性)に注目することにした。
このとき、情報システムAの平均故障間隔(MTBF)は480 時間、平均修理時間 (MTTR)は20 時間であった。一方、情報システムBの平均故障間隔は532 時間、平均修理時間は28 時間であった。
これら2 つのシステムのRASIS に関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 安全性は、システムAの方がシステムBよりも優れている。
〇イ 可用性は、システムAの方がシステムBよりも優れている。
×ウ 信頼性は、システムAの方がシステムBよりも優れている。
×エ 保全性は、システムAの方がシステムBよりも優れている。
当問はAB2つのシステムの稼働+故障時間を聞いているので、実は計算しないでも正解イ一択になります。しかし実際に計算して、ABそれぞれの故障時間=4%、5%と計算させることで、MTBF、MTTRの使い方を教えてくれる良問です。

❺開発方法論他

H29第21問 開発方法論(見積) Cランク
システム開発の成功のためには、プロジェクトの予算と実績の差異分析が重要になる。その手法の1つにアーンド・バリュー分析がある。アーンド・バリュー分析では、AC(Actual Cost:コスト実績値)、EV(Earned Value:出来高実績値)、PV(Planned Value:出来高計画値)を用いて、コスト効率指数であるCPI(Cost Performance Index)や、スケジュール効率指数であるSPI(Schedule Performance Index)などを計算する。
 CPIとSPIの計算式の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
×ア CPI=AC/EV   SPI=EV/PV
○イ CPI=EV/AC   SPI=EV/PV
×ウ CPI=EV/PV   SPI=AC/EV
×エ CPI=EV/PV   SPI=EV/AC
EVMSと言われても、こんなの暗記する方はいないでしょう。そう、「財務」の株式指標と同じで、頭文字の意味さえ思い出せれば、その場で当たる。
H30第22問 開発方法論(見積) ABランク

A 社では、BAC(Budget at Completion:完成時総予算)が1,200 万円の情報システム開発プロジェクトが進行中である。昨日進捗を把握したところ、AC(Actual Cost:コスト実績値)が800 万円、EV(Earned Value:出来高実績値)が600 万円となっていた。このままのコスト効率でプロジェクトが進んでいくと、完成した時にどれくらいのコストがかかると予想できるか。最も適切なものを選べ。
×ア 1,200 万円
×イ 1,400 万円
○ウ 1,600 万円
×エ 1,800 万円
当問は、工事進行基準知識(簿記)で瞬殺する計算問題。こんなのまで覚えたがり、わざわざ暗記を苦手にするのがふぞ先輩です。
H30第20問 開発方法論 Cランク
下図は、ある中小企業A社のプロジェクト管理に関する現行の業務の一部をUML のクラス図として描いたものである。【属性に関する前提】と【凡例】を参考にしつつ、この図の解釈として最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【属性に関する前提】
・「担当可能な役割」の値は、「主任」あるいは「アシスタント」のいずれかである。
・「主任の担当時間」の値は、各プロジェクトに投入する主任の担当時間数である。
・「アシスタントの担当時間」の値は、各プロジェクトに各アシスタントが投入する
担当時間数である。
長方形はクラスを表す。長方形の上段はクラス名、中段は属性名、下段は操作名を記述する。なお、属性名および操作名は省略できる。
クラス間を結ぶ線はクラス間の関連を表し、この線の中央に関連名を記述する。ただし、関連が属性を持つ場合には、関連を表す線から点線を引いて関連クラスを設ける。凡例では関連2 が関連クラスに該当する。
また、関連を表す線の両方の終端近くには、それぞれの相手に対するクラス間の多重度の範囲を表す。ここで、多重度とは、一方のクラスの1 つのオブジェクトに対して接続されている、他方のクラスのオブジェクトの個数を示すものである。
多重度の範囲は、下限をn、上限をm とする場合は「n. .m」という形式で表す。例えば、接続が必ず1 つの場合は「1 」、接続が存在しないかあるいは1 つの場合は「0. .1」、接続がゼロ以上の場合は「0. .*」などのように表す。
×ア 各社員は、役割の兼務が認められ、あるプロジェクトでは主任を担当し、また別のプロジェクトではアシスタントを担当できる。
×イ 各プロジェクトでは、担当するアシスタントは1 人以上である。
○ウ 各プロジェクトでは、担当する主任は必ず1 人である。
×エ 各プロジェクトでは、担当する主任は1 人であるか、あるいは担当するアシスタントは1 人以上であるかのいずれかである。
解答は後日作成
H30第25問 統計(ゲーム理論) Cランク
Z社は、新商品A、B、Cのいずれかを開発しようとしている。市場調査を行った結果、市場の拡大・現状維持・縮小の3 パターンで表のような利益の予測(単位:億円)が得られた。この場合の意思決定に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×ア マクシマックス原理、ラプラスの原理のいずれを用いても、商品Aを開発することが最適となる。
×イ マクシミン原理、マクシマックス原理のいずれを用いても、商品Aを開発することが最適となる。
×ウ マクシミン原理、マクシマックス原理のいずれを用いても、商品Bを開発することが最適となる。
○エ マクシミン原理、ラプラスの原理のいずれを用いても、商品Bを開発することが最適となる。
当問は考えてもわかりませんが、知識から表を作るとこんなに簡単↓。
R1第23問 統計(エクセル) Cランク
以下の文章の空欄A~Cに入る数値の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
集積した数値データを分析する際に、データの値の大きさやばらつきの目安となるような特性値に注目することがある。
あるスーパーマーケットで10 日間毎日、サンドイッチの売上個数を調査し、小さい順に並べたデータが以下に示されている。
46  48  50  50  51  51  53  53  53  55
このとき、サンドイッチの1 日当たり売上個数の平均は【A】 、メディアンは【B】 、平均偏差は【C】 である。
ABC
×ア51510.0
○イ51512.0
×ウ51522.0
×エ52530.0
当問は、中央値Median=51が分かればOK。平均偏差?の意味が不明でも、ゼロはないので○イ一択です。
論点をあえて「統計」でなく、ソフトウェア(エクセル)にしました。実際に計算して実感するのが上策です。
R2第24問 統計(A/Bテスト) Cランク
以下のa~dは、分析したい状況に関する記述である。それぞれの状況において、どのような分析手法が適切か。最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
a ある企業には3 つの事業部がある。事業部ごとの売上高利益率の日次データが与えられている。この3 つの事業部で売上高利益率に差異が見られるのかを検討したい。
b ある商品の売上高の日次データと、その商品の売上高に関係があると想定されるいくつかの変数のデータがある。どの変数が売上高にどの程度寄与しているのかを検討したい。
c 数千人の顧客について、属性データ(男女・所得・購入履歴など)や趣味・嗜し好こうに関するデータがある。顧客の特性にあったマーケティング活動をしたいので、顧客を分類したい。
d Web サイトの候補として2 つのパターンがある。どちらのパターンを採用するかを決めたい。
abcd
×ア判別分析回帰分析コンジョイント分析A/B分析
×イ判別分析相関分析コンジョイント分析アクセス分析
○ウ分散分析回帰分析クラスター分析A/B分析
×エ分散分析相関分析クラスター分析アクセス分析
当問はd→A/B分析を当て、アウの2択にすればOK。今の統計知識はWebマーケ・ビッグデータ中心に動くので、「マーケ」の切り口で入るのがベストです。

今日のまとめ

いいか野郎共、情報化社会は第一印象が勝負。人生とクジ運を決めるのが、6月発売のふぞの次に手にする一冊な。

ついでに決めよう、人生を占う最初の2択

A 全痴低ノウB それ以外
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1-6.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2-5.png

そりゃ、ノウハウを手取り足取り教えてくれる、Aパターン。

いや、情報ループはもう結構。クールに頭を刺激するBパターンだ。

いかにも青を選びたくなる誘導サイン。これが阿呆なダンス、おっと違ったアフォーダンスです。

そして420点で受かる試験で、なぜ500点を取りに行く?
それは「1次」暗記は収穫逓増で、「2次」の国語は収穫逓減。暗記の手抜きで地頭鍛え損ねると、「2次」は確率8割でサイコロコロコロ多年度ループになるためです。(100字)

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP