これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。

【総まとめ(5)】「情報」H28超悪問の反動でノーマル化

用語暗記の基本のキホン。

診断士「1次」は7科目の暗記試験。そこで基本の「情報」で、暗記の仕方を体系的に鍛える。そこがスト合格の基本のキホンです。

話を「情報」に戻すと、暗記の進め方にも基本のキホン。 ①前半「システム基本知識」のテキスト用語を確実暗記。
②初見用語がたまに正解。時間があれば他資格問題集も。
③後半「開発方法論」は最低限の暗記+国語+鉛筆転がし。

そうH28の超悪問(←試験委員失格)を反省した(←恐らく監督官庁に叱られた)ために、ノーマル問題をサービスせざるを得ない「情報」。 周囲が当てる所を覚えりゃOK?

7科目中、最も対応しやすい科目であるのは確実です。

【総まとめ「情報」】H28超悪問の反動で超ノーマル化

1⃣システム基本知識

http://fuxin24.net/it/13167/
http://fuxin24.net/it/13169/

2⃣開発方法論

http://fuxin24.net/it/13171/
http://fuxin24.net/it/13168/
http://fuxin24.net/it/13170/
http://fuxin24.net/it/13172/

今日のまとめ

H28トンデモ出題により、自分の首を自分で絞めた「情報」。

自縄自縛という四字熟語を進呈するのがピタリでしょう。 へぇ、こんな所で試験委員に喧嘩を売っていいの?

はい、仮に難化させても40点は取らせる。それに「情報」難化なら他科目が易化する。だから、基本のキホン用語の暗記が済んだら、自分の好きな論点だけ上積みすればOKです。

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP