★ToーDoチーム学習

【口述チート】何を訊いても2分でアドリブ

「2次」の作問採点が毎年変わり、過去問の答を覚える勉強=OUTと全員気が付く。そこで初学⇔経験者を問わず、2023年「1次」を受ける予定の方は、 答を覚えない方の過去問集を7冊セット1万円強で入手しましょう。
■■テンプレここまで■■

もしどうしても「2次筆記」に受かりたければ、「2次口述」を先に受けると良い。そんな驚愕チートなteamへ、若干名ですが参加受付中です。

2次口述を受けると筆記は合格

知ってるよ!当たり前だよ!そう常に否定で入るとベテ認定で、①口述に2分でアドリブするスキルは、②訊かれたことに答える+3文因果を鍛え、③その自信が付くと筆記は常に安定Aへ。(100字)

試験の題意は「正しい情報を正しく発信」
①会場に赴き検温パスすれば猫でも受かる試験のネタがネットに溢れるのは、②口述の4問完答が自信につながり、③自信がつくと正しい情報を正しく発信する気概が備わため。(100字)
口述を2分で答える「構文」
①上図は2分間でどう答えると一番安定するかの「構文」ですが、②枕→コンテンツ3つ→期待効果の流れは筆記と同じで、③2次口述→キレイな国語→最大の筆記対策であると猫でもわかる。(100字)
どの動画やネットでも口述チートはこの3つ
①質問の芯を捉える→筆記同様の解釈力であり、②話ながら考える→どんな変化もアドリブで受け答えし、③低くゆっくり話す→信頼を得る→抑制の利いたキレイな答案の一択に。(100字)

今日のまとめ

Q
へぇ、口述を2分でスラスラ答えるアドリブ能力ベテ・ふぞが死んでも書けないキレイな国語へ。口述受ければ筆記に受かるファクトは、ベテには一生隠そうぜ?
A

100字手書き=世の何の役にも立たない異能力か、何を訊いても2分で答えるアドリブ力か。どちらを採用するかはあなたの第一印象次第です。

■■ここからテンプレ■■

-★ToーDoチーム学習

PAGE TOP