★ToーDoチーム学習

【口述対策ダッシュ】全員の答が揃えば全員当選〜相互採点受付再開

「2次」の作問採点が毎年変わり、過去問の答を覚える勉強=OUTと全員気が付く。そこで初学⇔経験者を問わず、2023年「1次」を受ける予定の方は、 答を覚えない方の過去問集を7冊セット1万円強で入手しましょう。
■■テンプレここまで■■

R4「Ⅰ」第2問 KEC模範解答
獲得面では、コンセプトを前面に打出し環境問題に問題意識の高い人材の獲得を図る。定着面では、①地元との積極的な交流の場を設け地域農家との融合を図る②提案制度導入でやる気ある従業員の意欲向上を図る事である。

新作事例で習ったコツを早速使え。当サイト最大のコンセプトは、「全員の答が揃えば全員当選」。そこでさっさと口述準備を始めます。

口述ファイナルステージへようこそ。上位2.5%のイノベをしよう

Q
AI国語のチート答案に後発スクールの解答がどんどん似てくる。でもなぜ200の星占いはよく★当たる?
A

そりゃ1年365日仮説ぶっこきゃどれかは当たり、大事なコトは虚心坦懐事例に教わる。そしてミライに走り出すことな。

あの格安動画がMajorの仲間入り? 動画が当てたミライ3選

【TAC事例Ⅳの解き方】第1問経営分析+CF計算書

R4はⅣ作問係が大暴れ。診断士に本来不要な「簿記論点」もカバーするには、TACの「解き方」を。

予定実際本番対応
経営分析は13指標まさかの生産性指標残る2つを当てに行く
CVPは直接ゲンケーまさかの線形計画法(設問1)を当てに行く
NPVはベテの沼ひたすら長い設問文(設問1)内外製で15点

【秋の新作蔵出し】80分に間に合う事例別攻略(Ⅰ、Ⅱ)

何を訊かれるか不明な「Ⅰ」は、構文を使って答え方をパターン化。ハズレ根拠を掴むとOUTな「Ⅱ」は与件のお尻から探し読む。来年の当たり前を先取りしました。

予定実際本番対応
Ⅰは必ず変化球(頭まっ白)想定外の助言が4つ構文を利用→○
時間切れ必死のⅡ設問読むと逆に迷う与件逆さ読み→○

【Ⅲの新作チート】改善施策はデカップリングで半製品

時短を願うC社だけあり、いちいち考えたら80分に間に合わない。訊かれる施策はECRS別の半製品に整理しておき、いざ出たら仕上げて完成品にします。

予定実際本番対応
受注時短に半製 品根拠だらけの部品支給日程×調達×工数計画
第1問と5問は連動第1問でズバリの課題第5問→1問の順に解く

正解が必ず一つに決まる「Ⅳ」対策ではTACを使う。「Ⅰ」は構文チートで文尾を安定させ、「Ⅲ」は第5問→1問の順に解く。すると今年なら確実AAAAを取れました。

今日のまとめ

Q
今年TAC「Ⅳの解き方」に肩入れしたのは、会計は答が一つに決まるから。そして「Ⅳ」を足掛かりにteam全員の答が揃えば、この試験で全員当選?
A

口述試験では、「他にありませんか」としつこく聞かれる。その意図は、①正しい知識を理念とするか、②それを世間に定着させる意欲はあるかの2点です。

■■ここからテンプレ■■

-★ToーDoチーム学習

PAGE TOP