【team学習進化論】VUCAで創発、試験と対話

ついヘタレをパクり、ムキになるほど頭まっ白

ノルマ9,000枚に動じずこれはS、コイツはDと評価を下し、B準備不足、C不適格と納得のいくスコアを弾く採点係。そのコツは頭をまっ白にさせ、普段の地を露呈させること。(100字)

★健康上の注意★
ノウハウのパクリはあなたの脳の健康を損ない、本試験の頭まっ白で決めつけ答案を書いてバツを喰らうリスクを高めます。

そこでベテ専スクール・お受験サークルといったノロマな中間層を排除して、作問係⇔デキる君が答案を通じて直接対話を。なぜ当試験の作問採点基準が毎年変わるかを聞き出します。

意図的戦略と創発的戦略
“戦略には2つの種類があるという話を知りました。(中略)創発的戦略とは、①当初想定していなかった環境変化に柔軟に対応することで、②計画していた戦略を変化させて、③環境に適応した戦略に見直されたものを指します。
出典:note
VUCAの時代は「対話」で「イメージ」
“近年急速に普及したリモートワークは柔軟な働き方を実現する一方、(中略)親密な人間関係の構築やメンバー同士の共通認識を作ることが難しくなっています。(中略)対話がグラフィックに変換されることで、対話の参加者は対話内容に具体的な共通認識を持つことができます。”
出典:対話をリアルタイムにグラフィック変換

国語力がゆとり⇔デキるの二極化時代。teamの求心力とは、おっきな全体像をデザインで示す力な。

求める人材像の例:R3「Ⅰ」A社長のデザイン経営
都会の広告代理店出身のA社長が実家の印刷A社に里帰りすると、営業力がゼロなのでデザイン印刷需要が伸びない。そこで自慢の人脈を活かし、協業先との互恵関係を。(100字)

VUCAの時代は対話強化でアイデアを。あのA社長をロールモデルにすると、今年の作問採点基準が読めてきます。

今日のまとめ

Q
VUCAで創発に加え、デキる君=マス目で的確に「対話してくる」と気づいた採点係。時流のニーズに合った人材を採用すべく、ことしも頭まっ白作問×ラディカル採点に?
A

そう。主催側の作問採点係は、これからキラキラ★活躍しそうな若い子が好き。ブサイクなベテオジサンは要らない子です。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

ふぞろいではない「キレイな答案」を互いに見せ合い。これから毎週土曜開催で、本物採点基準≠ふぞ採点と気づいたらどうぞいつでもお越しください。 →参加受付はこちら
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。