【TAC模試自宅到着】模試Before-After、美人になれる3大メイク

TAC模試が自宅に届く。すると次の関心は①いつどこで、②誰と一緒に解いて、③どう活かす? その3大メイクのコツを紹介します。

美観には共通点があり、猫が見ても右が美人

①そして答案が隣と同じであるほど加点される試験では、②隣と同じコトすりゃ安心⇔それを嫌って創意工夫の差で、③同じ時間に同じコトをして効果に2倍の差が付きます。(100字)

模試だから、週末使って1日4事例?
それも悪くはないが、お布施1万円+自宅受験+バイトル採点ではコスパが悪い。そうでなく古い常識を打ち破れ。貴重な新作事例と割り切り毎朝1日1本解くと解答手順が安定します。(100字)
自宅受験はすっぴん、メイクどちらで勝負?
全員ガチの会場受験と違い、盛りやメイクが当然な自宅受験では「隣の力と比べる」模試の意味はゼロ。そこですっぴん生から盛りメイクまで、どの答案を提出するかは自分次第。(100字)
参考:ファーストサマーウイカのメイク可愛すぎ
積年の受験ベテ→スクール毎に答案を書き分ける位は朝飯前
TAC→どうせ捻くれトンデモ解答+バイトル採点は判を捺した様。採点や順位に期待する方が間違いで、別解+採点基準を自分達で用意し力比べをするのが筋に。(100字)

今日のまとめ

Q
TAC模試自宅受験で、80分手書きのすっぴん答案を出す奴は間抜け認定。どうせキーワードなバイトル採点に、どんな期待を勘違いしていたかを一から見直すチャンスに。
A

自宅受験では、時間延長、Word打ち、推敲何でもアリ。内容などより「書き方一つで美人になれる」3大メイクのお試しチャンスな。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

ふぞろいではない「キレイな答案」を互いに見せ合い。これから毎週土曜開催で、本物採点基準≠ふぞ採点と気づいたらどうぞいつでもお越しください。 →参加受付はこちら
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。