【日程計画】事例体力を鍛える〜全国公開セルフ模試

当サイトが扱うコンセプト中、13年で一番定着したのが「セルフ模試」

スクール模試⇔本試験は1ヵ月空くため、セルフ模試が必須と猫でも気が付く。セルフ模試は古くから行われており、当サイトの功績は×スクール事例の違法コピーが横行していたものを、○月刊「企業診断」事例の計画的な使い残しにシフトさせた点。

月刊「企業診断」掲載事例に注目
基本的に1年前の演習ですが、有力スクールが軒を並べて競わされるので、翌年の集客につながる年間ベストな事例を拠出。一冊1,430円(税込)の破格で入手でき、最終セルフ模試に好適です。(100字)

最速確実当選のコツは、上手な奴と同時に解いて答を見せっこ。「企業診断」事例を初見用に使い残すのがマストな。

初見用語:事例体力とは?
事例体力とは心技体でいえば「体」、英語でいえば「ツール」。1日4事例を解く集中力を保つことを指し、より具体的には「Ⅳは猫でも60点」を前提に、「Ⅰ〜Ⅲ」に注力して殴り書きを避けます。(100字)
マインド+スキルを鍛えて直前期
全4回ある公開セルフ模試で隣と答案を見せっこすると、自分のミス⇔隣の正答の差分を使い、得点力が見る見るUP。そして情報整理+期待効果は答が揃うが、助言は違うと分かればベストに。(100字)

お受験ノウハウが横行する利点は、簡単ですぐ手に入ること。欠点はマインドを見誤って多年度ループにハマることです。

今日のまとめ

Q
そう、イマドキのマーケは共有(シェア)→共感。公開セルフ模試で時間を共有し、互いに共感するほど答が揃って確実当選だ。
A

こらこら、試験合格程度を目標にするのは視野が狭い。作問係の理念に共鳴し、お受験ノウハウを蹴散らす正しい情報発信があるべきゴールな。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

ふぞろいではない「キレイな答案」を互いに見せ合い。これから毎週土曜開催で、本物採点基準≠ふぞ採点と気づいたらどうぞいつでもお越しください。 →参加受付はこちら
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。