【日程計画】9月スクール模試の200%活用

スクール模試の返却は一般に大手が3〜4週間後、MMCで2週間半後。そんなノロマは莫迦じゃね?と気づくと、teamを組んで相互採点するのが普通な↓。

スクール模試を一度は受けようか? そこでできれば2校受けて×200%活用で効果は隣の4倍に

近頃スクール模試の噂がよろしくない。それは2,600円(税別)のふぞでも2割受かるのに、10,000円前後と値段が張る上、バイトル採点の悪評がネットに流れて拝金主義が明らかなため。

でもすぐコスパ!と叫んでド苦学するのはゆとりの弊害。模試の利点を最大化、欠点を最小化するのがデキる君です。

模試を2校受けるならTAC+MMC。好み次第でLEC
模試はうけまちぇん!派が殖える原因はコロナであり、本番の予行演習こそが大切なのに、自宅受験では効果半減。そこで効果最大化にバイトル採点に期待せず、teamで相互採点を。(100字)
旧態依然のバイトルなキーワード採点はごく不評
とはいえ近年勢いを増す「キレイな国語に加点」する技術などないので、そこはスクールに期待はせずに自ら補う。つまり新作事例+答案をみんなで持ち寄り相互採点を。(100字)
TAC・LECはキーワード方式のバイトル加点。そこで少し遊び心も
模試は手書きの本番体験こそが大事であって、自宅受験かつ答案を盛れる環境ではコスパが悪い。そこを逆手に手書き〜Word打ちまで数パターン作成し相互採点を。(100字)

TACの評価と合格者数がダダ下がった原因は、拝金主義のコストダウン。コロナを口実に会場コストをケチる姿勢は感心しねぇな。

今日のまとめ

Q
それでも最近不評のスクール模試をヤケに推すのは、本番直前に行う全国公開セルフ模試と相補相乗になるから。ステマじゃないと分かってこれで安心?
A

こらこら、TACの謎解答&バイトル採点&自宅受験に9,000円お布施の価値などゼロ以下。それより事例入手+相互採点を優先するのが、模試を200%活用するコツです。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

ふぞろいではない「キレイな答案」を互いに見せ合い。これから毎週土曜開催で、本物採点基準≠ふぞ採点と気づいたらどうぞいつでもお越しください。 →参加受付はこちら
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。