【期待以上★予想超え】カオスの情報整理にフレームワーク

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■
なぜあの人は仕事が早い? その答が「情報整理」であり、イコールフレームワーク力

デジタル情報が世に溢れて一瞬で広まるノウハウと、それを後出し基準で一掃にかかる採点基準。そんなカオスを解決するのが、現状を素早くまとめるフレームワーク力だ。

ヘタレが布教ぶっこくせいでペース狂うが、当シリーズはふぞ15の進化を絶賛
そして浮かぶアイデアをモレダブりなく綴ると、それらは程よく3~4つのカテゴリに分かれる。それは多面に使えるフレームワークのお陰です。(100字)
カテゴリAs-Is:試験の競争

受験平均年齢が年々上がると、それは嫌だと当選平均年齢を下げてくる。当試験の採点基準が主催側の専権事項=後出しジャンケンと納得した時、今年加点するのはキレイな国語で一択に。

カテゴリTo-Be:目指す答案

詰め詰めで読みにくいベテ答案でも、キーワードが100字マス目に入り切らないふぞ答案でもないと広まると、今年は9,000人がキレイな国語にまっしぐらです。

カテゴリTo-Do:組織学習、学習組織

採点作業はしんどいので、ノウハウを騙って答案に要素を詰め込むベテから落として憂さ晴らし。そんな採点係の心理を疑似体験できるのが、当サイトが準備したふぞろい15相互採点です。

いちいちクリックするのもメンドいあなたは、連続自動再生しくさる、YouTubeの再生リスト(playlist)からどうぞ。

再生リストは、投稿日が新しい順から連続再生。とにかく変化が早い当試験では、カテゴリごとの最新3~4本だけ目を通すとお得です。

今日のまとめ

モレダブリを減らすとフレームワークがキレイに埋まる。そして「事例Ⅰ~Ⅲ」でもムラなく学べる
「事例Ⅰ」では事実→事実→推論のロジカルを鍛え、「Ⅱ」は視野を広げてラテラルに。そして「Ⅲ」ではプロセス管理を。(100字)
Q
ねぇ、詳しくは動画参照をいいことに。オレの仮説は行間を読めと言い張り、意味不明なトンデモを毎朝ぶっこく評論サイトとはここのこと?
A

こらこら、誰がそんなホントを言えと? ただ猫も杓子もスピードを競う時代、行間を読ませるスピード感は時流のマストな。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。