【2年目To-Do】粒ぞろいのteam学習

ふぞろい=主催者・スクール・隣に総スカンの原因は、人類下位2割のヘタレが布教するから。そうでなくtwitterで自主隔離する分には誰も興味を示さない。
ふぞ吉はなぜ隣に日々からかわれる? それはド苦学相手にマウントさせるほど、解答手口をゲロして自ら狙い撃たれてくれるから。

喜べ野郎共。ふぞろい自慢が今年でブログ撤退らしいぞ?

1,600人大量採用時代が問うのは合否ではなく、登録してから何ができるか。ただキーワード至上主義の手口ゲロ=狙い撃ちターゲットNo.1を惜しむ声が絶えません。

■■テンプレここまで■■

Q
ねぇ、試験にさえ受かれば何とかなると願うベテ・ふぞ。それって何かの勘違い?
A

デジタルな時流が求めるのは、コミュ力×スピード×納期遵守の誠実性。ベテやふぞの関知外です。

おぅ、1ヵ月の納期遅延をやらかすふぞに「Ⅲ」の出場資格なし。この業界ではキビキビ、パッパと手際よく動くが勝ちな。

全国公開セルフ模試:ふぞとパクリに、同じ人類と勘違いはさせないスピード感
二次筆記が求めるのは80分で現実的に書ける答案であり、グズやノロマは採用しない。同じ80分でどこまで書くかを実感する最大チャンスに。(100字)
As-Is、To-Beの視点から、猫が見てもベテ+ふぞは採用対象外
①ベテに勉強させると過去問の答をひたすら覚え、②死んだキーワードの数を数えるふぞは国語がヘタクソ。③そこで奴らが一生書けないキレイな国語を計画的に。(100字)
ベテ+ふぞ共通の弱点=わかりやすいキレイな国語
①歴戦の過去問の答をひたすら覚えたベテ、②全痴低ノウで読み漁った自称多面キーワード一色のふぞ。③両者に共通の弱点=マス目に要素を詰め込みすぎる読みにくさ。(100字)
teamの粒が揃うとどうなる? →team当選率が5割を超える
定員200を自称する割に、当日答案回収枚数60枚と伸びを欠くものの、R2低迷→R3の5割復活を果たす仮説は伊達じゃない。その結論は、team学習にはベテ+ふぞを決して混ぜない。(100字)

今日のまとめ

初学&2年目を問わず、確実当選5割は実現できる
でもネットを使い倒すピンから、答をひたすら覚えるベテのキリまで、全員お揃い答案を目指す試験は2割コロコロ。そこでチームの高速タテ回転でふぞと真逆へまっしぐらだ。(100字)
Q
ほう、そりゃベテ&ふぞをteamに入れなきゃ、それだけで当選率は上がる。ついでにそこでteamの足並みが揃うとタテ回転力もダダ上がり?
A

そりゃ、ビジネスと試験ニーズは「スピード重視」へ。診断士=三大士業入りの色気を隠さない時、主催側が求めてくるのは、思考+判断力の速さの一択です。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。

前年を反省した経験者勢+デキる初学が手を組むと?動画限定で先行公開中です。 ※音が出ます