【To-Do比較】1年目と2年目の10大手順

ふぞろい=主催者・スクール・隣に総スカンの原因は、人類下位2割のヘタレが布教するから。そうでなくtwitterで自主隔離する分には誰も興味を示さない。
ふぞ吉はなぜ隣に日々からかわれる? それはド苦学相手にマウントさせるほど、解答手口をゲロして自ら狙い撃たれてくれるから。

喜べ野郎共。ふぞろい自慢が今年でブログ撤退らしいぞ?

1,600人大量採用時代が問うのは合否ではなく、登録してから何ができるか。ただキーワード至上主義の手口ゲロ=狙い撃ちターゲットNo.1を惜しむ声が絶えません。

■■テンプレここまで■■

ふぞろい信者が揃って絶叫するほどなぜアンチ?そりゃ競争試験の当り前
ふぞで2割以上合格するなら、この世にベテなど存在しない。そしてふぞが7月下旬に発売されると、尻尾を振ってその真逆を言い出すのがネット勢。(100字)
Q
ちな、ふぞ信者でも2割近く受かる理由は、①ベテから落とす ②採点係の狙い撃ちゾーンより実力が下 ③視野が狭い分悩まない。①~③のいずれか、あるいは全部だ。
A

こらこら、そんなもっともらしいネットの噂をネットに書いたら。素直な初学勢が全員信じてしまいます。

歴戦ベテが年30万円のお布施をしても2割の試験で、税別2,400円のふぞで同等以上に受かってしまう。加えて答案の書き方本で時短すれば、スクール要らずに。(100字)
落選組の苦労をつゆ知らない、超呑気なたまストちゃん
スト組がかつてちやほやされたのは、居並ぶノウハウベテを創意と工夫で一蹴したから。そもそも150hたまスト君がノウハウ連呼したら、歴戦ベテの立場がゼロ以下に。(100字)
ふぞで2割コロコロが余程マシ。マストで避けたいベテループ
サイコロコロコロ2割の試験に、3~4年掛けて当選しても猫も褒めないが、ベテ狙い撃ちでその肩身はより狭く。何よりOUTな点は、国語が下手で頭が固いコト。(100字)
ド苦学ベテがこじれると、その末路やいかに?
採点係に目をつけられ、もう「ベテ」は死語になるけど、その共通点はとにかく頭が固くて視野が狭く、隣の意見を全く聞かない。そりゃ会社・家庭・試験のどこでも厄介者に。(100字)

今日のまとめ

ここは試験の評論サイト。ステマと同じ数だけ反対票を
試験評論13年、ノウハウ系は一切書かず、完全無料で自社利益誘導もない。これだけ悪口書いても怒られないのは、パクリの200%以上の対案=team学習の方向性を示すから。(100字)
Q
組織の3要素=共通目的・貢献・コミュ力で、作問採点が毎年変わる試験には組織で挑む高次学習とリーダシップだ。ねぇ、試験=低次ノウハウと信じて止まないサークル勢は、一体どこで何を勘違い?
A

当記事では、1年目⇔2年目にやりたい虹手順のベスト10を列挙。遠慮などせず対比を使って環境分析し、するべきTo-Doを明確に。こりゃ、診断士とはクッソ面白そうだろ?

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。

前年を反省した経験者勢+デキる初学が手を組むと?動画限定で先行公開中です。 ※音が出ます