【To-Do】確実Aの日程計画

ふぞろい=主催者・スクール・隣に総スカンの原因は、人類下位2割のヘタレが布教するから。そうでなくtwitterで自主隔離する分には誰も興味を示さない。
ふぞ吉はなぜ隣に日々からかわれる? それはド苦学相手にマウントさせるほど、解答手口をゲロして自ら狙い撃たれてくれるから。

喜べ野郎共。ふぞろい自慢が今年でブログ撤退らしいぞ?

1,600人大量採用時代が問うのは合否ではなく、登録してから何ができるか。ただキーワード至上主義の手口ゲロ=狙い撃ちターゲットNo.1を惜しむ声が絶えません。

■■テンプレここまで■■

Q
ほう、さすが試験評論一筋13年。安全圏の外野で寝言ぶっこくベテらしく、AAAA当選のコツでも言ってみやがれ。
A

えっへん、それは答案の再現+安定性読みやすい文の型(構文)先に決め、制限時間で根拠を当てはめるだけ。

おぅ。人生出来損ないのベテ・ふぞ・パクリが何を泣きわめこうと、デキるコツ=想定+安定な。

team-ECRSのスタートは、ふぞ15を使ったマイ前年答案の相互採点
①日々小馬鹿にするふぞをマストで入手するのは、採点基準自体のデキは良いから。②次にそこを蹴飛ばすのは、採点基準を詐称すると主催側に狙い撃たれるから。(100字)
真夏の2日で「1次」が終わると、スクール最新合格仮説が毎年ネットにダダ漏れ
そのノウハウを目を皿に読み漁るのが一発パクりん。ほらっち先生合格ナビを正とし、最新仮説の「差分を探して使い倒す」のがデキる君。
8月までは相手の手の内を探るオープン戦。スクール模試から開幕戦へ
昨年までのノウハウ・合格自慢・最新仮説の多数乱戦なカオスが8月まで。スクール模試が始まると互いの目つきが変わり、仮説検証PDCAの本番モードへ。(100字)

今日のまとめ

その選択=正であるかは、本人同士はわからない

そして作問採点が毎年変わるヘンテコ採用面接化した事例では、前年ノウハウのお尻を追いかけた所で当選期待値はコロコロ2割。そこで、状況適応型リーダーシップの出番だ。

画像:㈱日本マネジメント協会
Q
そうか、従来型のベテがベテベテ落とされる姿を見て、ベテ学習禁止に方針切り替え昨年の5割当選の実現へ。今年は5割以上を期待してOK?
A

そりゃAAAA答案の作り方とは、時流を先読みして試験が追いついてくるのを待つ。一発パクリと200%発想が違うと確認し、後編に続きます。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。

前年を反省した経験者勢+デキる初学が手を組むと?動画限定で先行公開中です。 ※音が出ます