【To-Do】ベテ化・ふぞ化の回避策

採点係視点では、事例のノウハウ・パターン化・決めつけ行為はOUT

英語:結論と語順の意識でアサーティブ
数学:デジタルにファクトを捉える
国語:わかりやすい国語で伝え、難しい与件も読みこなす
★採点係好みの加点=これからのビジネスで活躍する人材

ふぞ15発売延期で、総合バトルのベテ冷遇が確定。ネット2級の100h★チャレンジで思考の加速な。

■■テンプレここまで■■
あのラストピースあってのマイ合格!
45名で9,000枚を採点する試験で、その採点係一同を苦笑い、いや憎悪に駆り立てくさる。それがあの世の中を何一つ分かっていない、試験合格こそが目的と痛勘違いしたノウハウ自慢だ。(100字)
ベテから落とすにゃ(第一種)、ふぞ合格(第二種)を多少は許容
当試験では過去問を覚えたベテが長年鳴かず飛ばすの隣で、ゆとりがあっさり一発逆転へ。それが何のノイズでどんなエラーか説明するのも、「1次」の知識。(100字)
画像:SE娘の剣
Q
9,000枚からまずベテを落とすと、ふぞ合格も多少は混入。そのFARをどこまで許容するかが、作問採点係の腕の見せ所?
A

過去問=皿回しなふぞ活先輩の「1次」知識は、合格者中の最底辺に。常に知識に立ち戻る具体→抽象→具体が、わかってないふぞ化の回避策、かつ参入障壁です。

【パクリ禁止】ベテ化・ふぞ化の回避策

ふぞろいなキーワード合格は、ベテから落とす副産物でしかない。その合格自慢に、世間の水と視線は冷たいぞ。

ベテ落選あってこその、ふぞろいなキーワード合格
もし仮に、ふぞろい教を2年3年続けて合格ちまちた! そんな輩が居ればぜひ合格自慢を願いたい。そして採点係が尻尾を振って狙い撃ち、純粋ふぞ教徒は絶滅危惧種に。(100字)
想定読みする前提が、体系化された「1次」の知識
「2次」とは8割落とすための試験であり、作問採点を毎年変えるから、過去問にムキになるほど8割ショボンに。逆に「1次」を鍛えれば、世界で通用して視野拡大へ。(100字)

半生を試験に捧げたベテは、マイノウハウが無効化される現実を直視せず、ふぞはそもそも視野が狭い。

ふぞ活先輩の共通点=「1次」が苦手
それは「1次」学習がヘタクソで、具体的には五感と語感を使わない。そうでなく例えばStydying=耳で聴く学習経験があれば、「2次」も傾聴重視でネットワークでコミュニケーションを。(100字)

ふぞ活=ド苦学ぼっちが年1万円のブラック労働で誘導館にご奉仕。月2回のブログもまともに書けない情弱コミュ障に、採点係も苦笑いな。

この【パクリ禁止】は3回シリーズ。次回でいよいよあの断末魔にとどめを刺します。

3/18投稿 隙あらば自分語り〜合格自慢はなぜ起きる?

今日のまとめ

ベテ狙い撃ちの副産物が、スクール冷遇&ド苦学当選
主催側の気持ちに立てば、年30万円のお布施を辞さずに試験を受け続けるベテをまず落とす。次に「1次」をわかってないド苦学がおっぱじめる合格自慢を狙い撃つ。(100字)

試験の当落基準がわかってくると、第一に避けるのがベテ第二に避けるのがふぞ。次回はそのバトンを一手に引き受けるパクリ自慢を、正面切って狙い撃ちます。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。
ベテはなぜ、毎年懲りずにベテベテ落ちる?その理由は、小難しく格調高い与件文の読み過ぎで、答案にまで難解でわかりにくい文章を書くため。