【試す課題が見つかるpdCAサイト】セミナーロンダリング防止法

team学習は本当に有効?その「まさか」を「そうか」に変えるスタートに選ぶのが、ネットで易化した簿記2級。こちらにメールアドレス記入するだけで、好きな時からいつでも参加可能です。
「何がわからないか分からない?」 いえいえ、そんな心配も手間ももう不要。参加メンバーが最初に悩みを話し合い、次にすべきことが明確! そんな200%フォーラムの次の募集は、10月期生です。

セミナーロンダリング防止法【試す課題が見つかるpdCAサイト】

そうそう、先日の本年最凶長文ヘタりん。アレをノウハウと拝むド苦学莫迦は、160分掛けても事例は解けねぇ。

長文おじさん&ド苦学莫迦にも教えよう。世界の時流は原則ベース
ねぇ、誰かに手取り足取り決めつけてもらう方が安心?いえ残念、それでは世界の速度に取り残されます。
画像:Globis知見録 IFRSの基本的な考え方
そのついでに、ふっるいノウハウ要らない子
どのスクールからパクってきても、セミナーのフィルターに一度通すと全て、「ボク達の考えたノウハウ!」に。だがどっこい、ノウハウの通用しないヘンテコ新作問題でどーんと待ち構える。それが当試験の主催側です。

そこでノウハウと一切無縁。チームで手を組む組織学習

望ましいのはPdCa、時間が無ければpdCA。
例えば、頭脳明晰冷静沈着なYouTube様なら、どんな状況でも自分の頭でPdCa。ところが環境の不確実性が増し、「何がわからないか分からない」時流では、仮説(P)はチームで出して時短をします。
slack加入で、どの曜日も参加しホーダイ
当カンファでは、予習や課題は「原則禁止」。今の悩みを話し合っていそうな曜日に、誰でもいつでも気軽に参加OKです。
月:事例ⅢGRIT
水:経営分析カンファ
木:初学者カンファ
金:設問解釈カンファ
日:公開セルフ模試
カンファの基本:買い手市場のベテ氷河期
当然答を覚えるベテから狙い撃つので、秋の新作事例は見たこともないトンデモ初見の連続攻撃に。
では初見問題にどう対応?
その対応策が当てはめ。なお、当てはめ=応用ー主張です。

今日のまとめ

すごいすごい。何が起きたか全く謎でも、これまで⇔これからが大違いとだけは分かります。

そう、みっともないセミナーロンダリングは控え目に
いや、原則主義×チームで組織学習の前提では、昨年たまたま受かったノウハウ自体が要らない子。そしてノウハウ要らずで身軽な分、新作初見問題に身軽に対応できます。(100字)

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。