入口3週間で確定:今年もベテ&ふぞから落として初学優遇【スト合格にマジック点灯】

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■
Q
ねぇ、作問&採点基準は毎年ラディカル進化。理由は主催側がベテを嫌うから?
A

そりゃ古臭いマイメソッドに固執し、周囲の声を聴く耳一つ持たない。このヘタレ記事がトドメを刺したな。

Q
さてたまたま2割のへっぽこメソッドをノウハウと騙る、ふぞ&パクリ。こいつらをどう振り落とす?
A

そりゃ、よせば良いのにヘタレな誘導感。後出しジャンケン採点基準で、企業診断を狙い撃つのがガチでしょう。

そう、①1.5倍似顔絵と80分自慢でやめときゃ良いのに、②ヘタレ学習でたまたま受かる経緯をネットに書くから、③採点係が苦笑いしながら狙い撃ち。これから8週、ブログのウンコ自慢の真逆をするのが正しいチョイスだ。(100字)

入口3週間で確定:今年もベテ&ふぞから落として初学優遇【スト合格にマジック点灯】

そしてYouTube効果で、スト合格にマジック点灯。カンファを2セット済ませた結果、今年の初学者優位が確定しました。

slack加入後、好きなカンファに好きなだけ
すると従来型ゆとり自慢の合格マウント・セミナーと異なり、自分の苦手を素早くこなし、次にさっさと自分がやりたい学習へ。当初の思惑以上の初学有利が実現しました。
①正しい第一印象により、ゴール最短
②相互採点により、文章の癖が出ない
③偏見がなく、傾向変化に素直に対応
④PDCA回転が早く、改善点を即共有
⑤主催側の好みは、打てば響く反応力
昨年なら受かったカモな、古いノウハウを引きずるふぞ&ベテ
そうなる理由は、最初の第一印象=ボタンの掛け違い。昨年55点答案にキーワードを1~2個足せば60点と今時勘違いする奴は、筋金入りのふぞ信者に認定です。
昨年の自称ノウハウを得意げに’教える’パクリ
でもそれって結局スクールのパクリじゃね? 全面的に蹴飛ばし、これからの「初見問題対応力」ドリルを’始める’。それが当フォーラムです。

今日のまとめ

こりゃすげえ、試験開幕3週間で雌雄が決し、ウチのマジック点灯とは、試験の神様おっと違った主催者側も驚きな。

一発パクリのミスは多々あるけれど、最大の失敗はパクリを連呼したこと
「事例Ⅰ」レイヤーで、ハズしちゃいけない競争・成長・技術経営。そこでパクリを宣言するとは、自ら模倣困難&競争優位を放棄したのと同じです。(100字)

そりゃ自称一発の看板に偽りあり。ベテ&ふぞが勝手にコケた今、スト合格の金看板はウチが200%イタダキです。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。