【②ふぞ14で相互採点】初頭効果で第一印象

ふぞろい=主催者・スクール・隣に総スカンの原因は、人類下位2割のヘタレが布教するから。そうでなくtwitterで自主隔離する分には誰も興味を示さない。
ふぞ吉はなぜ隣に日々からかわれる? それはド苦学相手にマウントさせるほど、解答手口をゲロして自ら狙い撃たれてくれるから。

喜べ野郎共。ふぞろい自慢が今年でブログ撤退らしいぞ?

1,600人大量採用時代が問うのは合否ではなく、登録してから何ができるか。ただキーワード至上主義の手口ゲロ=狙い撃ちターゲットNo.1を惜しむ声が絶えません。

■■テンプレここまで■■

ふぞを最初に買う「べき」三大特典

時に尖りや影のある’モテ’の真逆が、非モテ=万人ウケ。ふぞには似顔絵よりも、いらすとやの方がお似合いな。

そして国語読解力=中二程度とガチで噂の情弱ふぞ先輩。からかわれているのが自分達だと、時に名指しで教えてあげます。

そこで市場シェア120%を目指す誘導館
お布施30万円級のそこそこ難関国家資格を、税込2,640円のふぞ一冊で合格できる、価格破壊なロスリーダー戦略。業界の至宝たるキーワード統計本、ふぞ14を買わないチョイスはありません。(100字)

初頭効果で第一印象【ふぞ14で相互採点】

ねぇ、ふぞ・パクリを毎朝からかう割に、なぜふぞ14が最初のマスト?

そりゃ初頭+終末効果。ふぞを最初に採用すると、真っ先に脱・ふぞろいして、人格+視野がWで広がります。

参考:当試験における初頭+終末効果

ふぞに始まり、ふぞで合格→偏向、狭隘、フィルターバブル
ふぞで始めて、脱ふぞ卒業→両立、多様、変幻自在

出典:PSYCO LOGIC TECH 初頭効果と終末効果
ふぞ信者脱ふぞろい
合格理由はキーワード!合格答案は読みやすい
人生一から十までキーワードキーワードは数より並べ方
これまでのノウハウミライはこれから
思考が浅く、視野が狭い視野を広げて仮説&検証
リアル企業で要らない子時流が求めるデジタル人材
布教→功徳→ギョーカイ出世ネットワーク型コミュ力

終末=試験合格時に使う教材により、人生真逆に。こんなクソ面白い資格は他にはねぇな。

8/27(金)夏のスト合格祭りで手口を紹介~ふぞ活用の三大初期効果

初頭効果① 「2次」の最初は→マイ答案を持ち寄りふぞ採点

「2次」筆記とは、事例の答えを覚えた歴戦のベテを追っ払うための、80分では到底解けない難問試験。もし最初からスラスラ解けたらよほどの天才か、桁ハズレ級の勘違いクンです。

解説

7~8,000枚を採点係45名がスピード採点する仮定では、他人とズレた答案を書くベテから順に負け。そこでいずれ最後は脱・ふぞを選ぶ方でも、その第一印象はふぞ=キーワード答案のお揃い感を知ることがマストです。

初頭効果② 前年合格者答案を採点→マイ採点仮説の導出


解説

ふぞ本はキーワード統計以外、全部まとめて要らない子
当試験は周囲が書く答案の手の内を探り合うポーカーゲーム。再現性の怪しい小出し・切り貼りふぞ編集より、前年合格者のライブ再現答案を採点する方が百倍マシです。(100字)

初頭効果③ マイ答案⇔前年合格者答案のギャップ分析

解説

初めて解いたマイ答案⇔前年合格者答案
両者の違いを見比べ、違いを相手に訊いたり、作り方を自分で考えたり。ふぞ以外はどれもお揃いな再現答案がネットに出回る時代では、作問も戦い方も毎年ラディカル進化します。(100字)

作問が毎年変わり、たまたまで合否を決めるくじ引き試験。前年合格自慢でマウントしくさる試験サークルは、全部まとめて要らない子です。

今日のまとめ

最新の試験の勝ち方~最速ゴールにギャップ分析

具体的な打ち手がわからないときは、「ギャップ分析」(図3)を使います。「あるべき姿」と「現在の姿」の差異を分析し、目標や目的の達成に必要なものを抽出する手法です。
出典:PRESIDENT Online

As-Is ⇒To-Beを最短距離でツナぐギャップ分析。パターン脳で合格自慢のウンコがまだ蔓延る今年が、さっさと受かる狙い目な。

目を皿にふぞを読んでも、一から十までキーワード
そうでなく、前年合格者の再現答案をⅠ~Ⅳセットで採点すれば、最新スコア感覚のリアルがまるわかり。ふぞ離れを嫌うサークル勢が採用をためらう今年が狙い目です。(100字)

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。

前年を反省した経験者勢+デキる初学が手を組むと?動画限定で先行公開中です。 ※音が出ます