今年の2次は【チームバトルでエンタメ化】? ド先端で最新の2次対策に興味があるあなたのエントリーは、7/18(木)受付開始です。

★ToーDoチーム学習

【7/18受付開始】1次の深化×2次の探索 / チームで始める両利き学習

裸踊りの狙い撃ちルールに猫でも気づき、ベテ専スクールが情報発信を控え、ふぞ17が「1次」ギリギリまで発売延期する「2次」の闇。その闇を切り拓くには【デキるアイツとチーム学習】一択です。

Q
この2割クソガチャのヘンテコ試験の対応は、ほぼ「1次」知識のどこかにヒントが見つかる。作問採点が毎年変わる「2次」を探索するなら、「1次」を深化させるユニットとの両利きが良い?
A

そうですね。診断士試験は最速合格への時短を強く促す一方で、「2次」は事前対応不能レベルに変化や難化し、2割ガチャ色が年々濃くなる。ド苦学自慢に付き合って右往左往するより、チームを組んで手分けするのが上策です。

両利きの経営とは診断士試験での対応では
Exploitation(知識の深化)では、既存のリソースやプロセスを最適化し、効率を最大化することが求められます。①知を深化するユニット1次試験では、広範な基礎知識の習得が求められます。これには、継続的な勉強と過去問の分析が必要です。専門分野ごとに分かれて学習することで、深い理解と知識の強化が図れます。
Exploration(知識の探索)では、新しいアイデアや市場、技術を探索し、革新を推進することが重要です。②知を探索するユニット2次試験では、実務的な問題解決能力が試されます。事例問題を通じて、新たな対応策や解決策を模索し、異なる視点からのアプローチを探ることが求められます。
両方のアプローチをバランスよく推進するための組織やチームの構築が必要です。多様な視点とスキルを持つメンバーが協力し合い、相互に学び合う環境を作ることが重要です。③バランスを取るチームビルディング知識の深化と探索の両方を効果的に進めるために、多様なバックグラウンドや専門性を持つメンバーを含むチームを編成し、定期的なミーティングやフィードバックを通じて、協力しながら学習を進めることが望まれます。

【7/18受付開始】チームで始める両利き学習 / 1次の深化×2次の探索

本来有効なはずのチーム学習が、こと診断士試験対策ではことごとく上手く行かない? そりゃベテがノウハウ掲げて罵り合い、キーワードの最大公約数しかできないチームに、ミライはないだろ?

Step-1:逆ボトルネック理論~チームを組むと上手く行く

Q
ここまでのベテスクールや自称支援団体の迷走ぶりから見て、診断士試験の勉強会(チーム学習)が成功する確率は2割そこそこ。であれば万年ベテの説教に付き合わされるより、気軽なド苦学で良くね?
A

そうですね。しかし少なくないリスクを覚悟してこそリターンが上がる。同業D社が一生知らないチーム学習効果~逆ボトルネック理論~を説明します。

①資格試験のボトルネック効果②逆ボトルネック効果とは③戦略的な知識スパイラル
苦手科目が全体のスコアを引き下げる得意科目の共有で全体のスコアが向上知識の連鎖で全体を底上げ
資格試験対策では、1科目を苦手にすると、その科目が足を引っ張り、他の科目のスコアも伸び悩むことがあります。これが「ボトルネック効果」です。逆に、ある科目が得意なメンバーと組んで教え合うことで、全員のスコアが全科目にわたり向上します。これが「逆ボトルネック効果」です。教えることで知識が深まり、教わることで苦手分野を克服できます。「逆ボトルネック効果」を最大活用するには、メンバーが得意分野を戦略的に活用し、知識を連鎖させることが重要です。得意科目を活かして他のメンバーを引き上げ、そのメンバーがさらに別の得意分野で他のメンバーをサポートする、というスパイラル反応が起きると、グループが一体となってスコアが安定して確実合格に近づきます。

Step-2:初学スト合格全盛へ~「1次」深化ユニット

Q
確かに近年の「2次」作問採点変化では、猫の目から見ても短時間合格促進の初学優遇。そして誰もが「2次」について黙秘を決め込み、「1次」対策を重視する今のトレンドは試験委員も大歓迎?
A

はい。「1次」の過去問を解くと賢くなるが、「2次」の答を覚えすぎるとその小さなオツムが余計に固くなる試験。試験委員目線で初学組への期待を挙げると以下になります。

①知識の体系化②タイパ(短時間×高得点)追及③基本を応用するアドリブ力
メンバーの得意分野や実務経験誤答選択肢を使って正答率UP国語力UPと「2次」での応用
深化ユニットでは、各メンバーが自身の得意分野や実務経験に基づいたエピソードや具体例を持ち寄ります。これにより、抽象的な概念を実生活での具体的な事例と結びつけ、理解を深めることができます。「1次」は4択マークシート型暗記試験です。深化ユニットでは、特に誤答選択肢の理解に焦点を当て、それぞれの誤答選択肢がなぜ間違いなのか、どのような誤解を招くのかを判断します。「1次」過去問やテキストを通じて、文章や問題文を正確に理解し、的確に解答する力を養います。特に国語力の向上は、「2次」で求められる課題解決や論述力の基盤となります。

Step-3:必ず8割落ちる試験の2年目対策~「2次」探索ユニット

Q
さて7/23にふぞろい17がやっと発売され、ネットやSNSに開示スコアつき再現答案が続々UPされる。すると特定スクールや出版社の支配を受けない試験対策がますます盛んに。
A

はい、「1次」対策を知識の深化とすれば、作問採点が毎年変わる「2次」対策は【知の探索】になる。そこでヘタクソノウハウに足を取られないよう、意識高めでスタートしましょう。

①問題解決力の育成②試験の公平性・透明性の確保③ビジネスリーダーとして活躍
過去問の答の単純な暗記に頼らず問題の本質を理解するために、ユニットメンバーで多様な見方を持ち寄る。試験スコアの全員開示を逆手に取り、恣意的な高得点がつけられている前提で、その意図を探る。ブログやSNSを活用して、経営改善の事例や成功事例を共有し、中小企業の成長支援に貢献する。情報発信を通じて、業界や地域の中小企業の理解と支援を深める。
過去問に関連する実務経験や業界動向を取り入れた問題解決能力を深化させ、大量情報の処理力を互いに競う。高スコア答案を集めてヒャッハーでなく、低スコア答案の失敗原因を掴み、改善する具体的な行動を取る。所属する組織でのリーダーシップを発揮し、経営戦略の策定や実行に貢献する。中小企業の課題や機会を把握し、組織全体の成長に向けた戦略的な提案を行う。

今日のまとめ

Q
そこらの市中勉強会の成果がイマイチで、やってもやらなくても2割コロコロになる事実は有名。とはいえ【試験対策はチームの時代】を掲げ、深化⇔探索ユニットに役割を振ってくるとは驚いた。
A

あら、Step-1で説明した通り、チームを組んでボトルネックになるか、逆ボトルネック効果で成果を挙げるかはメンバー次第。そして7/18からのメンバー募集では、ベテとふぞは一匹たりとも入れないことを確約します。

■■ここからテンプレ■■

-★ToーDoチーム学習

PAGE TOP