ふぞろいが反面教師で、ノウハウ全面禁止。増枠時代の試験のミライを先取りします。

【あいつならやってくれる】ネットでつながるチームでワーク

スポーツ漫画の様にワクワク

卒業スタイルに①独学②通学③ネットワークを三択するとき、①独学するから根暗にショボンで、③ネットワークなら満開近い桜の様に心ウキウキ。ふぞの呪縛を離れた晴れやかな表情に、場を提供した側も嬉しくなります。(100字)

コスパに釣られた初年度ふぞ200hたまたま2割合格はアリですが、2年目以降であのスタイルはバカそのものです。

うん。ふぞ⇔アンチの真逆を採用すれば、より低リスクで高リターン。ステマ一本ネット情弱のれんバトン=ゆとり馬鹿説は、こりゃいよいよ本物です。

あいつならやってくれる【ネットでつながるチームでワーク】

でもなぜ合格者様を排除した、受験者同士のチームプレイに?
それはマガジン・サンデー問わず、卒業したセンパイがあれこれ口を出しては絵にならない。そこで野球漫画に例えれば、昨年の先輩の役割は良くて外野の応援席です。(100字)

❶スポーツ漫画に夢中になるワケ

スポーツ漫画が好きな理由

  1. リアリティがある
  2. 共感できる
  3. 胸熱
  4. 応援したくなる
  5. 障害や敵を克服
  6. キャラが魅力的
  7. ルールに詳しくなる
  8. ラブコメに胸キュン
  9. あいつならやってくれる
  10. 続きが読みたくなる

出典:

「読まずに死ねない!」「絶対に外さない!」「人におすすめしたい!」スポーツマンガをテーマに、ブックライブユーザーにアンケ…

❷あいつならやってくれる~他力本願+他人の褌

スポーツ漫画の人気の理由は、好きなキャラへの感情移入。でもチームスポーツの建前上、打順は他のキャラにも回るから、ここ一番のピンチやチャンスはチームメイトが助けてくれる。この分業が組織プレーの魅力です。(100字)
画像:スラムダンク名言ランキング

❸相手は年々強くなる、本気で勝つにはチームでワーク

仮に野球部で二軍の補欠でも、チームが県大会優勝なら甲子園。むしろ当試験は①答案を見せ合う②互いに教え合うことがプラスになり、エースで4番以外にキャッチャー・代走・スコアラーと裏方が活躍して感謝されます。(100字)

今日のまとめ

回りくどいが、要は遠慮は無用。のれんバトン=ふぞろいステマの信者以外なら、誰でも200人のスカウト候補です。

高校スポーツと違い、採点基準が後出ジャンケンのインチキ試験では、本番当日を除きイカサマ公認であり、そのベストは「あいつならやってくれる」。ズバリできる奴の生答案を見せてもらい、カンニングをすることです。(100字)

ふぞを反面教師にノウハウ全面禁止
1,500人増枠時代が待ったなしです↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP